エーザイ株式会社により出願された特許

71 - 80 / 102





[式中、Rはメトキシ基、メチルチオ基、エチル基等、RおよびRはそれぞれ独立してシクロプロピルメチル基、(4−テトラヒドロピラニル)メチル基等、R40、R41およびR42のうち2つはC1−6アルコキシ基、残り1つはメトキシメチル基等である。]で表わされる化合物もしくはその塩またはそれらの水和物。この化合物は、副腎皮質刺激ホルモン放出因子(Corticotropin−releasing−factor)受容体に対し優れた拮抗作用を有する。
(もっと読む)


本発明により、分裂停止直後のドーパミン産生ニューロン前駆細胞に特異的、且つ一過性に発現する新規遺伝子65B13が得られた。細胞における該65B13の発現を指標とすることにより、安全面、生存率及びネットワーク形成能の面でもパーキンソン病を含む神経変性疾患に対する移植治療に適した細胞を選択することが可能となった。 (もっと読む)


【課題】Aβ凝集抑制剤の提供。
【解決手段】アセチルコリンエステラーゼとAβとの相互作用を抑制することができる化合物、好ましくはアセチルコリンエステラーゼの機能を低下させ、かつ、実質的にアセチルコリンエステラーゼとAβとの相互作用を抑制することができる化合物を含有する、Aβ凝集抑制剤。
(もっと読む)


細胞の異常消失により引き起こされるか、もしくはこれを特徴とする状態の予防および/もしくは治療のための、並びに/または、過剰体重および肥満の予防および/もしくは治療のための医薬組成物の製造のための、同じ条件の同じ試験において試験した場合に胃抑制性ポリペプチド、GIPの活性の50%活性以上を有する化合物の使用、並びに/または、GIP、その類縁体およびそのフラグメントの使用。過剰体重および肥満の予防および/または治療のための上記化合物。細胞の増殖亢進および/もしくは異常に低い体重により引き起こされるか、もしくはこれを特徴とする障害の予防並びに/または治療のためのGIPまたはGIP受容体に対するアンタゴニストの使用。 (もっと読む)


本発明は、血中活性型グルカゴン様ペプチド−1(GLP−1)および/または血中活性型グルカゴン様ペプチド−2(GLP−2)による作用増強を有することを特徴とする、ジペプチジルペプチダーゼIV(DPPIV)阻害剤とビグアナイド剤とを組み合わせてなる医薬を提供する。 (もっと読む)


【課題】使用感が良好で、長期間保存しても粘度が低下したり、分離したりしない安定な外用美白剤組成物を提供する。
【解決手段】アスコルビン酸誘導体を含有する外用組成物は、アスコルビン酸誘導体の影響を受け、粘度が低下したり、分離したりしやすいという問題があった。アスコルビン酸グルコシド、アルキル化水溶性高分子、pH調整剤および水を配合することによって、長期間保存しても粘度が低下し、分離したりすることがない外用組成物を製造するという上記の課題を解決することができた。 (もっと読む)


【課題】使用感が良好で、長期間保存しても粘度が低下したり、分離したりしない安定な外用美白剤組成物を提供する。
【解決手段】アスコルビン酸誘導体を含有する外用組成物は、アスコルビン酸誘導体の影響を受け、粘度が低下したり、分離したりしやすいという問題があった。アスコルビン酸グルコシド、アルキル化水溶性高分子(アルキル変性カルボキシビニルポリマーを除く)、pH調整剤および水を配合することによって、長期間保存しても粘度が低下し、分離したりすることがない外用組成物を製造するという上記の課題を解決することができた。 (もっと読む)


【課題】
光に対する安定性が改善され、かつ服用性または利便性に優れたアンピロキシカム含有医薬組成物を提供する。
【解決手段】
本発明は、アンピロキシカムとフェノール性化合物を含有する医薬組成物を提供する。また、本発明は、黄色三ニ酸化鉄さらに含有する医薬組成物を提供する。さらに、本発明は、フェノール性化合物によるアンピロキシカム含有医薬組成物の光安定化方法を提供する。さらにまた、本発明は、フェノール性化合物によるアンピロキシカム含有医薬組成物の製造方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、プロテオーム解析において、より発現量の少ないタンパク質を効率よく同定することにある。より詳細には、ゲル中のタンパク質を消化し、抽出する過程において添加される、効率のよい界面活性剤を見出し、従来の方法では検出することができなかった発現量の少ないタンパク質を同定することにある。
【解決手段】ゲル中のタンパク質を消化する際に、5-cyclohexyl-pentyl-beta-D-maltosideを添加したところ、ゲル中のタンパク質を消化し、抽出する効率が向上することを見出した。そして、質量分析計で測定し、タンパク質を同定したところ、従来の方法では、検出することができなかったタンパク質を同定することができることを見出した。 (もっと読む)


本発明は、大環状化合物、その合成並びにそれを得るための中間体を提供する。そのような化合物並びにその組成物は、増殖性疾患の治療若しくは防止に有用である。式(F−4)
(もっと読む)


71 - 80 / 102