石原産業株式会社により出願された特許

281 - 289 / 289


【課題】 サンプル数が少なく、説明変数の数が膨大である場合でもオーバーフィットを克服してカテゴリー分類能力の高いデータ解析ができる方法を提供する。
【解決手段】 遺伝的アルゴリズムを用い、各サンプルにおける各カテゴリーの重み付け平均された帰属尤度に基づいて適応度を計算しつつ、多変量正規分布モデルの第1次最適解を複数個得て(ステップ21)、それら複数個の第1次最適解の重み付け平均最適解を算出して第2次最適解を求める(ステップ22)。 (もっと読む)


【課題】長年にわたり、多数の有害生物防除剤が使用されているが、効力が不十分、有害生物が抵抗性を獲得しその使用が制限される等、種々の課題を有するものが少なくない。従って、かかる欠点の少ない有害生物防除剤の開発が望まれている。
【解決手段】ピリミジン系化合物につき種々検討した結果、本発明を完成した。すなわち本発明は、式(I):
【化1】


(式中、Xはアルキニル又はハロアルキニルであり;Yは−NR基又は窒素原子がピリミジン環と結合する3〜8員の含窒素飽和環状基であり;Zはハロゲン、アルキル又はハロアルキルであり;nは0〜2であり;Rは置換されてもよいシクロアルキルであり;Rは水素原子、置換されてもよいアルキル、置換されてもよいアルケニル、置換されてもよいアルキニル、置換されてもよいアリール又は置換されてもよいアリールアルキルである)で表されるピリミジン系化合物である。 (もっと読む)


ナトリウム、カリウムなどのアルカリ金属、マグネシウム、カルシウムなどのアルカリ土類金属、アルミニウム、亜鉛、鉄などの原子価4以下の金属元素を特定量以下に抑制した二酸化チタンを用い、その二酸化チタンの水性懸濁液に、スズ化合物およびリン化合物を含む酸水溶液とアルカリ水溶液とを該水性懸濁液のpHを2〜6の範囲あるいは8〜12の範囲に維持するように加え、次いで、600〜925℃の温度で焼成し、良好な導電層を有する二酸化チタンを提供する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、新規なベンゾイルピリジン誘導体またはその塩を含有する殺菌剤に関する。
【解決手段】 薬剤散布後に作物が降雨を被った場合においても優れた効果を発揮できる、いわゆる耐雨性を有する特定の3-ベンゾイル-2,4,5-置換ピリジン誘導体またはその塩からなる化合物群またはそれらを含有する殺菌剤を提供することにより、薬剤散布後の降雨を考慮して薬剤の使用回数、或いは使用量等を増やす必要がなく、より安いコスト、より少ない手間で作物を病害から守ることができる。 (もっと読む)


【構成】半導体と分光増感色素とを含有した液体を加熱還流して、該半導体表面に該分光増感色素を吸着させてなる光電変換材料用半導体である。
【効果】半導体表面に分光増感色素が強固に吸着するため、優れた光電変換効率を有する。太陽電池などの種々の光電変換材料に有用である。 (もっと読む)



【構成】軽石、スコリアなどの無機多孔質粒子の表面及び該無機多孔質粒子が有する空孔壁に光半導体粒子を付着して成る光触媒体。
【効果】長期間に渡って安定した光触媒機能を有し、被処理水系からの分離操作が極めて容易であるため種々の光触媒反応に利用できる。特に、水の浄化に有用であり、水に含まれる藻類、菌類、細菌類などの有害生物の死滅、有害な物質の分解、さらには脱臭、脱色を簡便、且つ容易に行うことができる。 (もっと読む)


【構成】Ba、Pb、Sr、MgおよびCaから選ばれる少なくとも一種の元素の水和酸化物と、比表面積が50m2 /g以上の、Ti、Zr、HfおよびSnをから選ばれる少なくとも一種の元素の水和酸化物とからなる水性懸濁液を水熱処理して得られたペロブスカイト型化合物を圧密粉砕機で粉砕する。
【効果】不純物の含有量が少なく、バインダに対する分散性のよい微粒子のペロブスカイト型化合物粉末が得られる。このペロブスカイト型化合物粉末は低温焼結性に優れ、焼結体としたときの充填率を高めることができ、誘電性や圧電性などの特性を改善することができる。 (もっと読む)


【構成】本願発明は、酸化チタン粒子および酸化チタン膜の製造方法に関する。酸化チタン微粒子の懸濁液を特定のpH領域で100℃以上の温度で水熱処理して、該微粒子を結晶成長させることにより本願発明の酸化チタン粒子を製造する。また、このようにして得られた酸化チタン粒子を水に懸濁液させ、さらに特定のpHに調整した後、該懸濁液を支持体に塗布し、次いで焼成して酸化チタン粒子を該支持体上に固着せしめることにより本発明の酸化チタン膜を製造する。
【効果】本発明で得られる酸化チタン粒子および酸化チタン膜は、顔料、紫外線吸収剤、フィラー、光学材料、電子材料、光電変換材料、装飾用材料、触媒、光触媒、触媒担体、吸着剤、バイオリアクターなどに用いられる。 (もっと読む)


281 - 289 / 289