エーザイ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 102


【課題】感染症(sepsis)、敗血症(septicemia)及び種々の敗血症性ショックの形を含むエンドトキセミアの予防的及び積極的治療に有用な新規な置換されたリポ糖類及びこれらの剤を用いる方法、これらの剤を調製する方法及び調製するための有用な中間体の提供。
【解決手段】下記式で表される化合物又はその医薬的に受容可能な塩。該化合物は糖の水酸基およびアミノ基への置換基導入反応により調製される。
(もっと読む)


【課題】 アトピー性疾患の痒みやステロイド剤などが効かない痒みに対して、直接的に痒みに作用し、即効性のある止痒剤の提供。
【解決手段】一般式(I)で表される化合物もしくはその塩またはそれらの水和物を有効成分とする止痒剤。


[式中、Rは置換基群Xから選択される置換基を1−3個有していてもよい5−14員へテロアリール基であり;RおよびRはそれぞれ独立して、C1−6アルキル基であり;Lは単結合または−NH−CO−であり;置換基群Xはハロゲン原子、C1−6アルキル基、C1−6アルコキシ基、C1−6アルキル基で置換されていてもよいアミノ基、C1−6アルキルスルフィニル基および3−8員非芳香族ヘテロ環式基からなる。] (もっと読む)


【課題】 薬物の含量の高い混合粉末を、乾式造粒する際に、薬剤の流動性が悪い場合には、圧縮成型を行う機械に適切に粉体を供給できないこと、及び薬剤の圧縮成形性が余りに悪い場合には成形体を得ることが困難なことがあった。
【解決手段】 薬効成分に、(1)軽質無水ケイ酸、及び(2)常温で固体状態である低融点物質を添加して乾式造粒することにより、薬物の物性による影響を受けることなくに優れた流動性を確保し、尚且つ、乾式造粒した後に、高度な圧縮成形性を維持した乾式造粒物及び同乾式造粒物を打錠した錠剤を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、3−クロロ−7−ニトロインドール(II)およびN−(3−クロロ−1H−インドール−7−イル)−4−スルファモイルベンゼンスルホンアミド(VI)を効率よく製造する方法を提供すること。
【解決手段】
7−ニトロインドールを含水溶媒下、N−クロロスクシンイミドによりクロル化し、3−クロロ−7−ニトロインドール(II)
【化002】


を製造し、該化合物を還元することにより得られる、3−クロロ−7−アミノインドールまたはその塩酸塩と、4−アミノベンゼンスルホンアミドから合成される4−スルファモイルベンゼンスルホニルクロリドとを塩基存在下反応させることによる、高純度のN−(3−クロロ−1H−インドール−7−イル)−4−スルファモイルベンゼンスルホンアミド(VI)
【化1】


の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 試料に試薬等を供給する際に試料の破損及び損傷を十分に防止しつつ、試薬等を吸入する際に目詰まりを有効に防止できるピペットチップを提供する。
【解決手段】 ピペットチップ10は、基部11、中位部12、及び先端部13を備えており、他方端10bから一方端13aに向かって先細りに形成されている。基部11は、ピペット(図示せず)が装脱着される部位である。また、先端部13は、中位部12の先端から延長するように形成されており、その先端は底壁(図示下壁)により閉止されている。さらに、先端部13の底壁近傍の周壁には、貫通孔K,Kが互いに対向する位置に穿設されている。 (もっと読む)


【課題】感染症(sepsis)、敗血症(septicemia)及び種々の敗血症性ショックの形を含むエンドトキセミアの予防的及び積極的治療に有用な新規な置換されたリポ糖類及びこれらの剤を用いる方法を提供する。
【解決手段】下記化合物1に表わされる化合物。
(もっと読む)


【課題】アポトーシス及び/又は炎症に関連する神経変性疾患の予防及び/又は治療において有効な新規化合物の提供。
【解決手段】式(I)で示される新規な化合物の提供。


(但し、Rは任意に置換された炭素環又はヘテロ環基であり、Rは任意に置換された5若しくは6員のヘテロ環基又は任意に置換された6員の炭素環基であり、Eは水素、ハロゲン、シアノ、C1−6アルコキシ又はC1−6アルキルであり、Gは水素、ハロゲン、シアノ、C1−6アルコキシ又はC1−6アルキルであり、Lは水素、ハロゲン、シアノ、C1−6アルコキシ又はC1−6アルキルである。) (もっと読む)


【課題】 生体分子が含まれるゲル等の担体から目的のバンド又はスポットを簡易に且つ再現性よく切り出すことができ、ゲルからの目的物質の回収率をも高めることが可能な試料採取具を提供する。
【解決手段】 チップ1は、略円筒状を成す胴部10の一方端10aに方形カップ状の採取部20が設けられたものである。胴部10は、基部11、中位部12、及び先端部13から成っており、他方端10bから一方端10aに向かって先細りに形成されている。また、先端部13と採取部20とは、採取部20の底壁21で隔てられているが、底壁21には細孔Hが穿設されており、これにより胴部10の内部空間と採取部20の内部空間とが連通している。 (もっと読む)


本発明は、toll-like receptor 4アンタゴニストの投与を包含する、口腔粘膜炎及び胃腸粘膜炎の重篤性を緩和させる方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、長期間保存した場合であっても沈殿及び滓の析出がなく、安定性に優れた液剤組成物等を提供することを目的とする。
脂溶性物質と、ショ糖脂肪酸エステルと、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油と、ポリグリセリン脂肪酸エステルと、多価アルコールと、水とを含有することを特徴とする液剤組成物である。脂溶性物質が、ビタミンE類から選択される少なくとも1種である態様、脂溶性物質の含有量が、3〜15質量%である態様などが好ましい。該液剤組成物を含有してなることを特徴とする医薬品及び化粧品並びに飲食品である。 (もっと読む)


1 - 10 / 102