磁気発生衣類の製造方法及び磁気発生衣類

【課題】 錆の発生や性能の劣化がなく、ソックスや下着類等のほか、女性用のストッキングやパンティストッキングのような極薄手の生地やストレッチ素材に使用しても、生地を傷める心配がなく、強力な磁力を発生する磁石粉が軟質又は硬質の樹脂剤中に均一に混合されて所定個所にプリント固着されることにより、磁気効果を充分発揮させることができる磁気発生衣類の製造方法とこれにより得られる衣類を提案する。
【解決手段】 製品衣類の生地上のツボ相応個所に未だ磁力が付与されていない磁性粉を均一に混合した樹脂をスクリーン印刷法によりにプリント貼着し、その後に該樹脂中の磁性粉に対して着磁処理を行うことを特徴とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、ソックスやストッキング等の靴下類、パンティ、ガードル等の下着類、その他の衣類の任意の個所に磁気を付与した磁気発生衣類の製造方法ならびにその衣類に関するものである。
【背景技術】
【0002】
例えば、足の裏は内臓に関係するツボが集中しており、このツボを刺激すると血行の促進、健康増進、疲労回復等の効果があり、ツボ刺激には磁気が有効であるといわれている。
【0003】
そこで、靴下類、特にソックスに磁気を付与したものが種々提案されている。それは、例えば(1)小さなポケットを作って、その中に永久磁石を収納したものや、(2)磁石片の上に布を覆せて縫い付けるもの、(3)磁石片を直接ソックス生地に接着剤で固着したもの、(4)生地に凹凸を形成してその凹部に磁石を入れ、その上から樹脂で覆い固定するもの、(5)樹脂に永久磁石粉を混合してこれを生地に固着するもの等である。
【0004】
しかしながら、磁石は錆が発生する場合があるので、洗濯することを前提とする衣類では水と直接接する上記(1)〜(4)の方法ではその衣類や他の衣類を汚すことがあり、((4)の方法も裏側から水が染み込む)、しかも粒状の永久磁石を使用する(1)〜(4)では着用によりソックス生地を傷めてしまう。従って、特に極細糸で編成する薄手の女性用のストッキングやパンティストッキングの足裏部に粒状磁石を固着すれば、着用によりすぐに糸が断線してしまう危険がある。また、永久磁石は粉状に粉砕すると磁力が大幅に減少するため、上記(5)のソックスでは磁力がほとんどなくなってしまう。そこで、特に強力な磁石を粉砕することも考えられるが、磁石粉を溶融樹脂中に混合しようとしても、磁石粉どうしが互いに吸着し合って固まってしまい、なかなか均一に混合することができないという問題もある。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明は、上述のような諸問題を解決し、錆の発生や性能の劣化がなく、ソックスや下着類等のほか、女性用のストッキングやパンティストッキングのような極薄手の生地に使用しても、生地を傷める心配がなく、強力な磁力を発生する磁石粉が軟質又は硬質の樹脂剤中に均一に分散混合されて所定個所にプリント固着されることにより、磁気効果を充分発揮させることができる磁気発生衣類の製造方法とこれにより得られる衣類を提案するものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
即ち、本発明は製品衣類の生地上の所定個所に未だ磁力を付与されていない磁性粉を均一に混合した樹脂を固着し、その後に該樹脂中の磁性粉に対して着磁処理を行うことを特徴とする磁気発生衣類の製造方法に関するものである。
【0007】
本発明法を適用する衣類としては、ソックス、薄手のストッキング、パンティストッキング等の靴下類のほか、パンティ、ガードル等の下着・肌着類、帽子やバンダナ、サポータや腰巻、アウターウエア等々、種々のものに利用できる。
【0008】
使用する磁性粉としては、一般的なフェライト粉のほか、着磁されたときに強力な磁力を発するネオジウム磁性粉(ネオジウム−鉄−ボロン粉)や、サマリウム−コバルト粉などの希土類系磁性粉を用いることができる。
【0009】
また、磁性粉を混合するバインダーとなる樹脂としては、シリコーン系樹脂のほか、ポリウレタン系樹脂、ポリエステル系樹脂、アクリル系樹脂、塩化ビニール系樹脂、エポキシ系樹脂、ポリオレフィン系樹脂、紫外線硬化型樹脂(UV樹脂)、電子線硬化型樹脂(EB樹脂)等を用いることができる。
【0010】
本発明はストッキングやガードル等の製品衣類の生地上の所定個所にシルクスクリーン的印刷手法により直接磁性粉混合樹脂を貼着するのであるが、ストッキングの足裏部など硬質樹脂を使用すると違和感を与える場所にはシリコーン樹脂等の軟質樹脂が用いられ、この場合には接着剤を使用しなくとも、軟質樹脂それ自体が生地に接着するが、アウターウエアなどに用いる硬質樹脂の場合には、接着剤を使用しないと剥離脱落する虞れがある。そこで、この場合にはホットメルト系接着剤をスクリーン印刷により所定個所に塗着しておき、該部に固化した磁性粉混合樹脂を熱圧着させるようにする。なお、ホットメルト系接着剤としては、共重合ナイロン系、ポリエステル系、エラストマー系、EVA系、有機ゴム、天然ゴム、クロロプレンゴム、ニトリルゴム、EPDM等の合成ゴム等の種々の接着剤が使用できる。
【0011】
製品衣類の所定個所に磁性粉混合樹脂が貼着されたら、乾燥して生地に固着させ、しかる後にこの製品衣類をそのまま着磁機に装入し、樹脂中の磁性粉に対して所定の磁束密度に着磁させるのである。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、ストッキング等の靴下類や下着・肌着類等の製品衣類の所定個所(ツボ相当個所)に未だ磁力を具備していない磁性粉を混合した樹脂を固着した後に該磁性粉を着磁させるので、従来のように永久磁石粉を樹脂硬化前に混合することにより磁石粉どうしが樹脂液中で固まってしまうことがないから、均等均質に樹脂液中に分散混合させることができ、その後の着磁処理によって粉状であっても強力な磁力を付与することができるので、ツボ刺激効果も絶大である。本発明の効果をさらに列挙すれば、次の通りである。
【0013】
a)磁性粉混合樹脂を製品に固着した後に着磁させるので、永久磁石を粉砕して磁石粉とする場合と異なり、互いに吸着し合って固まることがなく、取扱いが容易であるので、混合比や衣類に固着する成型物の大きさにより、磁力調整も可能となり、また樹脂の種類により硬化後の硬度の選択ができるので、磁力調整によるツボ刺激の強弱の調節のほか、物理的なツボ刺激強度(ツボ押し効果)も自由に設定できる。
【0014】
b)着磁処理によって磁力が付与された磁性粉は樹脂にコーティングされた状態となっているので、錆の発生がなく、磁気性能の劣化がない。
【0015】
c)磁性粉混合樹脂は、形や色などのデザインが自由であるので、これにファッション性を持たせることができる。
【0016】
d)樹脂の選択により、滑り止め機能を持たせたり、ストッキングやパンティストッキングのような極薄手の生地、パンティやガードル等の下着・肌着などのストレッチ素材に対しても、生地本来の伸びを殺すことなく対応することができ、生地を傷める心配もなく、生地の素材のいかんを問わず、適用可能である。
【0017】
e)磁性粉混合樹脂の貼着に当り、プリント印刷技術を応用しているので、市販のプリント加工衣料の全てに利用可能であり、アウターウエア、インナーウエア、サポータ、帽子など、種々の磁気による健康増進衣料の製作が可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0018】
図1は薄手の女性用ストッキングの足裏部1生地外面に磁性粉混合樹脂2を固着したパターン例を示すものである。
【0019】
まず、例えば溶融したシリコーン樹脂液中に微粉砕されたネオジウム磁性粉を入れて均一となるように攪拌混合する。
【0020】
この磁性粉混合樹脂液を通常のストッキングに既に編成され染色済みのストッキングの足裏部1外面に対し、足裏のツボ相応個所のみを丸又は楕円形に開孔してその他の部分をマスキングしたシルクスクリーン版により該ツボ相応個所に上記樹脂液をプリント貼着して行く。
【0021】
なお、足裏部1への樹脂液2の貼着パターンは自由であり、また樹脂液の色も任意に採択でき、上記のようなプリント印刷法により色彩を施した種々の模様を描くこともでき、この場合、正座したときなど足裏を見せるときには、ファッション効果を発揮することとなる。
【0022】
このようにして磁性粉混合樹脂液が貼着されたら、加熱乾燥を行い、樹脂液を硬化させて生地へ固着させる。
【0023】
次に、これを電磁作用により着磁させる着磁器に装入し、樹脂2中の磁性粉に対し着磁させる。この着磁器としては、一般の磁石製造過程で使用される着磁器を使用することができる。
【0024】
樹脂2中の磁性粉の磁力(磁束密度)は磁性粉のサイズや混合比により任意に設定できるが、ストッキングでは200〜2000ガウス程度が好ましい。
【0025】
なお、この例では、磁性粉を混合したシリコーン樹脂はストッキング足裏部1の外面に固着されているが、これはシリコーン樹脂によりハイヒール等の靴を履いたとき等の滑り止め効果をねらったもので、ストッキング足裏部1の内面に固着してもよく、この場合には、ストッキング内側での足裏の滑りが防止され、更に内外両面に位置を変えて固着するようにしてもよい。
【0026】
また、本発明で、磁性粉が混合される樹脂は、上記のシリコーン樹脂のような軟性のものに限られず、比較的硬度のある樹脂を使用する場合もある。磁気によるツボ刺激のほか、ツボ押し効果もねらう場合がその一例であり、例えば比較的厚手のソックスや、帽子の内側、肌着の内側などがあげられる。また、アウターウエアには軟質と硬質いずれの樹脂も使用可能である。
【0027】
このように、磁性粉が均一に分散する硬質樹脂にあっては、生地の所定個所に溶融状態で貼着しても、固化後に簡単に剥離脱落してしまう虞れがあるので、この樹脂をいったん固化させておき、所定個所にホットメルト系接着剤を前記と同様にプリント印刷し、その上に固化した樹脂を熱圧着し、しかる後に固化樹脂中の磁性粉を着磁させるようにする。
【0028】
なお、アウターウエア等の場合には、生地の裁断前又は後の段階で磁性粉混合樹脂を固着後、縫製して製品とする前段階で着磁させることも可能である。
【図面の簡単な説明】
【0029】
【図1】本発明方法をストッキング(パンティストッキングを含む)の足裏部に適用して、磁性粉混合樹脂を固着した状態の一例を示す説明図である。
【図2】図1のX−X拡大断面説明図である。
【符号の説明】
【0030】
1−ストッキング足裏部
2−磁性粉混合樹脂(液)

【特許請求の範囲】
【請求項1】
製品衣類の生地上のツボ相応個所に未だ磁力が付与されていない磁性粉を均一に混合した樹脂をスクリーン印刷法によりにプリント貼着し、その後に該樹脂中の磁性粉に対して着磁処理を行うことを特徴とする磁気発生衣類の製造方法。
【請求項2】
前記製品衣類は、ソックス等の靴下類、パンティ、ガードル等の下着・肌着類、帽子、バンダナ、サポータ、腰巻、又はアウターウエアである請求項1記載の磁気発生衣類の製造方法。
【請求項3】
生地の所定個所にホットメルト系接着剤を塗着しておき、該部に固化した磁性粉混合樹脂を熱圧着するようにし、その後に固化樹脂中の磁性粉に対し着磁処理を行うことを特徴とする磁気発生衣類の製造方法。
【請求項4】
製品衣類の生地上のツボ相応個所に磁性粉を均一に混合した軟質又は硬質の樹脂が固着されていて、該生地に固着後の上記樹脂中の磁性粉に対して着磁処理が施されてなる磁気発生衣類。


【図1】
image rotate

【図2】
image rotate


【公開番号】特開2006−249653(P2006−249653A)
【公開日】平成18年9月21日(2006.9.21)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2006−134455(P2006−134455)
【出願日】平成18年5月12日(2006.5.12)
【分割の表示】特願2002−293372(P2002−293372)の分割
【原出願日】平成14年10月7日(2002.10.7)
【出願人】(000000398)アツギ株式会社 (13)
【出願人】(595068081)
【Fターム(参考)】