ペンタックス株式会社により出願された特許

41 - 50 / 1,878


【課題】特にステージ装置、ぶれ補正装置の擦動部に付着した塵等を確実に払拭できるステージ装置、ぶれ補正装置およびその駆動方法を提供する。
【解決手段】CCD45が搭載され、X方向駆動用コイルCX、Y方向駆動用コイルCYA、CYBが形成された可動部50をベースヨーク板31と駆動用ヨーク板32との間に保持し、可動部50の表裏面に形成された平滑面40a、41aを擦動自在に挟圧する押しピン63と基板支持突起65により直線および回動移動自在に支持したステージ装置において、可動部50をその可動範囲中心から発散する渦状軌跡を描いて運動させる渦状信号をコイルCX、CYA、CYBに出力する渦状駆動信号源83を備えた。 (もっと読む)


【課題】自然災害等の事態が発生したとき、簡易な構成によって現場の状況を伝える画像を得る。
【解決手段】メイン電源がOFFの間、電源コントローラ50を介して非常用CPU64、手ぶれ検出部20へ電源を供給する。そして、手ぶれ検出部20を利用し、地震等によるカメラの揺れが生じているか否かを判断する。カメラの揺れが検出されると、電源コントローラ50によってメイン電源をONに切り替え、静止画像の記録、動画像を記録するための撮影動作を実行させる。 (もっと読む)


【課題】有機EL素子が設けられたファインダー光学系において、有機EL層による発光表示のコントラストを高める。
【解決手段】発光表示部16は、ファインダー装置において、被写体からの光が通過する光路に交差するように配置する。発光表示部16は、透明基板41と、密閉空間39を形成するために設けられる封止部材42と、密閉空間39内に配置される発光部26Cを備える。ファインダー装置において、透明基板41を接眼側に、封止部材43を対物側に配置する。透明基板41と共に、発光部26Cの有機EL層33bを挟むように、封止部材42上に第1の遮光マスク51を形成する。 (もっと読む)


【課題】内視鏡の湾曲部が小さな曲率半径で大きな角度に屈曲操作されても、可撓性シースの先端近傍内に配置されたクリップが湾曲部内で折損しない内視鏡用クリップ装置を提供すること。
【解決手段】内視鏡の処置具挿通チャンネルに挿脱される可撓性シース1の先端近傍内に配置されたクリップ10の長手方向の途中の部分に、支軸14を中心に屈曲自在な屈曲自在部Aを設け、可撓性シース1内においてクリップ10が屈曲自在部Aで自由に屈曲することができるようにした。 (もっと読む)


【課題】拡大観察において有益な診断を行う。
【解決手段】ビデオスコープを備えた電子内視鏡装置において、スケールフィルタ14をCCD16と対物光学系12との間に配置し、クランク機構によって、光路上あるいは退避位置へ選択的に位置決め可能にする。拡大観察レバーが操作されると、カム筒19の回転によって対物光学系12とCCD16を離間させるようにスライド移動させ、CCD16を保持するCCD保持枠33の移動に応じて、スケールフィルタ14を退避位置から光路上へ移動させる。 (もっと読む)


【課題】有機EL素子の透明エリアにおいて、透明電極を目立たなくする。
【解決手段】発光表示部(有機EL素子)は、撮影視野領域(透明エリア)22を有し、撮影視野領域に有機発光層33を配置する。発光表示部は、有機発光層33の陰極線及び陽極線と成り、透明電極から構成される第1〜第6の広幅電極線部61〜66を備える。各第1〜第6の広幅電極線部61〜66それぞれは、第1〜第6の面状部61A〜66Aと、第1〜第6の線状部61B〜66Bとを備える。第1〜第6の面状部61A〜66Aは、撮影視野領域22のほぼ全域を占め、各第1〜第6の面状部61A〜66Aの間は、線状微小スペース81を介して離間されている。 (もっと読む)


【課題】交換レンズの種類によって必要なレンズデータ容量が異なっていても、随時適切な容量のメモリ手段を搭載することが可能であって、搭載したメモリ手段の容量が異なっていても、カメラボディ側のメモリ管理が簡単な交換レンズ及びレンズデータ通信方法を提供する。
【解決手段】着脱自在に装着されたカメラボディとの間でレンズ情報を通信する通信機能を備えた交換レンズであって、カメラボディとの通信を仲介するロジックICと、このロジックICとは別個に形成され、このロジックICに接続された、交換レンズ情報を記憶したメモリ手段とを備え、ロジックICは、接続されたメモリ手段のメモリ容量を識別する容量設定端子を備えている。 (もっと読む)


【課題】生産ライン上で物品の流れに誤りがあったときにそれを検知する。
【解決手段】上流側工程における物品の処理に関する上流側工程処理情報を収集する第一の情報収集手段と、該上流側工程で処理された物品の移動先である下流側工程における当該物品の処理に関する下流側工程処理情報を収集する第二の情報収集手段と、所定の順序に従った、隣接する工程の接続を示す工程接続情報を保持した工程接続情報保持手段と、第一の情報収集手段に収集された上流側工程処理情報、および物品が該上流側工程から下流側工程に移動した際に第二の情報収集手段に収集される下流側工程処理情報と、工程接続情報保持手段に保持された工程接続情報とを比較する情報比較手段と、該比較結果に基づいて、該上流側工程から該下流側工程への物品の移動が正しいか否かを検知する検知手段とを具備した工程管理システムを提供する。 (もっと読む)


【課題】可撓性シースの先端からの棒状処置片の突出長を確実に視認することができて、内視鏡的処置を常に安全に行うことができる内視鏡用処置具を提供すること。
【解決手段】可撓性シース1の少なくとも先端部分付近を可撓性の透明チューブで形成すると共に、操作ワイヤ2の先端付近と棒状処置片3の少なくとも一方に、棒状処置片3の移動と共に移動して可撓性チューブ1を透かして可撓性チューブ1外から視認される移動指標9を形成した。 (もっと読む)


【課題】被検者の準備、交代が容易で時間がかからず、被検者の不安、恐怖心を和らげ、被検者が抱く羞恥心を緩和できる医療用検査台を提供する。
【解決手段】被検者が座る座面および座面を支持する脚部を備えた椅子型の医療用の医療用検査台であって、前記脚部は、前記座面の下部を囲んで形成され、座面にはその略中央に座面開口が開けられ、前記脚部の一部に検査開口が開けられ、前記座面開口と検査開口との間を空間によって連通した。 (もっと読む)


41 - 50 / 1,878