ファンデーション用ワイヤー

【課題】 着用時にバスト部分の肌への当りを弱くして痛みを緩和したブラジャー等の胸当てカップ下周縁に使用するファンデーション用ワイヤーを提案する。
【解決手段】 本体ワイヤーの両端に短尺なこれと同一の先端ワイヤーを柔軟な連結部材により連結して、胸当てカップ下周縁に止着したときに該連結部分で前後方向に折曲自在に構成されてなることを特徴とする。

【考案の詳細な説明】
【0001】
【考案の属する技術分野】
本考案は、ファンデーション(女性用下着)、特にブラジャーやブラスリップ,コルセット,ボディスーツ等の胸当てカップに用いられる全体円弧形のワイヤーに関するものである。
【0002】
【従来の技術】
この種のワイヤーは、着用者のバスト部分の形を整えるために、ある程度剛性をもった金属やプラスチック材料が使用され、胸当てカップの下周縁に沿って円弧形(半円形)に折曲形成されたものがファンデーション中に縫い込まれる。
【0003】
例えば、ブラジャーでは、現在90%以上がワイヤー入りであるが、ワイヤー入りのブラジャーは、着用したときにその先端が間接的ではあるが肌に当って痛いという不満が多い。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
本考案は、着用時にバスト部分の肌への当りを弱くして痛みを緩和したファンデーション用ワイヤーを提案するものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】
そこで、本考案では、例えばワイヤーの両端部をいったん切り離して本体ワイヤーと短尺な先端ワイヤーとにしてから、別の柔軟な素材を介して再び両ワイヤーを直列方向に連結し、着用時にワイヤー両端部分が前後方向に折れ曲り容易に構成する。
【0006】
即ち、本考案のファンデーション用ワイヤーは、本体ワイヤーと先端ワイヤーを密に嵌入し得る内径を有する一端を閉塞したバスト面に沿って扁平で柔軟な管体を用いて、まず該管体内に先端ワイヤーを挿入してから該先端ワイヤー後端との間にわずかな間隙が形成されるように本体ワイヤーを挿入してなる。
【0007】
また、本考案のファンデーション用ワイヤーは、前記両ワイヤーを密に嵌入し得る内径を有する両端が開放されたバスト面に沿って扁平で柔軟な管体を用いて、該チューブの一端から先端ワイヤーをまた他端から本体ワイヤーを挿入して該チューブ内の両ワイヤー間にはわずかな間隙が形成されるようにしてもよい。
【0008】
また、上記のように一端閉塞型の管体あるいは両端開放型の管体を介して本体ワイヤーと先端ワイヤーとをつないで、上記間隙部分をブラジャー等の胸当てカップに使用したときに前後方向に扁平となるように押し潰して構成するようにしてもよい。
【0009】
さらに、本考案のファンデーション用ワイヤーは、上記チューブに代わり、前記両ワイヤーより薄肉で柔軟性と弾力性がありバスト面に沿って扁平な連結片により両ワイヤーを連結して、該連結片部分で折れ曲り自在に構成することもできる。
以下、本考案の実施形態を図により説明する。
【0010】
【考案の実施の形態】
図1は本考案の一例を示す断面正面図、図2は図1のX−X断面図で、1はブラジャー等のカップ下周縁に沿って縫い込まれる円弧形(半円形)に折曲形成された金属製又はプラスチック製のワイヤー(本体ワイヤー)で、その断面形状は図のような楕円形状等の扁平なものに限らず、真円形であってもよい。このワイヤー1の両先端部1aを長さ1cm程度いったん切り離して先端ワイヤー1aとする。
【0011】
2は上記先端ワイヤー1aより長い(例えば1.5 〜2.5 倍程度の長さ)ナイロン樹脂やゴム等の柔軟性、撓曲性のある材料からなる断面扁平な管体で、その一端が閉塞されており、両ワイヤー1,1aを密に嵌入し得る内径を有している。
【0012】
そこで、まず切り離された端尺な先端ワイヤー1aを管体2内に押し込み挿入して、その先端をチューブ2内閉塞端に当接させる。次に、本体ワイヤー1を管体2内に挿入するが、このとき、管体2はこのワイヤーをブラジャーのカップ等に使用して着用したときにバスト面に沿って扁平となるように向けて挿入し、その先端が先に挿入された先端ワイヤー1aの後端に接しないやや手前(例えば1〜5mm手前)で挿入を止める。これにより、先端ワイヤー1aと本体ワイヤー1と間にはわずかな間隙3が形成されることになる。
【0013】
なお、本体ワイヤー1の管体2への挿入に際しては、先端ワイヤー1aに接触したり、管体2から抜け出さないように接着剤を用いて固定してもよい。
【0014】
また、先端ワイヤー1aは説明上に分り易くするために、本体ワイヤー1の先端部を切り離すものとしたが、同一のワイヤーであれば、あらかじめ所定の長さに切断した先端ワイヤー1aを多数準備しておいてもよいことはいうまでもない。
【0015】
さらに、この先端ワイヤー1aに代えて、同形状の合成ゴム等の弾性樹脂を用いるようにしてもよい。
【0016】
しかして、両端部が上記のように構成された全体円弧形のワイヤーをブラジャー等のバスト部分のカップ下周縁に沿って縫い込んだものを着用したときには、先端ワイヤー1aの先端が肌に間接的に当っても、前記のような管体2の扁平の向きにより、左右方向には折れ曲り難いが、管体2の間隙3部分で前後方向には簡単に折れ曲がることとなり、ワイヤーによるバスト補正機能は維持されつつ、その当りがやわらげられて、肌に食い込んで痛くなるような心配もない。
【0017】
なお、管体2の間隙3に空気が封じ込められると、該部分での折れ曲がりに対する抵抗となることがあるので、該間隙3部分の管体2に空気抜きのための針穴を設けるようにしてもよい。
【0018】
図3は、本考案の他の実施例を示すもので、前記のように一端が閉塞された管体2を使用するのではなく、両端が開放された前記と同質のナイロン樹脂等の扁平な管体4を使用する。
【0019】
この場合には、先端ワイヤー1aを管体4の一端から押し込み挿入すると共に他端から本体ワイヤー1を同様に挿入して、前記と同様に管体4内に間隙3を置くようにする。
【0020】
この図3の構造のものも、前記と同様に管体4の扁平の向きは着用時のバスト面にならったものとし、これにより間隙3部分で前後方向に折れ曲がり易くなり、このワイヤーを入れたカップを使用したブラジャー等のファンデーションを着用したときには、ワイヤー先端が肌に当っても、先端部分が前後自在に折れ曲がるので、肌が痛くなるようなこともない。
【0021】
図4は、本考案の更に他の実施例を示すもので、前記のような管体2又は4を使用せず、先端ワイヤー1aと本体ワイヤー1とをこの両ワイヤーより薄肉の極めて短尺な連結片5によってつなぐものである。この連結片5は柔軟性と弾力性のある金属片(両ワイヤー1、1aがプラスチック製のときは合成樹脂片)であり、その面をブラジャー等に使用したときに前後方向に向くようにして両ワイヤー1,1aに例えばロウ付け等により固着する(図5参照)
【0022】
この図4の構造のワイヤーによっても、上記連結片5部分で前後方向に折れ曲がり易くなるので、ファンデーションのカップ下周縁に使用したときに、前記と同様に肌への当りをやわらげることができる。
【0023】
さらに、図6に示すものは、図1に示すワイヤーの管体2の間隙3部分をブラジャー等のカップに使用したときに前後方向に扁平となるように熱加工により押し潰して(図7〜8参照)、この管体2の押し潰し部6で前後方向への折れ曲がりを更に容易なものとし、しかも左右方向への折れ曲がりを規制してワイヤーによるバスト補正機能を維持している。
【0024】
なお、図6のような押し潰し部6は、図3に示す両端開放型の管体4でも、その間隙3部分を加熱加圧して形成することができることは勿論である。
【0025】
【考案の効果】
本考案のファンデーション用ワイヤーは上述のようにしてなり、ナイロン樹脂等の柔軟性のある管体あるいは薄肉の連結片によって本体ワイヤーと先端ワイヤーとを直列に連結しているので、該連結部分で先端ワイヤーが着用時に前後方向に自由に折れ曲がる構成となっており、これをブラジャー等のファンデーションのカップ下周縁に沿って縫い込み使用することにより、先端ワイヤーの先端部分が肌に間接的に当ると、上記連結部分で先端ワイヤーが肌当りをやわらげる方向に前後に折れ曲がるので、バストの補正機能は失われることなく、従来のワイヤーのようにワイヤー先端が肌に当って痛いという不満を簡単に解決することができ、構造簡単、製作容易にして優れた効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案に係るファンデーション用ワイヤーの端部の一例を示す断面正面図である。
【図2】図1のX−X断面図である。
【図3】本考案に係るファンデーション用ワイヤーの他の例を示す断面正面図である。
【図4】本考案に係るファンデーション用ワイヤーの更に他の例を示す断面正面図である。
【図5】図4のY−Y断面図である。
【図6】本考案に係るファンデーション用ワイヤーの更に他の例を示す断面正面図である。
【図7】図6に示すファンデーション用ワイヤーの断面側面図である。
【図8】図6のZ−Z断面図である。
【符号の説明】
1−本体ワイヤー
1a−先端ワイヤー
2−管体
3−間隙
4−管体
5−連結片
6−押し潰し部

【実用新案登録請求の範囲】
【請求項1】 本体ワイヤーの両端に短尺なこれと同一の先端ワイヤーを柔軟な連結部材により連結して、ファンデーションの胸当てカップ下周縁に止着したときに該連結部分で前後方向に折曲自在に構成されてなることを特徴とするファンデーション用ワイヤー。
【請求項2】 前記連結部材は前記両ワイヤーを密に嵌入し得る内径を有する一端を閉塞したバスト面に沿って扁平で柔軟な管体であって、まず該チューブ内に先端ワイヤーを挿入してから該先端ワイヤー後端との間にわずかな空隙が形成されるように本体ワイヤーを挿入してなる請求項1記載のファンデーション用ワイヤー。
【請求項3】 前記連結部材は前記両ワイヤーを密に嵌入し得る内径を有する両端が開放されたバスト面に沿って扁平で柔軟な管体であって、該チューブの一端から先端ワイヤーをまた他端から本体ワイヤーを挿入して該チューブ内の両ワイヤー間にはわずかな空隙が形成されるようにしてなる請求項1記載のファンデーション用ワイヤー。
【請求項4】 前記管体の間隙部分を胸当てカップに使用したときに前後方向に扁平となるように押し潰して構成するようにした請求項2又は3記載のファンデーション用ワイヤー。
【請求項5】 前記連結部材は前記両ワイヤーより細い柔軟性と弾力性のある極めて短い他の連結用ワイヤーである請求項1記載のファンデーション用ワイヤー。
【請求項6】 前記請求項1〜4記載のファンデーション用ワイヤーを胸当てカップ下縁に沿って縫い込んでなるブラジャー。

【図1】
image rotate


【図2】
image rotate


【図3】
image rotate


【図4】
image rotate


【図5】
image rotate


【図6】
image rotate


【図7】
image rotate


【図8】
image rotate


【登録番号】実用新案登録第3071076号(U3071076)
【登録日】平成12年6月7日(2000.6.7)
【発行日】平成12年8月22日(2000.8.22)
【考案の名称】ファンデーション用ワイヤー
【国際特許分類】
【評価書の請求】未請求
【出願番号】実願2000−782(U2000−782)
【出願日】平成12年2月17日(2000.2.17)
【出願人】(000000398)アツギ株式会社 (13)