株式会社ADEKAにより出願された特許

981 - 987 / 987


【目的】 低毒性で、電気絶縁性および耐熱性に優れた塩化ビニル系樹脂組成物を提供すること。
【構成】 本発明の電線被覆用塩化ビニル系樹脂組成物は、塩化ビニル系樹脂100重量部に、下記〔化1〕の一般式(I)で表されるハイドロタルサイト化合物の少なくとも一種0.05〜10重量部および下記〔化2〕の一般式(II)で表されるアルカリ土類金属の珪酸塩の少なくとも一種0.001〜3重量部を配合してなるものである。
【化1】


【化2】
(もっと読む)



【目的】 調理加工食品の風味等を損うことなく、該食品の日持ちを向上させることができる調理加工食品用日持ち向上剤の提供。
【構成】 本発明の調理加工食品用日持ち向上剤は、有機酸を主剤とする食品保存料及びクルクリンからなる。 (もっと読む)


【目的】 冷蔵状態で流通・保存した場合や、ヒートショックを受けた場合でも製品(成形された可塑性油脂組成物)が互いに付着せず、使用時における作業性に優れるように、可塑性油脂組成物を成形することができる可塑性油脂組成物の成形方法を提供すること。
【構成】 可塑性油脂組成物を、所定の断面形状を有するノズルを通して、溶液中に連続的に押し出し成形した後、乾燥する可塑性油脂組成物の成形方法であって、上記溶液として、あらかじめグリセリン酢酸脂肪酸エステル及び/または中鎖脂肪酸トリグリセライドを溶解した、エタノール溶液またはエタノール水溶液を用いることを特徴とする可塑性油脂組成物の成形方法。 (もっと読む)


【目的】 風味良好な新規の油脂組成物、及び該油脂組成物を用いて得られる、風味良好で乳化安定な新規の乳化油脂組成物を提供すること。
【構成】 油脂組成物は、油脂とポリグリセリンからなる混合物に、リパーゼによるエステル交換反応を行わせて得られる。また乳化油脂組成物は、油脂とポリグリセリンからなる混合物に、リパーゼによるエステル交換反応を行わせて得られた油脂を含む油脂分と水分を乳化させて得られる。 (もっと読む)



【目的】 低毒性で優れた電気絶縁性を有する含ハロゲン樹脂組成物の提供。
【構成】 本発明の含ハロゲン樹脂組成物は、含ハロゲン樹脂100重量部に、(a)下記〔化1〕の一般式(I)で表されるハイドロタルサイト化合物の少なくとも一種0.05〜10重量部、及び(b)アルミニウムもしくはアルカリ土類金属のケイ酸塩の少なくとも一種0.001〜3重量部を配合してなる。
【化1】
Mgx1Znx2Al2 ・(OH)2x1+2x2+4 ・(CO3)1-y/2 (ClO4) y ・mH2O (I)
(式中、x1 、x2 及びyは各々下記式で表される条件を満足する数を示し、mは0または任意の整数を示す。0≦x2 /x1 <10、2≦x1 +x2 <20、0<y≦2) (もっと読む)


981 - 987 / 987