ガードル

【課題】腰部への締め付けは強く、ヒップアップ機能も有しながら、太腿部に対しては適度な強さで締め付けを行うようにして、太腿部には締め付け跡が残るようなこともない新規なガードルを提案する。
【解決手段】臀部の二つの膨らみ部分には一枚のサテンネット生地により被覆し、この臀部の二つの膨らみ部分より上方及び腹部にはパワーネットの裏生地とサテンネットの表生地の内外二重の生地を用い、上記腹部の左右両側から足口部に至る脚部布には内外2枚のサテンネット生地を使用し、上記腹部のパワーネットの裏生地に連接して臀部上方に至る腰部固定用のパワーネット生地を上記脚部布の腹部左右両側部分の2枚のサテンネット生地で挟んだ三重の生地としたことを特徴とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、腹部を押え臀部を持上げて腰全体の線を美しく補整するための下着であるガードルに関し、特に太腿部分が両脚を滑らかに通すことができる共に、太腿部分を適度な強さで引き締めることができて、着用後に太腿部分に部分的な締め付け跡も残らないようにしたガードルに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、いわゆるスタンダードガードルやロングガードルのように太腿部分の上半部又は全体を締め付けるタイプのガードルでは、腰部に用いられるものと同様に、比較的太い糸径を有する伸縮力が強いスパンデックス糸等のポリウレタン弾性糸などをネット状に編成したいわゆるパワーネット生地を、太腿部分にも使用されることが多い。
【0003】
しかし、このパワーネットを太腿部にも使用すると、これを着用したときに、太腿部への締め付け力が強過ぎ、脚を通すガードル下端の足口部にヘムを形成したり伸縮性のレース生地を縫着しても、着用後の太腿部にはパワーネットによる締め付け跡が残ってしまい、見栄えも悪い場合があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開平8−127903号号公報
【特許文献2】特開2009−114589号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明は、腰部、腹部への締め付けは強く、ヒップアップ機能も有しながら、太腿部に対しては適度な強さで締め付けを行うようにして、太腿部には締め付け跡が残るようなこともない新規なガードルを提案するものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
そのため、本発明では、伸縮力の強い上記パワーネット生地と、このパワーネットより糸径が細く伸縮力がパワーネットより弱くて、編成したときにしなやかで肌触りも滑らかなサテンネット生地との2種類の生地を使用するもので、ヒップの二つの膨らみ部分には一枚のサテンネット生地を用い、このヒップの二つの膨らみ部分より上部及び腹部には内側パワーネット生地と外側サテンネット生地の内外二重の生地使いとし、腰骨近傍から足口部に至る脚部布には二枚のサテンネット生地を使用し、上記腰骨近傍部分だけは上記腹部のパワーネット生地と接続するパワーネット生地を上記脚部布の二枚のサテンネット生地で挟んだ三重の生地とするものである。
【0007】
即ち、本発明は、腹部を覆うように左右両側が外向き円弧形に膨出形成された腹部布の表側をサテンネット生地とし、裏側には同形の伸縮力の強いパワーネット生地が配設され、この表裏二枚の生地からなる腹部布の上縁はウエストテープ下縁に縫着され、該腹部布の左右両側縁には臀部側を除いて内外2枚のサテンネット生地からなる左右両脚部布の前側の股部より上方の側縁部と上記した円弧状に互いに縫着され、また該腹部布の下縁部は股布に縫着され、上記左右脚部布は上端がウエストテープに縫着され、下方は太腿を通す下端足口部に至り、該脚部布の左右の表側生地だけは上記腹部布の左右両側縁から臀部側に至り、臀部溝の縦中心線において互いに縫着され、かつ股布より下方の内外2枚の脚部布は内腿の縦中心線で互いに縫着され、腰部を締め付け固定するためのパワーネット生地よりなる腰部固定布の上縁はウエストテープに縫着され、該腰部固定布の前側は上記内外二重の腹部布の左右両側縁の全長わたって縫着され、その下辺は上記脚部布の腰部前側の内外2枚のサテンネット生地の中間を通るようにほぼ鼠径線に沿って延び、更に該腰部固定布の後側はヒップの膨らみを避けるように上向き円弧形に形成されて臀溝の縦中心線縫着部の上部に縫着され、上記左右の脚部布のうち、上方が臀部側にまで至る表側のサテンネット生地の一部をなす左右のヒップ部の臀部上方は上記パワーネット生地の腰部固定布の臀部側に形成された上向き円弧形に合致する円弧形に該腰部固定布に縫着され、また上記ヒップ部の下部は下向き円弧形に形成されて上記脚部布の裏側サテンネット生地に縫着されて、臀部の二つの膨らみは上記表側のサテンネット生地のみによって被覆されるようにしてなることを特徴とするガードルに関するものである。
【0008】
また、本発明のガードルでは、上記した左右の脚部布を構成する内外2枚のサテンネット生地の下端足口部には、それぞれ所定幅のヘムを形成し、該内外2枚からなる脚部布のうちの内側生地は外側生地より短くし、かつ脚部布を構成する内外2枚のサテンネット生地はその裏面どうしを全体にわたって向い合せるようにするものである。
【発明の効果】
【0009】
以上のように構成された本発明に係るガードルは、膨らんだ腹部やこの腹部から臀部上方にかけては、内側に配設した伸縮力の強いパワーネット生地と、外側のサテンネット生地との内外2枚の伸縮性生地によって、腹部と腰部を引き締め、特に、左右両側の腰骨近傍は、上記パワーネット生地の腰部固定布がその内外両側から脚部布の上方を形成する内外2枚のサテンネット生地の間に挟まれた三重の生地によって更に強く締め付けられ支持固定されるので、腰周りをしっかり引き締めて美しい姿勢をサポートでき、また臀部も内外2枚のサテンネット生地からなる脚部布の上方の締め付け力によってヒップアップ効果が得られる。
【0010】
また、本発明によれば、臀部の2つの膨らみは、伸縮力がパワーネット生地よりも弱い左右脚部布の外側のサテンネット生地の一部を構成する左右ヒップ部の1枚だけで臀部を被覆するように構成されているので、ヒップトップをつぶすことなく自然なヒップラインを作ることができる。
【0011】
しかも、本発明によれば、上記左右の脚部布は、しなやかで肌触りの滑らかな内外2枚のサテンネット生地からなるので、パワーネット生地を使用した場合と比較して、太腿部を程よく引き締めることができ、またこの内外2枚の脚部布は下端部にヘムを形成した足口部の位置に上下に段差を付け、内側生地を外側生地よりも若干短くしてあるので、外部からは脚部布に2枚の生地を使用したことが分からず、パワーネット生地を使用した場合のように太腿部に締め付け跡が残るような問題も少ない。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本発明に係るガードルの一実施例を示す正面説明図である。
【図2】図1のガードルを裏返して見た状態を示す正面説明図である。
【図3】図1のガードルの背面説明図である。
【図4】図1のガードルを裏返して見た状態を示す背面説明図である。
【図5】図1のガードルの側面説明図である。
【図6】図1のガードルを裏返して見た状態を示す側面説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0013】
以下、本発明にかかるガードルの一実施例として、いわゆるロングタイプのガードルについて説明する。
【0014】
図中符号1は、腹部を覆うように左右両側が外向き円弧形に膨出形成された腹部布で、該腹部布1の表側は上記サテンネット生地1aとし、裏側には同形の上記パワーネット生地1bが配設され、この表裏二枚の生地1a、1bはその上縁がウエストテープ2下縁に縫着2aされ、その左右両側縁は後記する内外2枚からなる左右脚部布5の前側の股部より上方の側縁部と共に上記した円弧状に互いに縫着3a、3bされ、該腹部布1の下縁部は股布4に縫着されている(図1,2,5,6参照)。上記股布4は、本実施例では、肌と接する内面は綿生地として、その表側にはサテンネット生地を使用した内外2枚の生地を使用している。
【0015】
なお、ウエストテープ2は伸縮性のものであれば、ポリウレタン糸を使用した1枚のゴム帯状のものでも、あるいは上記サテンネット生地を折り返して二重とした帯状のものであってもよい。
【0016】
5は上方が上記該腹部布1の左右両側縁に接し、上端がウエストテープ2に縫着6され、下方は太腿を通す下端足口部に至る左右2つの脚部布で、該脚部布5は臀部側を除いて内外2枚のサテンネット生地5a、5bから構成されてなり、この内外2枚の脚部布5a、5bの上方腹部側は上記腹部布1左右の円弧状縫着部3a、3bに縫着され、左右の表側生地5a、5aだけは腹部布1の左右両側縁から臀部側に至り、臀部溝の縦中心線において互いに縫着7され、また股布4より下方の内外2枚の脚部布5a、5bは内腿の縦中心線で互いに縫着9されている(図3、4参照)。
【0017】
8は腰部を締め付け固定するためのパワーネット生地よりなる腰部固定布で、その上縁はウエストテープ2に縫着され、該腰部固定布8の前側は上記内外二重の腹部布1の左右両側縁3a,3bの全長わたって縫着され、その下辺は脚部布5の腰部前側の内外2枚のサテンネット生地5a、5bの中間を通るようにほぼ鼠径線8aに沿って延び(図1、2参照)、更に後側はヒップの膨らみを避けるように上向き円弧形8bに形成されて臀溝の縦中心線縫着部7の上部7aに縫着されており(図4参照)、これにより、パワーネット生地は該腰部固定布8と上記腹部布1の裏側生地との接続で、腰部を一周することとなる。
【0018】
そして、このパワーネットの腰部固定布8は、上記腹部布1のパワーネット生地1bと同様に、前記した表側のサテンネット生地の裏側に配設されているので、表側には露呈しない。
【0019】
5cは左右の脚部布5のうち、上方が臀部側にまで至る表側のサテンネット生地5aの一部をなす左右のヒップ部で、該ヒップ部5cのヒップ上部は上記パワーネット生地の腰部固定布8の臀部に形成された上向き円弧形8bに合致する上向き円弧形に該腰部固定布8に縫着され、またヒップ下部は下向き円弧形5fに形成されて裏側サテンネット生地5bに縫着され、パワーネット生地より伸縮力の弱いこの表側のサテンネット生地5aの1枚のみによって、臀部の二つの膨らみをつぶさないようにしている。
【0020】
また、上記左右の脚部布5を構成する内外2枚のサテンネット生地5a、5bの下端足口部には、それぞれ所定幅(例えば1〜3cm幅)でほつれ防止用のヘム5d、5eが形成され、かつその内側生地5bは外側生地5aより下方が若干短かく、例えば内側生地5bのヘム5e下辺は外側生地5aのヘム5dの上辺部近傍に達するか、あるいはそれよりやや上側までの長さとし、これにより、足口部はヘム5dと5eとによって上下に段差が形成されているので、着用した際に内側生地5b下部が外部からは見えず、また足口部による太腿部への締め付け力も分散されるので、締め付け跡が残らないようにしてある。
【0021】
さらに、左右脚部布5の外側と内側のサテンネット生地5a、5bは、多少ザラ面となっている裏面同志をその全体にわたって向い合せるようにし、脚を通したときに、内側生地5bの滑らかな生地表面が脚肌と接触することにより、肌触り良くスムーズに脚を通すことができ、外側生地5aがめくり上ったり、しわが寄ったりしないようにして、内側生地5bが外部に露呈しないように構成されている。
【0022】
本発明のガードルは、上述したところから分かるように、膨らんだ腹部やこの腹部から臀部上方にかけては、内側に配設した伸縮力の強いパワーネット生地(1bと8)と、外側のサテンネット生地(1aと5a上部)との内外2枚の伸縮性生地によって、腹部と腰部を引き締め、特に、左右両側の腰骨近傍は、上記パワーネット生地の腰部固定布8がその内外両側から脚部布5の上方を形成する内外2枚のサテンネット生地5a、5bの間に挟まれた三重の生地によって更に強く締め付けられ支持固定されるので、腰周りをしっかり引き締めて美しい姿勢をサポートでき、また臀部も側面上端部がウエストテープ2に縫着された内外2枚のサテンネット生地5a、5bからなる脚部布5の上方の締め付け力によってヒップアップ効果が得られる。
【0023】
また、臀部の2つの膨らみは、伸縮力がパワーネット生地よりも弱い左右脚部布5の外側のサテンネット生地5aの一部を構成する左右ヒップ部5cの1枚だけで臀部を被覆するように構成されているので、ヒップトップをつぶすことなく自然なヒップラインを作ることができる。
【0024】
しかも、左右の脚部布5は、しなやかで滑らかな内外2枚のサテンネット生地5a、5bからなるので、パワーネット生地を使用した場合と比較して、太腿部を程よく引き締めることができ、またこの内外2枚の脚部布5a、5bは下端部にヘムを形成した足口部の位置に上下に段差を付け、内側生地5bを外側生地5aよりも若干短くしてあるので、外部からは脚部布に2枚の生地を使用したことが分からず、パワーネット生地を使用した場合のように太腿部に締め付け跡が残るようなこともない。
【符号の説明】
【0025】
1−腹部布
1a−表側のサテンネット生地の腹部布
1b−裏側のパワーネット生地の腹部布
2−ウエストテープ
3−円弧状縫着部
4−股布
5−脚部布
6−縫着部
7−臀部溝縦中心線の縫着部
8−腰部固定布
9−縫着部


【特許請求の範囲】
【請求項1】
臀部の二つの膨らみ部分には一枚のサテンネット生地により被覆し、この臀部の二つの膨らみ部分より上方及び腹部にはパワーネットの裏生地とサテンネットの表生地の内外二重の生地を用い、上記腹部の左右両側から足口部に至る脚部布には内外2枚のサテンネット生地を使用し、上記腹部のパワーネットの裏生地に連接して臀部上方に至る腰部固定用のパワーネット生地を上記脚部布の腹部左右両側部分の2枚のサテンネット生地で挟んだ三重の生地としたことを特徴とするガードル。
【請求項2】
腹部を覆うように左右両側が外向き円弧形に膨出形成された腹部布の表側をサテンネット生地とし、裏側には同形の伸縮力の強いパワーネット生地が配設され、この表裏二枚の生地からなる腹部布の上縁はウエストテープ下縁に縫着され、該腹部布の左右両側縁には臀部側を除いて内外2枚のサテンネット生地からなる左右両脚部布の前側の股部より上方の側縁部と上記した円弧状に互いに縫着され、また該腹部布の下縁部は股布に縫着され、
上記左右脚部布は上端がウエストテープに縫着され、下方は太腿を通す下端足口部に至り、該脚部布の左右の表側生地だけは上記腹部布の左右両側縁から臀部側に至り、臀部溝の縦中心線において互いに縫着され、かつ股布より下方の内外2枚の脚部布は内腿の縦中心線で互いに縫着され、
腰部を締め付け固定するためのパワーネット生地よりなる腰部固定布の上縁はウエストテープに縫着され、該腰部固定布の前側は上記内外二重の腹部布の左右両側縁の全長わたって縫着され、その下辺は上記脚部布の腰部前側の内外2枚のサテンネット生地の中間を通るようにほぼ鼠径線に沿って延び、更に該腰部固定布の後側はヒップの膨らみを避けるように上向き円弧形に形成されて臀溝の縦中心線縫着部の上部に縫着され、
上記左右の脚部布のうち、上方が臀部側にまで至る表側のサテンネット生地の一部をなす左右のヒップ部の臀部上方は上記パワーネット生地の腰部固定布の臀部側に形成された上向き円弧形に合致する円弧形に該腰部固定布に縫着され、また上記ヒップ部の下部は下向き円弧形に形成されて上記脚部布の裏側サテンネット生地に縫着されて、臀部の二つの膨らみは上記表側のサテンネット生地のみによって被覆されるようにしてなることを特徴とする請求項1記載のガードル。
【請求項3】
前記左右の脚部布を構成する内外2枚のサテンネット生地の下端足口部には、それぞれ所定幅のヘムが形成され、該内外2枚からなる脚部布の内側生地は外側生地より短く、該内側生地下端部が外側生地のヘムの上辺部近傍又はそれよりやや上側までの長さとする請求項1又は2記載のガードル。
【請求項4】
前記左右の脚部布を構成する内外2枚のサテンネット生地はその裏面どうしを全体にわたって向い合せるように構成してなる請求項1、2又は3のいずれかに記載のガードル。


【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate


【公開番号】特開2012−21236(P2012−21236A)
【公開日】平成24年2月2日(2012.2.2)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−157740(P2010−157740)
【出願日】平成22年7月12日(2010.7.12)
【出願人】(000000398)アツギ株式会社 (13)
【Fターム(参考)】