記録または再生装置のピックアップ装置

【課題】 RF基板を、ピックアップシャシのディスクにおける軸方向の幅の範囲内で前記ピックアップシャシに隣接してこのシャシの後方に配置することにより、ピックアップ装置の厚みを薄くすることができる。
【解決手段】 ピックアップシャシ1はターンテーブル2に保持されたディスクの径方向にガイドシャフト6,7に沿ってピックアップ3を移動可能に支持する。このシャシ1の後方には前記ディスクにおける軸方向の幅の範囲内でシャシ1に隣接してRF基板(プリント基板)11を配置し、このRF基板11と前記ピックアップ3とをFPC(フレキシブルプリント板)8により電気的に接続する。前記FPC8が前記ディスクに接触しないように、シャシ1に固定された開口部後壁10によりFPC8を前記ディスクの板面に近付けるように案内し、前記FPC8を前記ディスクの板面より遠ざけるように開口部前壁9により案内する。

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、CDプレーヤ、CD−R0Mドライブ、DVDドライブまたはMD等のディスクの記録または再生装置におけるピックアップ装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、この種のディスクの記録または再生装置のピックアップ装置として図6〜図10に示すものが知られている。図6〜図10は、光ピックアップと、この光ピックアップに信号を供給したり、この光ピックアップからの信号を受けるRF基板(プリント基板)との配置関係について説明しようとするものである。
【0003】図6のものでは、光ピックアップ3を有するピックアップシャシ1の下面にRF基板11が配置され、ピックアップ3から出ているFPC(フレキシブルプリント板)8は重力により下方へ円弧状に湾曲され、RF基板11に固定されているコネクタ12に接続されている。図7及び図8に示すように、前記FPC8は非常に柔軟であるため、ピックアップ3はFPC8から不要な負荷を負うことなくディスク13の内周と外周との間での移動が可能となっている。
【0004】このように構成されたピックアップ装置では、前記RF基板11が前記ピックアップシャシ1の下方に配置されているため、組立及びサービス時の調整が困難であるという欠点があり、また前記RF基板11の上に前記ピックアップ3が配置されているため、RF基板11からのノイズがピックアップ3に飛び込みやすく、その対策としてシールドが必要になる場合が生じる、という欠点がある。更に、前記RF基板11が前記ピックアップシャシ1の下方に配置されているため、ピックアップ装置の厚みが増し、この結果、記録または再生装置の厚みが増してしまう、という欠点があった。
【0005】従来、上記した欠点のうち、組立及びサービス時の調整が困難であること、及びRF基板11からのノイズがピックアップ3に飛び込みやすいという欠点を除去するものとして、図9及び図10に示すように、RF基板(プリント基板)11を、ピックアップ3の移動方向で、かつディスク13の中心から遠い側おいてピックアップシャシ1の下方に配置したものも知られている。このものでは、前記ピックアップシャシ1により前記ピックアップ3を前記ディスク13の下面側に位置せしめ、かつ前記ディスク13の径方向に移動可能に支持する点では前記図6のものと同様であり、また前記RF基板11と前記ピックアップ3とを電気的に接続するFCP(フレキシブルプリント板)8とを備えている。
【0006】そして、前記FCP8を案内するFPC上面湾曲防止部品(ガイド)15を記録または再生装置本体に設け、ピックアップ3がディスク13の外周に移動したときに前記FPC8がピックアップ3に対し上面に湾曲してディスク13と接触するのを防止するようにしている。このため、図6のものでは必要としなかったFPC上面湾曲防止部品15が必要となり、しかも図示のように、ピックアップ装置の厚みが増すことは前記図6のものと変わりが無く、さらにFPC8の長さも図6のものより長くなり、ピックアップ3へのノイズ飛び込み量も増す。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】上記のように、従来のピックアップ装置では、その厚みを充分に薄くしたものは無かった。この発明は、上記に鑑みてなされたものであり、ディスク13に信号を記録するか、またはディスク13から信号を再生する、記録または再生装置のピックアップ装置における厚みを薄くすることができ、このため記録または再生装置全体の厚みを低くすることができ、しかもコストの安いピックアップ装置を提供することを目的とするものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記の課題を解決し、前記目的を達成するための、この発明のピックアップ装置は、ディスクに信号を記録するか、またはディスクから信号を再生する、記録または再生装置のピックアップ装置であって、ピックアップと、このピックアップを前記ディスクの径方向に移動可能に支持するピックアップシャシと、このシャシの、前記ピックアップの移動方向で、かつ前記ディスクの中心から遠い側に配置されたプリント基板と、このプリント基板と前記ピックアップとを電気的に接続するフレキシブルプリント板とを備えたものにおいて、
【0009】前記したプリント基板は、前記シャシの前記ディスクにおける軸方向の幅の範囲内で前記シャシに隣接して配置され、また、前記シャシに固定され、前記フレキシブルプリント板が前記ディスクに接触しないように前記フレキシブルプリント板を案内するガイドを備え、該ガイドは、前記フレキシブルプリント板を前記ディスクの板面に近付けるように案内する第1のガイド部材と、前記フレキシブルプリント板を前記第1のガイド部材に対して前記プリント基板より遠い側で前記ディスクの板面より遠ざけるように案内する第2のガイド部材とにより構成したことを特徴とするものである。
【0010】そして、前記ガイドは、前記シャシにおける前記ディスクの中心より遠い側の部位に、前記ピックアップの移動方向に沿った仮想上の直線が貫くように適宜の間隔を隔てて段違いに重ねて設けられた2個の壁部で構成され、これらの壁部のうち前記ディスク中心から遠い側の壁部が前記第1のガイド部材として、また前記ディスクの中心に近い側の壁部が前記第2のガイド部材として機能するようにしてもよいし、
【0011】前記ピックアップシャシは、前記ピックアップを前記ディスクの下面側に位置せしめ、かつ前記ディスクの径方向に前記のように移動可能に支持するものであってもよいし、
【0012】前記第1のガイド部材として機能する前記壁部は、前記ピックアップが移動する方向と交わる方向の一端部のみが前記ピックアップシャシに固定され、この壁部の他端部側と前記ピックアップシャシとの間には空間を設け、この空間は前記フレキシブルプリント板が挿通可能なものであってもよい。
【0013】
【作用】上記のように構成されたこの発明の記録または再生装置のピックアップ装置では、前記プリント基板が、前記シャシの前記ディスクにおける軸方向の幅の範囲内で前記シャシに隣接して配置されているので、このピックアップ装置の厚みを薄くでき、また、前記シャシに固定されたガイドは、前記フレキシブルプリント板を前記ディスクの板面に近付けるように案内する第1のガイド部材と、前記フレキシブルプリント板を前記第1のガイド部材に対して前記プリント基板より遠い側で前記ディスクの板面より遠ざけるように案内する第2のガイド部材とにより構成されているので、前記フレキシブルプリント板が前記ディスクに接触することがないように前記フレキシブルプリント板が案内される。そして、前記フレキシブルプリント板の長さを短くすることができるので、ノイズの飛び込み量を減少させることが可能となり、かつコストの低いピックアップ装置が得られる。
【0014】
【発明の実施の形態】以下に、この発明の実施の形態を図1〜図5について説明する。図1において、1はピックアップシャシであり、後述するディスクへレーザービームにより信号を記録する、またはディスクからレーザービームにより信号を再生する周知の光ピックアップ3を備えている。このピックアップ3は前記ピックアップシャシ1に固定されているガイドシャフト6,7に対して軸受け4,5により保持され、前記ガイドシャフト6,7の軸方向に図示されていない周知の手段により前記ディスクの内周から外周までの区間内において摺動可能となっている。また、前記ピックアップシャシ1には前記ディスクを保持し、図示されていない周知のスピンドルモータにより前記ディスクに所定の回転を与えるターンテーブル2が設けられている。
【0015】前記ピックアップ3からは、このピックアップ3とRF基板(プリント基板)11との信号伝達の媒体であるFPC(フレキシブルプリント板)8が引き出され、このFPC8はピックアップシャシ1後方の開口部前壁9と開口部後壁10を経由してピックアップシャシ1の後方に配置されたRF基板11に固定されているコネクタ12に接続される。ここでFPC8と開口部前壁9等との関係を図2について説明する。図2において、開口部前壁9と開口部後壁10との間にはDなる隙間が設定されている。また、開口部前壁9の下端は開口部後壁10の上端に対してHだけ低く設定されていて、かつピックアップ3から出るFPC8の高さは開口部後壁10の上端と同等かそれより高くなるように配置されている。上記のように構成することにより、ピックアップ3から開口部前壁9までの区間では、FPC8は開口部前壁9によりピックアップシャシ1の上方向には曲がらず下方向に軽く湾曲する。
【0016】図3はピックアップ3が前記ディスク13の内周に位置している状態を表わし、図4はピックアップ3がディスク13の外周に移動中の状態を示す。この移動中においては、前記ピックアップ3が外周に移動した分だけ前記FPC8が撓むことになるが、このFPC8は前記した開口部前壁9によりピックアップシャシ1に対して上方向に撓むことなく下方向に撓む。図5は、前記ピックアップ3が更に外周に移動し、ディスク13の最外周にまで至った状態を示す。前記FPC8は前記した図4の時点で下方向に撓んでいるため、ピックアップ3が図5のようにディスク13の最外周まで移動しても、更に下方向に撓むだけで、上方向に撓むことはない。よって、ピックアップ3の位置に関わらずFPC8はピックアップシャシ1に対し下方向に撓むので、ディスク13と接触することはない。
【0017】
【発明の効果】以上説明したように、この発明の記録または再生装置のピックアップ装置は、ピックアップ3と、このピックアップ3を前記ディスク13の径方向にガイドシャフト6,7に沿って移動可能に支持するピックアップシャシ1と、このシャシ1の、前記ピックアップ3の移動方向で、かつ前記ディスク13の中心から遠い側、即ち後方に配置されたRF基板(プリント基板)11と、このRF基板11と前記ピックアップ3とを電気的に接続するFPC(フレキシブルプリント板)8とを備えたものにおいて、前記RF基板11は、前記シャシ1の前記ディスク13における軸方向の幅の範囲内で前記シャシ1に隣接して配置され、また、前記シャシ1に固定され、前記FPC8が前記ディスク13に接触しないように前記FPC8を案内する、開口部前壁9と開口部後壁10等よりなるガイドを備え、該ガイドは、前記FPC8を前記ディスク13の板面に近付けるように案内する開口部後壁10等の第1のガイド部材と、前記FPC8を前記第1のガイド部材に対して前記RF基板11より遠い側で前記ディスク13の板面より遠ざけるように案内する開口部前壁9等の第2のガイド部材とにより構成したものである。
【0018】このように、RF基板11を、前記シャシ1の前記ディスク13における軸方向の幅の範囲内で前記ピックアップシャシ1に隣接してこのシャシ1の後方に配置することにより、ピックアップ装置の厚み、引いては記録または再生装置本体の厚みを薄くすることができ、かつRF基板11からのピックアップ3へのノイズの飛び込みを防ぐことができる。そして、上記に加え、前記FPC8を前記ディスク13の板面に近付けるように案内する開口部後壁10等の第1ガイド部材と、前記FPC8を前記第1のガイド部材に対して前記RF基板11より遠い側で前記ディスク13の板面より遠ざけるように案内する開口部前壁9等の第2のガイド部材とにより構成した前記ガイドを設けたので、前記FPC8の長さを短くすることができ、かつピックアップ3が移動した際に特別な部品、例えば従来例で説明したFPC上面湾曲防止部品15を使用することなくFPC8のディスク13への接触を防止することが可能となる。
【0019】また、前記第1のガイド部材として機能する前記開口部後壁10等の壁部は、前記ピックアップが移動する方向と交わる方向の一端部のみが前記ピックアップシャシ1に固定され、この壁部の他端部側と前記ピックアップシャシ1との間には空間を設け、この空間は前記FPC8が挿通可能なものであるので、前記FPC8を前記空間に挿通した後に、このFPC8を前記開口部後壁10等の壁部と前記開口部前壁9等の壁部との間に移動することにより、これらの壁部のガイド部に前記FPC8を接触させることができ、従って、前記壁部間へのFPC8の挿通作業が容易になる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の一実施の形態を示す斜視図である。
【図2】図1のものの要部の拡大概略側面図である。
【図3】図1のものの動作を説明するための概略縦断側面図である。
【図4】図1のものの動作を説明するためのものであり、図3とは異なる動作状態を示す概略縦断側面図である。
【図5】図1のものの動作を説明するためのものであり、図3または図4とは異なる動作状態を示す概略縦断側面図である。
【図6】従来例を示す概略分解斜視図である。
【図7】図6のものの動作状態を説明するための概略縦断側面図である。
【図8】図6のものの図7とは異なる動作状態を説明するための概略縦断側面図である。
【図9】図6とは異なる従来例の動作状態を説明するための概略縦断側面図である。
【図10】図9のものの他の動作状態を説明するための概略縦断側面図である。
【符号の説明】
1 ピックアップシャシ
2 ターンテーブル
3 ピックアップ
4,5 軸受け
6,7 ガイドシャフト
8 FPC(フレキシブルプリント板)
9 開口部前壁
10 開口部後壁
11 RF基板(プリント基板)
12 コネクタ
13 ディスク
14 クランパ

【特許請求の範囲】
【請求項1】 ディスクに信号を記録するか、またはディスクから信号を再生する、記録または再生装置のピックアップ装置であって、ピックアップと、このピックアップを前記ディスクの径方向に移動可能に支持するピックアップシャシと、このシャシの、前記ピックアップの移動方向で、かつ前記ディスクの中心から遠い側に配置されたプリント基板と、このプリント基板と前記ピックアップとを電気的に接続するフレキシブルプリント板とを備えたものにおいて、前記プリント基板は、前記シャシの前記ディスクにおける軸方向の幅の範囲内で前記シャシに隣接して配置され、また、前記シャシに固定され、前記フレキシブルプリント板が前記ディスクに接触しないように前記フレキシブルプリント板を案内するガイドを備え、該ガイドは、前記フレキシブルプリント板を前記ディスクの板面に近付けるように案内する第1のガイド部材と、前記フレキシブルプリント板を前記第1のガイド部材に対して前記プリント基板より遠い側で前記ディスクの板面より遠ざけるように案内する第2のガイド部材とにより構成したことを特徴とする記録または再生装置のピックアップ装置。
【請求項2】 前記ガイドは、前記シャシにおける前記ディスクの中心より遠い側の部位に、前記ピックアップの移動方向に沿った仮想上の直線が貫くように適宜の間隔を隔てて段違いに重ねて設けられた2個の壁部で構成され、これらの壁部のうち前記ディスク中心から遠い側の壁部が前記第1のガイド部材として、また前記ディスクの中心に近い側の壁部が前記第2のガイド部材として機能することを特徴とする請求項1記載の記録または再生装置のピックアップ装置。
【請求項3】 前記ピックアップシャシは、前記ピックアップを前記ディスクの下面側に位置せしめ、かつ前記ディスクの径方向に前記のように移動可能に支持するものであることを特徴とする請求項1または2記載の記録または再生装置のピックアップ装置。
【請求項4】 前記第1のガイド部材として機能する前記壁部は、前記ピックアップが移動する方向と交わる方向の一端部のみが前記ピックアップシャシに固定され、この壁部の他端部側と前記ピックアップシャシとの間には空間を設け、この空間は前記フレキシブルプリント板が挿通可能なものであることを特徴とする請求項2記載の記録または再生装置のピックアップ装置。

【図1】
image rotate


【図2】
image rotate


【図3】
image rotate


【図4】
image rotate


【図5】
image rotate


【図6】
image rotate


【図7】
image rotate


【図8】
image rotate


【図9】
image rotate


【図10】
image rotate


【公開番号】特開平10−134412
【公開日】平成10年(1998)5月22日
【国際特許分類】
【出願番号】特願平8−303946
【出願日】平成8年(1996)10月30日
【出願人】(000000022)赤井電機株式会社 (4)