株式会社コロナにより出願された特許

751 - 753 / 753


【課題】温水循環暖房回路内循環水の補水メンテナンスを必要とする貯湯式給湯暖房装置で、暖房を止めることなく自動的に補水メンテナンスを行うものに関する。
【解決手段】入水管8と出湯管7が接続され湯水を貯湯する貯湯タンク2と、前記貯湯タンク2内の湯水を加熱する熱源装置3と、前記貯湯タンク2内の高温水を熱源とする温水暖房循環回路24とを備え、前記貯湯タンク2又は前記出湯管7に圧力を逃がすための安全弁6を設けると共に、前記安全弁6を前記温水暖房循環回路内24の膨張タンク25に連通させたことによって、沸き上げ運転時の体積膨張分が前記温水暖房循環回路24の循環水として補水されることになるため、補水メンテナンスの度に暖房を止める必要がなくなり、快適で経済的な暖房を行うことが出来るものである。 (もっと読む)


【課題】石油ストーブやファンヒーター等の暖房器具の燃料として使用する燃油の供給が、極めて容易に行えるようにした燃油供給装置及び燃油供給方法を提供するものである。
【解決手段】暖房器具に入出自在に収納されるカートリッジ式給油タンク内に、燃油が収容密閉された燃料缶を装着可能とし、装着した状態で燃油の供給が行えるようにしたので、各暖房器具メーカーで燃料缶が装着出来るカートリッジ式給油タンクを用意すれば、使用者がどこのメーカーの暖房器具を使用していても、燃料缶を給油タンクに装着することで、給油の手間を省いて暖房が行われるものであって、極めて使用勝手が良いものであり、又この燃料缶は燃油が充填された状態で、コンビニ等で簡単に購入して使用出来るので、複数本購入して置いて空になったら交換しながら使用し、空になってものは廃棄すれば良いので、アパートやマンションに住む人或いは老人には好適である。 (もっと読む)


【目的】予熱気化式で予備燃焼時間の短縮を計りながら、着火性能を向上させたポット式バ−ナを提供する。
【構成】予熱及び点火用のポットヒ−タ7下方を横切るように耐熱性の気化アミ8を、ポットバ−ナ1底部に載設固定し、この気化アミ8の一端部に噴射ノズル10から燃油を供給するようにしたので、供給された燃油は気化アミ8全体に瞬時に吸収されポットバ−ナ1底部に広がることなく、ピンポイントで気化されて良好な着火が行われるものである。 (もっと読む)


751 - 753 / 753