クミアイ化学工業株式会社により出願された特許

51 - 60 / 86


【課題】本発明は、農園芸用殺虫・殺ダニ・殺線虫剤として優れた土壌処理活性を有する新規な3−ピラゾリルフェニルスルフィド誘導体又はその塩、及び、該誘導体又はその塩を有効成分として含有する農園芸用殺虫・殺ダニ・殺線虫剤を提供するを提供する。
【解決手段】一般式[I]
【化1】


(式中、Rは、置換されてもよいC〜Cアルキル基を示し、Rは、置換されてもよいC〜Cアルキル基を示し、nは0〜2の整数を示し、mは0又は1を示し、Aは水素原子、ハロゲン原子、C〜Cアルキル基、シアノ基、アミノ基を示し、Aは水素原子、ハロゲン原子、C〜Cアルキル基、アミノ基、シアノ基示し、B1は水素原子、ハロゲン原子又はメチル基を示し、Bはハロゲン原子又はC〜Cアルキル基を示す。)で表される3−ピラゾリルフェニルスルフィド誘導体又はその塩。 (もっと読む)


【課題】本発明は、農園芸用殺虫・殺ダニ・殺線虫剤として優れた土壌処理活性を有する新規な2−フェニルイミダゾール誘導体又はその塩、及び、該誘導体又はその塩を有効成分として含有する農園芸用殺虫・殺ダニ・殺線虫剤を提供する。
【解決手段】一般式[I]
【化1】


(式中、Rは、C〜Cアルキル基、C〜Cハロアルキル基又はシクロプロピルメチル基を示し、nは0又は1を示し、A及びAはそれぞれ独立して、水素原子、ハロゲン原子、シアノ基、C〜Cアルキル基又はC〜Cハロアルキル基を示し、Aは水素原子、C〜Cアルキル基を示し、Bは水素原子、ハロゲン原子又はC〜Cアルキル基を示し、Bはハロゲン原子、C〜Cアルキル基又はC〜Cハロアルキル基を示す。)で表される2−フェニルイミダゾール誘導体及びその塩。 (もっと読む)


【課題】本発明は、農園芸用殺虫・殺ダニ・殺線虫剤として優れた土壌処理活性を有する新規な3−トリアゾリルフェニルスルフィド誘導体、及び、該誘導体を有効成分として含有する農園芸用殺虫・殺ダニ・殺線虫剤を提供する。
【解決手段】一般式[I]
【化1】



[式中、
Rは2,2,2−トリフルオロエチル基、 3,3,3−トリフルオロプロピル基又は2,2,3,3,3−ペンタフルオロプロピル基を示し、
nは0又は1を示し、
はハロゲン原子、C〜Cアルキル基(該基はハロゲン原子によりモノ置換又はポリ置換されてもよい)を示し、
は水素原子、C〜Cアルキル基又はC〜Cアルコキシ基を示し、
はハロゲン原子又はメチル基を示し、
はC〜Cアルキル基を示す。]で表される3−トリアゾリルフェニルスルフィド誘導体。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、新規なイソチアゾール化合物又はその塩、及び、従来の植物病害防除剤が有していた、防除効力が不十分であったり、薬剤耐性を有する病原菌の出現によりその使用が制限されたりすることがあるという問題点を解決し、更に防除効果、残効性等に優れた植物病害防除剤を提供する。
【解決手段】本発明は、式[I]
【化1】


[式中、Q、Qはそれぞれ独立に塩素原子又は臭素原子を示す]
で表されることを特徴とするイソチアゾール化合物又はその塩、及び、このイソチアゾール化合物又はその塩を有効成分として含有することを特徴とする農園芸用植物病害防除剤である。 (もっと読む)


【課題】環境ストレス、特に生物ストレス及び/又は無生物ストレスに対する誘導性を示す新規なプロモーターを提供する。
【解決手段】(1) 以下の(a)、(b)又は(c)のDNAを含む、環境ストレス応答性プロモーター。(a) 特定の塩基配列からなるDNA(b) 特定の塩基配列において1若しくは複数の塩基が欠失、置換若しくは付加された塩基配列からなり、かつ環境ストレス応答性プロモーターとして機能するDNA(c) 特定の塩基配列と相補的な塩基配列からなるDNAとストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつ環境ストレス応答性プロモーターとして機能するDNA (もっと読む)


【課題】バシルス属細菌の胞子を高濃度で且つ高発芽率の状態で得る培養方法の開発。
【解決手段】本発明は、リン酸塩濃度および亜硫酸酸化法で求めた酸素移動容量係数で規定する酸素の供給量ならびに攪拌機の回転数を調節することによって、バシルス属細菌の胞子を高濃度でかつ高発芽率の状態で得る培養方法を提供するものである。具体的には、リン酸塩濃度0.05M〜0.15M、酸素移動容量係数100〜350/hr、攪拌速度170m/min以下で培養するのが好ましく、得られた胞子は微生物農薬として使用するのに好適である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、従来の植物病害防除剤が有していた問題点を解決し、更に防除効果、残効性等に優れた植物病害防除剤を提供する。
【解決手段】一般式[I]
【化1】




[式中、Rはピロール、フラン、チオフェン、オキサゾール、チアゾール、イミダゾール、イソキサゾール、イソチアゾール、ピラゾール等の置換基を表し、これらはC−Cアルキル基、ハロゲン原子又はシアノ基より選択される、1〜6個の同一又は相異なる基で置換されていてもよい。]で表される1,2−ベンゾイソチアゾリン 1,1−ジオキシド誘導体又はその塩を有効成分として含有することを特徴とする農園芸用植物病害防除剤。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、作物と雑草に同時に施用しても、作物に対して害を与えずに雑草のみを枯殺する選択作用を有する除草を提供する。
【解決手段】 一般式[I]
【化1】


{式中、−A−B−は基−N−CH(CH)−、基−N−O−又は基−C=C(CH)−などを表し、Xは、ハロゲン原子又はアルキル基などを表し、mは1又は2の整数を表し、nは1〜3の整数を表し、Rは式−CORなどを表し、Rはアルキル基、アルコキシ基又はベンジルオキシ基などを表す。}で示される環状アミド誘導体及びこれを有効成分として含有することを特徴とする除草剤。 (もっと読む)


【課題】従来液体製剤化が困難であった水に対してある程度の溶解性を有する農薬活性成分を用いて、良好な水性液体製剤の形態とすることができる農薬組成物を提供すること。
【解決手段】本発明は、当該農薬活性成分の水に対する溶解度を超える量の農薬活性成分、尿素および水を必須成分として含有し、かつ農薬活性成分および尿素が水に溶解した状態にある水性液状農薬組成物である。農薬活性成分は、その20℃における水に対する溶解度が2%〜50%の範囲内のものである。 (もっと読む)


【課題】本発明は、植物病害に対し、顕著な効果を示す1,2−ベンゾイソチアゾリン 1,1−ジオキシド誘導体及びその活性成分として含有する農園芸用植物病害防除剤を提供する。
【解決手段】一般式[I]
【化1】


[式中、Wはフェニル基で置換されてもよいC−Cアルキレンを表し、Rはピリジン、ピロール、フランを表す]で表される1,2−ベンゾイソチアゾリン 1,1−ジオキシド誘導体又はその誘導体を有効成分として含有することを特徴とする農園芸用植物病害防除剤。 (もっと読む)


51 - 60 / 86