岩崎電気株式会社により出願された特許

1 - 10 / 533


【課題】閃光放電ランプ点灯装置において、複数並列接続された電源回路の一部が故障した場合でも適切な制御を行う構成を提供する。
【解決手段】並列接続された複数の電源回路、複数の電源回路のからの出力電圧を充電する充電回路、充電回路に充電された電圧を閃光放電ランプに印加するためのイグナイタ回路、複数の電源回路及びイグナイタ回路を制御する制御回路、並びに充電される電圧を検出して検出充電電圧を制御回路に出力する充電電圧検出部を備えた閃光放電ランプ点灯装置において、制御回路は、充電回路の充電が開始されてからの検出充電電圧の上昇速度が所定範囲を外れた場合に複数の電源回路の保護動作を行うように構成した。 (もっと読む)


【課題】電球用ソケットの電源側にチョークコイル安定器が接続されているか否かを検出するためのチェッカー回路及びそれを用いたチェッカー装置を提供する。
【解決手段】電球用ソケットから給電可能な一対の入力端子T1、T2間に接続された第1の回路であって、電圧半導体スイッチ101とコンデンサ102の直列回路からなる第1の回路、及びダイオード103と定電圧ダイオード105と出力素子106を含む直列回路からなる第2の回路を備え、定電圧ダイオード105のツェナー電圧は、交流電源のピーク電圧値よりも高く、かつ入力端子T1、T2がチョークコイル安定器12を介して交流電源に接続される場合に電圧半導体スイッチ101の導通時にコンデンサ102に発生する電圧のピーク値よりも低く、定電圧ダイオード105を介して流れる電流によって出力素子106が活状態となるように構成される。 (もっと読む)


【課題】放熱性に優れた光源ユニットを提供する。
【解決手段】凹状の反射鏡12と、反射鏡12を収める筒状のヒートシンク14と、反射鏡12の正面に配置され、反射鏡12に光を照射する発光素子11が裏面に設けられたフレーム板13と、を備え、フレーム板13を高熱伝導性材から形成し、ヒートシンク14の端部14Aに面接触させて固定した。 (もっと読む)


【課題】閃光放電ランプ点灯装置において、蓄電素子の容量低下を正確に検出し、容量低下に応じて適切な充電制御を行う。
【解決手段】本発明の閃光放電ランプ点灯装置は、入力電圧を昇圧する昇圧回路、昇圧回路の出力を充電する蓄電素子及び蓄電素子の充電電圧を検出する電圧検出回路を有する蓄電回路、閃光放電ランプを絶縁破壊させて蓄電素子からのエネルギーを閃光放電ランプに投入させるためのイグナイタ回路、及び充電電圧が昇圧設定値に達するまで昇圧回路を動作させ、その後イグナイタ回路を起動させる制御部を備え、制御部が、蓄電素子の容量低下量を検出する容量低下検出手段、及び容量低下量に基づいて昇圧設定値を上昇させる昇圧設定手段を備える。 (もっと読む)


【課題】発光素子を効率良く放熱できるようにして放熱特性に優れたランプを提供する。
【解決手段】LEDランプ1は、LED11が実装される実装基板12を基体13の表面に有する複数の平板状の光源ユニット10を備え、これら光源ユニット10が各基体の裏面を内側に向けて軸線周囲に配列され、複数の光源ユニット10が透光性を有するグローブ60で覆われ、グローブ60に端部通風孔62、側部通風孔65、及び、側部通風孔66が設けられている。 (もっと読む)


【課題】高ワットタイプの高圧放電ランプにおいて、電極先端の突起の維持と黒化の防止を両立する電極構造を実現する。
【解決手段】発光管内に一対の電極を備えた定格電力200W〜230Wの高圧放電ランプにおいて、電極の各々が、芯棒及び芯棒の先端部分に巻回されたコイルからなり、コイルが、電極根元側の少なくとも1ターンを残して溶融処理されて形成された電極先端側の溶融部及び電極根元側の非溶融部からなり、高圧放電ランプの定格電力をP(W)とし、溶融部に含まれる芯棒及びコイルの体積をV1、非溶融部に含まれる芯棒及びコイルの体積をV2、溶融比率をα=V1/(V1+V2)×100(%)とした場合に、200≦P≦230について、P/10+42≦αとなるように構成した。 (もっと読む)


【課題】金属基板に発光素子を実装し、電線の端子を、金属基板に貫通させたねじ等の端子固定用部材に結合する場合でも、端子と金属基板の間に十分な沿面距離を得ること。
【解決手段】LED32、及び前記LED32に通電する回路パターン38が表面35Aに設けられ、表裏に貫通する貫通孔80が設けられた金属基板35と、前記金属基板35の貫通孔80に挿通され、電線71の圧着端子79が結合される端子固定用ねじ78と、を備え、電線71の圧着端子79と前記回路パターン38の接触部分である接触部76を前記貫通孔80から離間配置し、前記接触部76と前記貫通孔80の間を絶縁材で覆ったLEDモジュール30を構成した。 (もっと読む)


【課題】平滑コンデンサがフライバックコンバータ等のスイッチング電源回路の後段に接続されるLED点灯装置において、LED消灯後の再点灯時にスイッチング電源回路からLEDに過電流が流れるのを防止し、AC電源オン・オフに伴うLEDのダメージを抑制する。
【解決手段】本発明のLED点灯装置は、トランス及びトランスの二次側に接続された平滑コンデンサを有しLEDに直流電圧を印加するスイッチング電源回路、平滑コンデンサから電圧供給を受けて動作しLEDに流れる電流を検出して検出電流値が目標電流値となるようにスイッチング電源回路を制御するフィードバック回路、及びトランスの一次電圧又は二次電圧の有無を検出し、一次電圧又は二次電圧が発生していない場合にフィードバック回路の動作を無効化するフィードバック無効化回路を備える。 (もっと読む)


【課題】
モリブデンロッドにモリブデン線を密巻きして形成した耐ハロゲン性中間材と、比較的低融点の封着性部材との突合せ溶接時に、封着性部材の溶接部が膨らみ、または封着性部材が不均一に溶融してセラミックメタルハライドランプ発光管のキャピラリに挿入できなくなることを防ぐ。
【解決手段】
モリブデンロッドにモリブデン線を密巻きして形成した耐ハロゲン性中間材5と封着性部材6とを突合せ溶接する前に、封着性部材6の溶接側端面が突合せ溶接の通電開始時にロッド部分のみに接触するような形状の小径部を前記封着性部材6に加工した後、耐ハロゲン性中間材5の片端部と封着性部材6とを突き合わせ溶接することとした。 (もっと読む)


【課題】発光素子を光源に用いた高出力タイプのランプを提供する。
【解決手段】複数の平板状の光源ユニット10を、光源ユニット10の長手方向に延びる支持体20の周囲に配列したランプ1であって、光源ユニット10が、平板状の基体13と、基体13の表面13Aに設けた発光素子11を実装する実装基板12と、を備え、光源ユニット10における基体13の裏面13Bの一部が、支持体20と基体13の裏面13Bとの間に空気が流通する空間Rを設けて、支持体20に支持されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 533