曙ブレーキ工業株式会社により出願された特許

621 - 621 / 621


【目的】 電気信号によってブレーキ作動をおこなわせるブレーキアクチュエータに、電気的制御不能によるブレーキ力消失時においてもブレーキアクチュエータを作動できる機械式ブレーキ作動機構を組込み、ブレーキアクチュエータの安全性を向上する。
【構成】 電気的失陥が発生しレバー18が図面に垂直方向に回転すると軸19が回転しボールランプ機構17が作動しクラッチ16を接続する。更にこの状態で軸19が回転を続けるとギア14が回転し、スクリュウ9の回転により、ナット7がピストン6のシリンダ内を摺動し、ナット7が図中右方に移動し、スリーブ10がピストン底部に当たる。この状態で更にナット7が右動するとブレーキパッド2及び3がロータ4を挟みロータに制動力を付与する。 (もっと読む)


621 - 621 / 621