オカモト株式会社により出願された特許

1 - 10 / 118


【課題】耐滑性を向上させる。
【解決手段】基板1の表面1aから突出し、且つ表面1aに沿って複数それぞれが規則的に配列される接地ブロック2が、中央幅が括れて両端幅が太い鼓形に形成される接地面2aと、接地面2aの対向する一対の長辺に、該長辺の中間部位同士が最も接近して曲がるように形成される凹状エッジ2bと、凹状エッジ2bから基板1に向け凹状エッジ2bに沿って曲がるように連続形成される凹状側面2cを有することにより、歩行に伴い各接地ブロック2の接地面2aが接地した際に、各接地ブロック2の接地面2aと床面などの間に挟まった油膜などを凹状エッジ2bが切って、凹状エッジ2bから凹状側面2cへスムーズに排除し、床面などに対して凹状側面2cが引っ掛かると同時に、各接地ブロック2に掛かった体重が凹状側面2cに沿って基板1の表面1aへ分散されるため、各接地ブロック2の倒れ変形が抑えられて床面などを捉え続ける。 (もっと読む)


【課題】合成樹脂製手袋において指股を抵抗感無く開くことができ、良好な作業性を得ることができる。
【解決手段】合成樹脂製手袋1は、人差し指が入る指部11Aと中指が入る指部11Bの間、中指が入る指部11Bと薬指が入る指部11Cとの間、薬指が入る指部11Cと小指が入る指部11Dの間の各指股部11に隆起部2を備える。 (もっと読む)


【課題】ランドセルのような鞄用或いは靴等の表皮として用いる合成樹脂レザーに適し、耐摩耗性,耐傷付き性や耐油性といった機能面での改善と良好な質感との両立を図ることができる合成樹脂レザーを提供する。
【解決手段】基材の少なくとも片面に熱可塑性ポリウレタンエラストマーを主成分とする樹脂層を積層した合成樹脂レザーであって、前記樹脂層の樹脂成分は、ポリカプロラクトン系熱可塑性ポリウレタンエラストマーが80〜95重量%であり、アクリル系軟質樹脂が5〜20重量%である。 (もっと読む)


【課題】複数のコンドーム包装体を変形させることなくコンパクトで且つ薄くさらに脱落不能に保持する。
【解決手段】保持部1の各係止手段1aに複数のコンドーム包装体Bをそれぞれ係止することにより、各コンドーム包装体Bの一部が重なり合って保持される。さらに保持部1に対し被覆部2を折り曲げて重ね合わせることにより、複数のコンドーム包装体Bが保持部1と被覆部2との間に平面状に挟み込まれて形状保持されるとともに、各コンドーム包装体BのコンドームCが係合凹部2aに入り込んで位置決めされる。 (もっと読む)


【課題】紙又は不織布等の基材を有する壁紙においても、良好なスエード調の外観と感触(タッチ感)を得ることができ、基材が紙製や不織布であっても良好な塗工性でスエード調の表層を形成できることができる。
【解決手段】基材上にスエード調の外観と感触を有する合成樹脂製の表層を形成した壁紙であって、表層は、基材上に塗工された樹脂ゾルを乾燥・加熱した層であって、樹脂ゾルは、塩化ビニル系ペースト樹脂を主成分として少なくとも膨張開始温度が110〜130℃の熱膨張マイクロカプセルと適量の可塑剤を含む。 (もっと読む)


【課題】良好な耐寒性が得られ、低温雰囲気の施工現場であっても良好な作業性が得られる壁紙を提供すること。
【解決手段】合成樹脂層を有する壁紙であって、合成樹脂層は、フタル酸エステル系可塑剤を含有せず、ポリ塩化ビニル100重量部に対して、テレフタル酸エステル系可塑剤を45〜60重量部含有する。 (もっと読む)


【課題】食品用包装体を短時間に大量生産する。
【解決手段】複数の載置シート1を移送路30に沿って所定間隔毎に順次搬送し、搬送中の載置シート1が移送路30の所定位置に到達したところで、載置シート1の略中央に向け食品Fが載置され、その後、食品Fの載置位置よりも下流側に帯状フィルム20を移送路30沿いに繰り出して、搬送中の載置シート1上に食品Fを挟んで重ね合わせ、その後、帯状フィルム20において被覆フィルム2の外周部2aとなる箇所を、載置シート1において食品Fの載置位置を囲むように配置される周縁部1aに対し圧接させて固着するとともに、帯状フィルム20から被覆フィルム2を打ち抜いて分離することにより、食品用包装体Bが一連の流れ作業で連続的に生産される。 (もっと読む)


【課題】合成樹脂皮膜の裏面側に基布を貼り付けた合成樹脂レザーにおいて、基布の平滑性を高めて合成樹脂レザーの外観欠陥を少なくすると同時に、難燃性能を安定的に向上させる。
【解決手段】合成樹脂皮膜10の裏面側に基布11を貼り付けた合成樹脂レザー1において、基布11は、フィラメント糸を用いた第1の層11Aとスパン糸又はフィラメント糸を用いた第2の層11Bを有し、第1の層11Aが合成樹脂皮膜10に貼り付けられている。 (もっと読む)


【課題】シート表面に柄印刷やベタ印刷などの印刷層を形成するものであっても高い遮熱性能を得ることができる遮熱化粧シートを提供すること。
【解決手段】遮熱化粧シート1は、熱可塑性樹脂と顔料とを含有する組成物をシート状に成形加工したシート層10と、シート層10表面に形成される印刷層11とを備え、顔料は、少なくともカーボンブラックを含まず、赤外線反射顔料20を含み、印刷層11は、少なくともカーボンブラックを含まず、赤外線透過顔料21を含む。 (もっと読む)


【課題】手などで容易に引き裂くことができる易引き裂き性フィルムを得るに際して、引き裂き方向の直線性が得られること、引き裂き個所に毛羽立ちなどが生じないこと。
【解決手段】低密度ポリエチレンと環状オレフィンコポリマーとを含む樹脂混合物を一方向に成形したフィルム層を備え、フィルム層は、樹脂混合物に対して環状オレフィンコポリマーを2重量%以上添加した。 (もっと読む)


1 - 10 / 118