オカモト株式会社により出願された特許

91 - 100 / 118


【課題】外装袋や外装シートなどを不要として、製造工程の簡素化、低コスト化を図れると共に、簡単に使用ができて、使用に伴うゴミの発生が少ない、外装レスタイプの新規な二個一組の使い捨てカイロを提供する。
【解決手段】発熱材1が封入された二つの袋体2,2を、非通気性シート4が外側に、通気性シート3が内側になるよう重ね合わせ、通気性シート3,3における互いに対向する周縁部同士を熱圧着したので、通気性シート3が空気に触れることのない密封状の包装構造となり、外装袋や外装シートなどの外装材を別途用いることなく使用時まで発熱材1が空気に触れない二個一組の使い捨てカイロaとなる。重ね合わせた袋体2,2の通気性シート3,3における互いに対向する周縁部同士を剥離可能に熱圧着して易剥離性接合部6としたので、該易剥離性接合部6を引き剥がして各袋体2を分離すれば、通気性シート3が露出して空気に触れ、空気中の酸素が通気性シート3を通過して鉄粉等と反応し、発熱材1が発熱して、各々が使用可能となる。 (もっと読む)


【課題】透水性に優れるとともにピンホールの発生が抑えられ、吸水に伴う大きな膨潤や収縮のないポリビニルアルコールフィルムを備えた脱水シートを提供する。
【解決手段】少なくとも一方がポリビニルアルコールフィルム11からなる2枚のフィルム間に、高浸透圧物質12が挟持された脱水シート10の製造方法において、ポリビニルアルコールフィルム11として、押出成形後に延伸処理され、さらに150〜250℃で熱処理された延伸ポリビニルアルコールフィルムを水処理したものを使用する。 (もっと読む)


【課題】 油性食品を取り扱った場合であっても、可塑剤の溶出が極めて少ない厚さ0.5mm以下の塩化ビニル製手袋を製造し得る新規な塩化ビニル系ペースト樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 塩化ビニル系ペースト樹脂100重量部に対し、平均分子量3400のポリエステル系可塑剤70〜120重量部と、2,2,4−トリメチル 1,3−ペンタジオールジイソブチレート(TXIB)60〜100重量部を配合した樹脂組成物を用い、厚さ0.25mmの塩化ビニル製手袋を製造した。 (もっと読む)


【課題】 油性食品を取り扱った場合であっても、可塑剤の溶出が極めて少ない厚さ0.2mm未満の塩化ビニル製手袋を製造し得る新規な塩化ビニル系ペースト樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 塩化ビニル系ペースト樹脂100重量部に対し、平均分子量1600のポリエステル系可塑剤50〜80重量部と、2,2,4−トリメチル 1,3−ペンタジオールジイソブチレート(TXIB)60〜100重量部を配合した樹脂組成物を用い、厚さ0.1mmの塩化ビニル製手袋を製造した。 (もっと読む)


【課題】 吸湿剤の潮解液が目皿上で滞留、固化して滴下孔を塞いでしまうという不具合を解消し、潮解液が澱みなく下部空間に滴下するようにして、吸湿剤による吸湿を効率良く行うことができる新規な除湿容器を提供する。
【解決手段】 上部空間2に充填した吸湿剤6の潮解液が、目皿4の山形部を構成する傾斜面4a,4bを伝って外縁に向けて流下し、その流下途中で、目皿の滴下孔7aを通って、又は、目皿外縁と容器本体1内面の間の隙間を通って、下部空間3に滴下し貯溜されるので、潮解液が目皿4上で滞留、固化して滴下孔7aを塞いでしまうような虞れがない。 (もっと読む)


【課題】耐摩耗性に優れた熱可塑性ポリウレタン系エラストマー層を設た合成皮革を提供する。
【解決手段】基布の少なくとも片面に、熱可塑性ポリウレタン系エラストマーを主成分とするエラストマー層を設けた合成皮革であって、該エラストマー層はエラストマー100質量部に対しアクリル−シリコーン共重合体粒子を1.5〜25質量部含有することを特徴とする合成皮革である。前記のエラストマー層は、アクリル系軟質樹脂を含有する野が好ましい。また、前記のアクリル−シリコーン共重合体粒子は、末端にラジカル重合性基を有するポリオルガノシロキサンと(メタ)アクリル酸エステルとの共重合体の粒子が好ましい。 (もっと読む)


【課題】土踏まずのアーチ形状の維持と、踵骨の過回内防止を図ると共に、歩行・走行時などにかかる負荷や衝撃を効果的に吸収することができる靴用中敷と、これを備えた靴を提供する。
【解決手段】アーチ状の足底板21が土踏まずの形状を正常に維持し、足底板踵部21bの側縁にて外側保護面22cより高い内側保護面22aにより踵骨の過回内が防止され、足底板踵部21bの底面に接合した馬蹄形状の衝撃吸収パッド24により、歩行時・走行時などに踵骨にかかる負荷や衝撃を効果的に吸収する。よって、足にかかる負担を大幅に軽減すると共に、足骨の変形を効果的に防止することができる。骨の軟らかい幼児期から小児期の間に着用することで、足骨を矯正し正常な発育を補助することができる。 (もっと読む)


【課題】 硬質合成樹脂製まな板や合成ゴム製まな板が有する欠点を解消し、乾燥性、衛生性、調理作業性、取り扱い性、研磨加工性などに加え、傷の修復性能を備えた、新規な合成ゴム製まな板を提供する。
【解決手段】 NBR:50〜70重量%、SBR:50〜30重量%の割合で混合した合成ゴム主材100重量部に対して、木粉:10〜50重量部、粉末セルロース:20〜50重量部、ゴム補強剤としてのホワイトカーボン:10〜40重量部、ゴム臭吸収剤としてのゼオライト:5〜30重量部、粘着付与剤:1〜10重量部、加硫剤:1〜3重量部、加硫助剤:1〜5重量部、分散剤:1〜10重量部、加工助剤:1〜5重量部、の割合で混合した合成ゴム材料を用いて、加硫成形法によりまな板形状に成型加工して、木質感を備えた合成ゴム製まな板を得た。 (もっと読む)


【課題】 網目状ネット本体の各網目交差部に、位置ズレすることなく確実にスパイクピンが埋設された滑り止めネットを加硫成形することができる、新規なタイヤ用滑り止めネット製造方法を提供する。
【解決手段】 加硫用の下型20に形成された網目状成形溝21内に、滑り止めネット本体1の各網目交差部に埋設されるスパイクピン2を配置した後、未加硫ネット本体を該網目状成形溝21内に嵌め込み、次に、下型20の上に蓋型40を載置して、網目状成形溝21内に嵌め込んだ前記未加硫ネット本体の浮き上がりを防止し、その後、下型20と上型30で前記未加硫ネット本体を加熱プレスして、各網目交差部にスパイクピン2が埋設された滑り止めネット本体1を加硫成形する。 (もっと読む)


【課題】カット性、ヒートシール性、ストレッチ性に優れ、自動ストレッチ包装機適性の良い、ポリオレフィン系樹脂食品包装用ストレッチフィルムの提供。
【解決手段】中心層及び両外面層の少くとも3層からなる食品包装用ストレッチフィルムであって、その中心層が、(A)ホモポリプロピレン20〜40質量%、(B)エチレンと炭素数3〜6のα−オレフィンとを共重合させた密度0.85〜0.89g/cm3のランダム共重合体5〜30質量%、(C)炭素数3〜20のα−オレフィンから選ばれた少なくとも2種のオレフィンランダム共重合体であって、融点が無いか有っても120℃以下の密度0.85〜0.88g/cm3の共重合体5〜30質量%、(D)脂肪族系炭化水素樹脂及びその水素添加樹脂から選ばれた少なくとも一種の樹脂15〜40質量%を含む樹脂組成物で形成され、両外面層がポリエチレン系樹脂からなる食品包装用ストレッチフィルム。 (もっと読む)


91 - 100 / 118