いすゞ自動車株式会社により出願された特許

1 - 10 / 1,721


【課題】運転者の確認行動に起因する運転負荷を、簡易及び安価に精度良く推定する。
【解決手段】前方視認判定部5は、カメラ2から入力した運転者の顔の画像に基づき、運転者の顔が車両の前方を向く前方視認の開始及び終了を検出し、記録部6は、前方視認の開始からその終了までの前方視認持続時間を、発生する前方視認のそれぞれについて計時する。運転負荷推定部7は、所定の単位時間内の前方視認の総発生回数と、単位時間内に計時された前方視認持続時間とに基づいて、運転者の運転中の作業負荷を推定する。運転負荷推定部7は、前方視認の総発生回数のうち前方視認の持続時間が短い短時間前方視認の発生回数の占める割合が高いほど、運転者の運転中の作業負荷が高いと推定する。 (もっと読む)


【課題】無駄な制動や運転者に対する違和感を抑制し、且つ所望の衝突被害軽減効果が得られる衝突被害軽減装置の提供。
【解決手段】走行路特性判定部10は、カメラ2で撮像した走行路の画像情報を用いて走行路の特徴点の数量、車線幅及び曲率を算出し、走行路が、車両1の遠方に存在する対象物を車両1と衝突する可能性が高い障害物であると推定可能な特性を有するか否かを判定する。走行路が上記特性を有する場合、制動タイミング調整部12が、衝突時間算出部11が算出した物体と車両1との衝突時間と判定閾値とを比較して、物体と車両1とが衝突の可能性の高い衝突発生前状態とであると判定したとき、制動制御部13が車両1に対する制動力を発生させる。走行路が上記特性を有しない場合は、車両1と物体との衝突の可能性が第1の衝突発生前状態よりもさらに高い第2の衝突発生前状態と判定されたとき、車両1に対する制動力を発生させる。 (もっと読む)


【課題】車両の全長が変化した場合であっても、車両の全長を推定して出力する。
【解決手段】車両2の前端に設けられた前側センサ30が撮像した前側画像と車両2の後端に設けられた後側センサ31が撮像した後側画像の特徴を抽出する特徴抽出部43と、特徴が一致する前側画像及び後側外部画像に関連付けられた前側画像を撮像した時刻及び後側画像を撮像した時刻に基づいて、両時刻間の時間を検知間隔Tiとして算出する検知間隔算出手段と、両時刻に基づいて、検知間隔Tiにおける車両2の走行速度Vaを算出する速度算出部46と、検知間隔Tiと走行速度Vaとに基づいて、検知間隔Tiにおける走行距離Dを算出する走行距離算出部47と、走行距離Dに基づいて、車両2の全長の推定値である推定値Lを算出する推定部48と、推定値Lを出力する出力部49と、を備える。 (もっと読む)


【課題】簡単な作業によって短時間にスナップリングを穴に装着する。
【解決手段】可動部材20は、ベース部材10の挿通孔2に挿入されスライド移動自在に支持される。挿通孔2は、一端開口3の近傍にリング収容領域5を有し、ベース部材10は、リング収容領域5の内径を一端開口3に向かって徐々に縮径させるテーパ状の内周面13を有する。可動部材20のリング押圧端面23は、可動部材20の一方向への移動によって一端開口3から外部へ突出し、他方向への移動によって一端開口3から挿通孔2に没入する。他方向へのリング押圧端面23の可動範囲は、リング挿入孔14を超えた待機位置を含む。待機位置から一方向へ移動するリング押圧端面23は、リング挿入孔14からリング収容領域5に挿入されたスナップリング30に一端開口3の反対側から当接し、スナップリング30を一端開口3に向かって移動させて一端開口3から外部へ押し出す。 (もっと読む)


【課題】ピストン等の可動部品が無く、耐久性が高く、且つ、熱音響機関を利用する際に、熱源温度を上げることなく必要な圧力を得る。
【解決手段】熱音響ポンプ10は、作動流体が充填された管部20に、加熱部21とスタック22と冷却部23とが配設された複数の熱音響機関11と、複数の熱音響機関11の管部20を多段に接続する接続管12と、最上段に位置する熱音響機関11の管部20に接続された吸入管13と、吸入管13に取り付けられた吸入用逆止弁14と、接続管12に取り付けられた接続用逆止弁15と、最下段に位置する熱音響機関11の管部20に接続された吐出管16と、吐出管16に取り付けられた吐出用逆止弁17とを備え、スタック22は、下段に位置する熱音響機関11のスタック22における作動流体の熱緩和時間が上段に位置する熱音響機関11のスタック22における作動流体の熱緩和時間より短くなるように設定される。 (もっと読む)


【課題】ピストン等の可動部品が無く、耐久性が高く、且つ、熱音響機関を利用する際に、熱源温度を上げることなく必要な圧力を得ることができるポンプを提供する。
【解決手段】熱音響ポンプ10は、作動流体が充填された管部20に、加熱部21とスタック22と冷却部23とが配設された複数の熱音響機関11と、複数の熱音響機関11の管部20を多段に接続する接続管12と、最上段に位置する熱音響機関11の管部20に接続された吸入管13と、吸入管13に取り付けられ、最上段の熱音響機関11側に向かう流れを許容する吸入用逆止弁14と、接続管12に取り付けられ、上段の熱音響機関11側から下段の熱音響機関11側に向かう流れを許容する接続用逆止弁15と、最下段に位置する熱音響機関11の管部20に接続された吐出管16と、吐出管16に取り付けられ、最下段の熱音響機関11側に向かう流れを阻止する吐出用逆止弁17とを備える。 (もっと読む)


【課題】熱音響冷凍装置に関し、冷凍機の出力を効果的に向上させる。
【解決手段】気体が封入される気柱管2と、気柱管2の軸方向に加熱部熱交換器5と再生器7と常温部熱交換器6とを配置した原動機3と、気柱管2の軸方向にクーラ部熱交換器8と再生器10と常温部熱交換器9とを配置した冷凍機4と、クーラ部熱交換器8と隣接する気柱管2に配置されて気体の循環流を抑止する遮断壁12とを備える熱音響冷凍装置1であって、気柱管2の冷凍機4及び遮断壁12が配置される位置に、気柱管2よりも内径が長く、かつ、その軸方向に沿って同一径で延在する拡径部11を形成すると共に、冷凍機4及び遮断壁12を拡径部11内に収容した。 (もっと読む)


【課題】ピストン等の可動部品が無く、耐久性が高いポンプを提供する。
【解決手段】熱音響ポンプ10は、作動流体が充填された管部17に、加熱部18とスタック19と冷却部20とが配設された熱音響機関11と、熱音響機関11の管部17に接続された吸入管12と、吸入管12に取り付けられ、熱音響機関11側に向かう流れを許容し且つ逆方向の流れを阻止する吸入用逆止弁13と、熱音響機関11の管部17に接続された吐出管14と、吐出管14に取り付けられ、熱音響機関11側に向かう流れを阻止し且つ逆方向の流れを許容する吐出用逆止弁15とを備える。 (もっと読む)


【課題】熱音響冷凍装置に関し、再生器で生成された冷凍エネルギを外部に効果的に取り出す。
【解決手段】気体が封入される気柱管2と、気柱管2に加熱部熱交換器5、常温部熱交換器6及び、再生器7を配置した原動機3と、気柱管2に常温部熱交換器9及び、再生器10を配置した冷凍機4とを備える熱音響冷凍装置1であって、再生器10に対して常温部熱交換器9と反対側に位置する気柱管2に、再生器10を通過した気体の流れを蛇行させる少なくとも一つ以上の屈曲部20を形成した。 (もっと読む)


【課題】オフセット衝突時に衝撃エネルギを十分に吸収することができ、且つ相手車両のもぐり込みを防止することができるアンダーランプロテクタ構造の提供。
【解決手段】フロントアンダーランプロテクタ(FUP)5は、シャシフレーム4の前端部下方で車幅方向に延びる。FUPブラケット6は、FUP5の後方の車幅方向両側に左右一対配置され、シャシフレーム4に固定されて下方に延びる。FUP5は、FUPブラケット6の車両前方に延びる第1サポートブラケット7と、第1サポートブラケット7の車幅方向外側に配置されFUPブラケット6から車幅方向外側に斜め前方に延びる第2サポートブラケット8とに固定され支持される。左右一対のFUPブラケット6の間にはクロスメンバ9が配置されて車幅方向に延び、左右一対のFUPブラケット6を連結する。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,721