沖電気工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 6,645


【課題】簡易な構成によりフラップのような介在部材とプラテンの間に隙間を確保する。
【解決手段】所定の移動方向に沿って移動しながら媒体に印刷を行う印刷部と、前記印刷部の印刷面に対向する側に前記印刷部の移動方向に沿って設けられたプラテン30と、前記プラテン30を前記印刷部側に付勢する付勢部材32A、32Bと、前記印刷部と前記プラテン30の間に介在することにより前記印刷部と前記プラテンとの間にギャップを与える介在部材34と、を備え、前記プラテン30は、前記媒体が搬送される領域の外側に段差部を有する、印刷装置。 (もっと読む)


【課題】排出すべき媒体に関し異なる要求に対応し得るようにする。
【解決手段】リジェクト部25は、開閉抑制部35を後方位置に移動させたときには、カンヌキ部41を扉33の回動範囲外に退避させ当該扉33を自在に開閉させて硬貨CNの排出を許容する排出許容状態とする一方、開閉抑制部35を前方位置に移動させたときには、カンヌキ部41の前面41Yと段差32Sとの間に扉33を挟み込んで閉塞状態に保持し、硬貨CNの排出を禁止する排出禁止状態とすることができる。そしてリジェクト部25は、内部機構14が露出状態にあるときのみ開閉抑制部35の操作部43に対する操作を可能とし、当該開閉抑制部35が一時的に上方へ持ち上げられると共に前後へ力が加えられることにより当該開閉抑制部35を前後に移動させて、排出許容状態と排出禁止状態とを容易に切り替えさせることができる。 (もっと読む)


【課題】媒体の安定的な搬送と作業性の確保とを両立し得るようにする。
【解決手段】紙幣補充回収機4は、繰出回動部61が閉状態にあるときには、副ガイド部33Bを受渡部ロワガイド42の爪状部42Bの直下に位置させて繰出部ロワガイド33と受渡部ロワガイド42とを適切に噛み合わせ、繰出部23と受渡部24との間で紙幣を安定的に案内させる。また紙幣補充回収機4は、スプリング48の復元力により受渡回動部62を開方向S1へ付勢する一方、カム曲線部38によりカム追従部45を介して下方向へ押し付けるため、繰出回動部61を回動させる際、当該受渡回動部62を連動させるよう回動させ、受渡部ロワガイド42を繰出部ロワガイド33及び受渡部アッパガイド35等と当接若しくは干渉させること無く持ち上げて軌跡Cの外側へ誘導することができ、保守作業等における作業性を格段に高めることができる。 (もっと読む)


【課題】オートホン機能と視覚障害者用操作制御機能に併用されるハンドセットを有する取引装置の設置費用や運用費用等のコストを軽減する。
【解決手段】本発明は、呼出及び取引操作に兼用されるハンドセットを有する取引装置において、呼出信号が入力されると、ネットワークを介して外部又は内部の呼出端末と接続し、ハンドセットからの音声信号に基づく音声パケットによる音声通信を行なう音声通信部と、ハンドセットと音声通信部との間で授受される音声信号を相互にアナログ/ディジタル変換を行う信号処理部と、取引操作信号が入力されると、ハンドセットを用いた取引操作に係る音声案内をハンドセットに出力し、ハンドセットからの操作信号に基づいて取引処理を行う取引制御部とを備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】リジェクト紙幣の回収における利便性を向上させることが可能な紙幣処理装置を提供する。
【解決手段】紙幣が正常であるか否かを認識する紙幣認識部と、前記紙幣認識部によって異常と認識された紙幣が収納されるリジェクト庫と、を備え、前記リジェクト庫は、開閉に所定の権限を要するユニット外に設けられる、紙幣処理装置。 (もっと読む)


【課題】運用の継続性を高め得るようにする。
【解決手段】現金自動預払機1の紙幣入出金機10は、通常の入金取引において、入金された紙幣を入出経路R1、鑑別経路R2及び一時保留経路R3により一時保留部14へ搬送して保留した後、一時保留経路R3、鑑別経路R2及び保留収納経路R5により収納振分部17Bへ搬送して収納庫18に収納させる。一方紙幣入出金機10は、一時保留部14を使用しない入金取引において、入金された紙幣を入出経路R1、鑑別経路R2及び直接収納経路R7により収納振分部17Bへ搬送して収納庫18に直接収納させる。かくして紙幣入出金機10は、一時保留部14を使用できない場合であっても入金された紙幣を鑑別部13により鑑別した上で収納庫18へ収納させることにより入金取引を行うことができ、現金自動預払機1における運用の継続性を高めることができる。 (もっと読む)


【課題】 RTPの枠組みの中で、メディア情報以外の付加情報を、メディア情報の伝送に悪影響を与えないように伝送できる通信システムを提供する。
【解決手段】 送信側の通信装置は、伝送したい付加情報の種類に応じて定まる伝送の仕方(例えば、単位時間当たりの送信数)で、ヘッダのペイロードサイズのフィールドに0が記述されたRTPパケットを送信する。受信側の通信装置は、ヘッダのペイロードサイズのフィールドに0が記述されたRTPパケットの到来の仕方を把握することにより、送信側の通信装置が伝送したかった付加情報を認識する。 (もっと読む)


【課題】紙幣収納部が小型化された紙幣集積機構を提供する。
【解決手段】フィードローラ1a及び従動ローラ2aは、紙幣収納部13aの上方に、紙幣収納部の入口14aを介して対向して配置されており、ステージ5aは、紙幣収納部内を上下方向に移動可能に配置されており、舌片3aは、紙幣収納部の上方から紙幣を略垂直方向に紙幣収納部内へ搬送するように、紙幣収納部の入口を介してフィードローラ及び従動ローラのいずれか一方と対向して配置されている。さらに、紙幣収納部13aは、紙幣の搬送方向の辺に対応する幅L1が紙幣12の搬送方向の辺の長さよりも短く形成されていて、紙幣を傾斜姿勢又は立位姿勢で収納する。 (もっと読む)


【課題】紙幣収納部から紙幣認識部に紙幣を搬送する経路と重複しないリジェクトルートを確保することが可能な紙幣処理装置を提供する。
【解決手段】紙幣が排出される排出口と、紙幣が正常であるか否かを認識する紙幣認識部と、前記紙幣認識部により異常と認識された紙幣が収納される収納専用収納部と、を備え、紙幣の収納および繰り出しが可能な1または2以上の紙幣収納部が、前記紙幣認識部と前記収納専用収納部の間の前記排出口側の第1の経路、および前記第1の経路と逆側の第2の経路のうち、前記第2の経路側にのみ設けられる、紙幣処理装置。 (もっと読む)


【課題】アウトバウンド業務で、顧客本人以外の同一世帯の顧客が応答した場合には、顧客本人と共に応答顧客についても履歴管理できるようにする。
【解決手段】本発明は、顧客情報記憶手段と世帯者情報記憶手段を参照し、今回の対象顧客と同一世帯に当該架電対象の別の対象顧客がいるか否かを判定し、今回の対象顧客と同一世帯に別の対象顧客がいると判定された場合に、今回の対象顧客及び同一世帯の対象顧客の応答結果を同時に入力する架電結果情報をオペレータ端末に提供し、オペレータ端末から受け取った、今回の対象顧客及び同一世帯の対象顧客の応答結果が入力された架電結果情報に基づいて、今回の対象顧客及び同一世帯の対象顧客の応答結果を、対応する顧客の顧客情報に登録する。 (もっと読む)


1 - 10 / 6,645