アキレス株式会社により出願された特許

31 - 40 / 402


【課題】 添加剤を含有するエチレン系共重合体樹脂シートの成形においても、ラバーとられが発生せず、生産性を低下させないうえ、エンボス加工性などに優れた押出成形用エンボス型ロール、及びそれを用いたエチレン系共重合体樹脂シートの製造方法を提供する。
【解決手段】 エチレン系共重合体樹脂シートの押出成形用エンボス型ロールであって、軸芯部の外周にシリコーンゴム層、接着層およびフッ素樹脂層が順次積層されてなり、かつ、算術平均粗さ(Ra)が5.0μm以上であり、最大高さ粗さ(Rz)が25〜40μmであることを特徴とする。このとき、シリコーンゴムのJIS K 6253 デュロメータ タイプAによるゴム硬度が30〜80であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】底づき感がなく、クッション性、通気性に優れるクッション材を提供する。
【解決手段】エラストマー粘弾性体12の硬さよりやわらかいウレタンフォームのクッション基材11の貫通孔11aにエラストマー粘弾性体12を装着し、このクッション基材11の表裏面に、伸縮性生地とウレタンフォームをラミネートした表皮材および裏皮材13を積層し、クッション基材11のエラストマー粘弾性体12が装着された貫通孔11aの周囲と表裏皮材13との接着で、表裏側の両方、あるいは表裏側のいずれか一方に凹状部14を形成してクッション材10とする。これにより、クッション基材11に貫通孔11aを形成してエラストマー粘弾性体12を装着することで、底付き穴を形成する場合に比べ加工が容易となり、エラストマー粘弾性体12を直接接着することなく保持でき、倒れなどを確実に防止する。 (もっと読む)


【課題】難燃性および透明性に優れるフィルムを提供する。
【解決手段】合成樹脂100重量部に対して、平均粒子径(D50)が20〜800nmである三酸化アンチモンを0.01〜5重量部含有させる。三酸化アンチモンに加えて、難燃可塑剤が含有されていることが好ましく、その添加量は、合成樹脂100重量部に対して1〜60重量部程度である。難燃可塑剤は、特にリン酸エステル系難燃可塑剤であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】個々の成形品と密着できる緩衝性があり、糸引きや剥がれ、アウトガスに起因する被膜などの見切り部の不良が極力阻止でき、見切り精度に優れたマスク治具を提供する。
【解決手段】成形品の表面を部分的に被覆処理する際に使用するマスク治具1であって、マスク治具本体1’の被覆処理部を露出させる窓4の内面縁部に、非被覆処理部内から窓4への空気の流通を遮断するクッション材3を設けてなり、前記クッション材3は付加反応型シリコーン系樹脂であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】太陽電池製造時の封止工程において、エアーの抜けが非常に良好で、しかも、太陽電池セルの破損を確実に防止することができる太陽電池封止材を提供する。
【解決手段】透明軟質樹脂組成物を成膜して得られるシートの少なくとも片面をエンボス加工してなる太陽電池封止材であって、(A)前記シートのエンボス加工面の空隙率は5%未満、(B)エンボス加工面の凹部の深さは不均一であり、(B−1)エンボス加工面は、算術平均粗さ(Ra)が1.0〜3.0μm、(B−2)最大高さ粗さ(Rz)が5〜15μmである太陽電池封止材。 (もっと読む)


【課題】 半導体製造工程用テープの基材フィルムを提供する。
【解決手段】半導体製造工程用テープの基材フィルムであって、
A)エチレン及び(メタ)アクリル酸を重合体の構成成分とする2元共重合体を金属イオンで架橋したアイオノマー樹脂、並びに
B)エチレン、(メタ)アクリル酸及び(メタ)アクリル酸アルキルエステルを重合体の構成成分とする3元共重合体
を含むものからなり、前記成分B)の使用量が、成分A)+B)の総量に基づき、5質量%以上であり且つ50質量%以下の範囲である基材フィルム。 (もっと読む)


【課題】 害虫駆除用の燻蒸シートを収納し、運搬する用具として、運搬時の保形性を良好にするとともに小型化を図り、シートの出し入れが容易に行えるようにする。
【解決手段】 矩形状の本体部2の周囲四辺にマチ3を介して四枚のカバー片4を連接し、マチ3の部分でカバー片4を内側に折り曲げると少なくとも隣接するカバー片4に対してその一部が重ね合わせられるようにするとともに、重合する部分に面ファスナ10a、10bを設け、また本体部2の外面側の所定箇所に肩掛けベルト7を設ける。本体部2の内面側にシートSを配設して、その周囲を各カバー片4で覆うことで収納体13とし、この収納体13を長手方向に対して三つ折り、または二つ折りして固定できるようにする。 (もっと読む)


【課題】 スチレン系ベースポリマーにパラフィン系オイルが添加されるゲル状弾性体をウレタンフォームに接着する際、溶剤系接着剤を使用することなく、しかも強固に接着できるようなウレタンフォームを提供する。
【解決手段】 スチレン系ベースポリマーにパラフィン系オイルが添加されるゲル状弾性体をウレタンフォームに接着するためのゲル状弾性体接着用ウレタンフォームにおいて、ウレタンフォーム3の接着面部にEVA系のホットメルト樹脂層2を形成し、EVA系のホットメルト樹脂層2にゲル状弾性体を接着する。 (もっと読む)


【課題】ウエハの運搬時、容器中でウエハとウエハ保護シートとが接触によるウエハ保護シートの有機物のウエハへの転写を防止したウエハ保護シートを提供する。
【解決手段】ウエハ保護シート1は、厚さ80〜130μmの合成樹脂製シートの表裏面にそれぞれ、凸部および凹部が数多く賦形されたシートであり、前記多数の凸部と前記多数の凹部はそれぞれ、その各部が格子縞の交点に位置するようにかつ各々交互に配置され、また表面の凸部には裏面の凹部が、表面の凹部には裏面の凸部がそれぞれ対応するような波状断面を有し、そしてシートの剛軟度が60〜120mmであるウエハ保護シートにおいて、前記合成樹脂製シートが直鎖状低密度ポリエチレン樹脂を含んでなる。 (もっと読む)


【課題】打設されるコンクリートによる埋め込み型枠自体のたわみを抑え、安定して設置できるとともに、型枠自体の使用量を抑えることができる合成床版橋用の埋め込み型枠構造を提供する。
【解決手段】鋼桁部Aと、この鋼桁部上に設けられる鉄筋コンクリート床版部Cとからなる合成床版橋の鋼桁部Aに設置され、打設されるコンクリートの下部型枠部となる発泡樹脂製の埋め込み型枠は、天板型枠部材11と、一対の中間型枠部材12と、一対の脚型枠部材13とからなり、前記中間型枠部材12は、天板型枠部材11を支持するための切り欠き部を有し、かつ幅b/高さa=0.70ないし1.18の範囲である。 (もっと読む)


31 - 40 / 402