アロン化成株式会社により出願された特許

101 - 110 / 317


【課題】本発明は、片手で容易に折り畳むことができ、しかも折り畳み状態で自立する歩行補助車を提供することを課題とする。
【解決手段】座部10の後端部に、ばね26が接続されることにより下向きに付勢されている把手22を上下回動自在に取り付け、かつ前脚部32から差し出された左右一対のリンク部材43,43間にロックバー18を左右方向に差し渡し、該把手22から下向きに差し出される係合フック25を該ばね26の付勢力によって該ロックバー18に係合させ、該ばね26の付勢力に抗して該把手22を上方に回動させると、該係合フック25と該ロックバー18との係合が解除されるようにした。該把手22を上方に引き上げると、座部10が上方に回動すると共に前脚部32及び後脚部41が相互回動して前輪7Aと後輪7Bとが接近し、折り畳み状態となる。 (もっと読む)


【課題】 樹脂製管、特に地中に埋設される樹脂製管の強度向上させるための、構成が簡易で、取り扱いが容易で、しかも強度付与を確実に行える保護方法と、それに用いられる樹脂製管用保護部材を提供する。
【解決手段】 一端面を軸線Pに対して垂直な垂直面2とし、他端面を軸線Pに対して所定角度で傾斜する傾斜面3とした所要の幅と径とを有するリング部材を、保護すべき樹脂製管の外周部の形状に合わせた形状となるよう、一方のリング部材1Aのいずれかの端面2又はと3、他方のリング部材1Bのいずれかの端面2又は3を適宜組み合わせながら、樹脂製管に連続的に外嵌させて、当該樹脂製管の外圧に対する強度を向上させる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、交換時期が明瞭な車輪を提供することを課題とする。
【解決手段】ホイール21Aにおけるリム部50の外周面には、周方向に沿って突起51Aが複数設けられている。該突起51Aは、タイヤ22と異なる色に着色され、かつ該タイヤ22より硬い材料とされ、該突起51Aを被覆するようにタイヤ22が該リム部50の外周面に被着されている。前記タイヤ22が使用により摩耗してくると、該突起51Aの先端52Aが表面に露出した状態となる。 (もっと読む)


【課題】異種の管体を組合わせ、これを適切な位置に配管することにより、現場作業の簡略化を図ることのできる給水給湯配管システムを提供する。
【解決手段】床下空間部に配設される給水給湯配管システムであって、給水給湯源に接続されるメイン配管1、3と、該メイン配管1、3に継手を介して接続され、床板Pまで立ち上げられる第1分岐配管2、4とを備えている。前記メイン配管1、3は金属補強層20を有する管体からなり、前記第1分岐配管2、4は前記メイン配管1、3よりも可撓性が大きい管体からなる。 (もっと読む)


【課題】取扱いの安全性に優れ、且つ折り畳み状態を適切に維持することができる折り畳み椅子を提供する。
【解決手段】折り畳み椅子は、一方のフレーム部材42の水平部21に設けられる凸部又は凹部と、座部13とは別体に形成されて該座部13の裏面に設けられ、折り畳み時に前記フレーム部材42の水平部21の凸部又は凹部が嵌合する凹部又は凸部が形成されたロック部材32とからなるロック機構34を有している。折り畳み椅子の折り畳み状態は、かかるロック機構34により維持される。 (もっと読む)


【課題】弁体の開閉動作を安定してスムーズに行うことのできる排水用通気弁を提供する。
【解決手段】排水用通気管Aに接続され、該排水用通気管A内が負圧になると自動的に開弁して前記排水用通気管A内に空気を導入する排水用通気弁1であって、前記排水用通気管Aに接続される接続口15と、空気を導入する通気口16と、該通気口16の周囲に設けられる弁座17とを有する本体2と、該本体に設けられるカバー体3と、閉弁時に弁座17により支持され、前記通気口16を開閉すべく昇降自在に設けられる弁体30とを備えている。前記本体2及びカバー体3は、前記弁体30の昇降動作時に該弁体30をガイドするガイド手段を夫々有している。 (もっと読む)


【課題】 要介助者が浴槽へ出入りするときに手摺に足が引っ掛かることを抑制することができる浴槽を提供する。
【解決手段】 浴槽10は、桶状のバスタブ11を有しており、該バスタブ11の第1及び第2長側壁22a,22bの内面の上端部には複数の取付凹部24が凹設されている。該取付凹部24の内側には、要介護者の入浴を補助するための手摺り棒32が設けられているとともに、該手摺り棒32は、その全体が該取付凹部24の内側に収容されるように配置されており、該バスタブ11の内側へ突出しないように構成されている。 (もっと読む)


【課題】本発明は建物内の排水を屋外へ排出する排水管を簡単かつ容易な作業で行なうことを課題とする。
【解決手段】建物床下基礎コンクリート層13に埋設されているさや管15内に排水管12を挿通するが、該さや管15内において該排水管12の外寄り部分を可撓管12Aとし、内寄り部分は切断して長さ調節することが容易な直管12Bとし、可撓管12Aの屋外側端は屋外側ソケット16を介して螺着した位置決めナット24によって位置決め固定する。 (もっと読む)


【課題】伸縮性、ガスバリア性、および不織布との接着性が良好な、好ましくは透明性も良好な貼付剤支持体を提供する。また薬効成分や水分などの染み出し、揮発が防止され、効果が長時間持続するとともに、薄膜化可能で美観も維持される伸縮性良好な貼付剤を提供する。
【解決手段】芳香族ビニル単量体単位を主要構成単位として含有する重合体ブロックXを2個以上、および共役ジエン単量体単位を主要構成単位として含有する重合体ブロックYを1個以上有するブロック共重合体またはその水素添加物であり、重量平均分子量が5万〜20万であるブロック重合体A100重量部、軟化剤B5〜150重量部、ポリオレフィンC10〜400重量部含有するエラストマー組成物Dの被膜F、および不織布Gからなり、不織布Gは片面がほぼ均一に被膜Fで被覆されたものである貼付剤用支持体、および該支持体が使用された貼付剤。 (もっと読む)


【課題】閉弁時に於ける臭気の外部漏出を適切に防止することのできる排水用通気弁を提供する。
【解決手段】排水用通気管Aに接続され、該排水用通気管A内が負圧になると自動的に開弁して前記排水用通気管A内に空気を導入する排水用通気弁1であって、前記排水用通気管Aに接続される接続口15と、空気を導入する通気口16と、該通気口16の周囲に設けられる弁座17とを有する本体4と、前記通気口16に開閉自在に設けられる弁体30とを備えている。前記弁体30は、弁本体34と、該弁本体34の周縁部の表裏両面を覆うように設けられ、前記弁座17上に接離自在なパッキン35とを有している。 (もっと読む)


101 - 110 / 317