株式会社カネカにより出願された特許

1,001 - 1,010 / 3,932


【課題】末端に反応性官能基を有する(メタ)アクリル系重合体の製造について、重合速度、重合体構造(分子量、分子量分布、官能基数など)などを従来と同様に制御できるとともに、精製負荷を大幅に低減できる製造方法を提供する。
【解決手段】重合開始剤として有機ハロゲン化合物を使用し、遷移金属とアミン化合物からなる触媒の存在下、リビングラジカル重合により(メタ)アクリル系モノマーを重合したハロゲン末端(メタ)アクリル系重合体に、ラジカル重合性の低いアルケニル基を有するオレフィン化合物を反応させて、末端に反応性官能基を有する(メタ)アクリル系重合体を製造する。 (もっと読む)


【課題】 スチレン改質ポリエチレン系樹脂予備発泡粒子を除圧発泡法にて製造するに際し、得られるスチレン改質ポリエチレン系樹脂予備発泡粒子の発泡倍率変動が少ない製造方法を提供すること
【解決手段】 耐圧容器中に、スチレン改質ポリエチレン系樹脂粒子を水系分散媒に分散剤と共に分散させ、撹拌下、前記耐圧容器内に発泡剤を入れて、昇温する工程(a)、
スチレン改質ポリエチレン系樹脂粒子に発泡剤を含浸させる工程(b)、
耐圧容器の一端を開放してスチレン改質ポリエチレン系樹脂粒子と水系分散媒を含んでなる混合物を耐圧容器内よりも低圧域に放出する工程(c)、
を含んでなる、スチレン改質ポリエチレン系樹脂予備発泡粒子の製造方法において、
工程(c)にて、工程(a)で使用した発泡剤と同一の発泡剤を追加導入することを特徴とするスチレン改質ポリエチレン系樹脂予備発泡粒子の製造方法。 (もっと読む)


【課題】搬送方向に対して横方向のみに一軸延伸され、横方向の分子の配向性に優れた高分子延伸フィルム等を提供する。
【解決手段】連続的に供給される長尺状の高分子フィルムの両端を保持しながら搬送し、高分子フィルムを搬送しつつ搬送方向に対して横方向に延伸する方法によって得られる高分子延伸フィルムであって、前記方法は、凹凸形状が設けられた部材によって高分子フィルムの両端を弛ませる工程と、弛んだ状態の高分子フィルムの両端を搬送装置に保持する保持工程と、前記搬送装置によって高分子フィルムを搬送させながら搬送方向に対して横方向に拡幅することにより高分子フィルムを横方向に延伸する延伸工程とを含むものである高分子延伸フィルムが提供される。当該高分子延伸フィルムからなる偏光子フィルム、光散乱フィルム、及び直線カッティングフィルムも提供される。 (もっと読む)


【課題】搬送方向に対して横方向のみに一軸延伸され、横方向の分子の配向性に優れるとともに、波長分散を柔軟に調整できる位相差フィルムの製造方法等を提供する。
【解決手段】連続的に供給される長尺状の高分子フィルムの両端を保持しながら搬送し、高分子フィルムを搬送しつつ搬送方向に対して横方向に延伸する位相差フィルムの製造方法であって、前記高分子フィルムは、互いに異なる位相差発現性を有する少なくとも2種のフィルムが積層されてなるものであり、凹凸形状が設けられた部材によって高分子フィルムの両端を弛ませる工程と、弛んだ状態の高分子フィルムの両端を搬送装置に保持する保持工程と、前記搬送装置によって高分子フィルムを搬送させながら搬送方向に対して横方向に拡幅することにより高分子フィルムを横方向に延伸する延伸工程とを含む位相差フィルムの製造方法等が提供される。 (もっと読む)


【課題】耐汚染性に優れ、取扱容易な自動車内装材コーティング用硬化性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】ポリシロキサン基と加水分解性シリル基と水酸基を有するシリコーン変性ビニル系重合体(A)と、ポリイソシアネート化合物(B)とを含有してなることを特徴とする塗料用硬化性樹脂組成物であって、シリコーン変性ビニル系重合体(A)が、水酸基を含有するビニル化合物(c)を全単量体の10〜40重量%含有する単量体を共重合して得られたものであり、ガラス転移温度が30〜70℃であることを特徴とする塗料用硬化性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】強い腐食環境下でも優れた防食効果を示し、かつ金属と被覆樹脂との優れた接着性を有する防食用接着剤、及びこれを用いた金属の防食方法を提供する。
【解決手段】Huckel則において芳香族性を示す置換基を2個以上、10個以下含み、かつ2個以上、10個以下の窒素原子を有する含窒素有機化合物を含有する事を特徴とする防食用接着剤であり、芳香族性を示す置換基の少なくとも1個がベンゼン環であり、さらにドーパントを含有する防食用接着剤。 (もっと読む)


【課題】液晶表示装置等の視認性が向上する光学特性を備えた広幅の位相差フィルムを低コストで取得する技術を提供する。
【解決手段】縦一軸方向に延伸された長尺状のフィルムを延伸方向に搬送し、前記フィルムの一部領域又は全域を凹凸形状が設けられた部材によって予め前記延伸方向に弛ませた状態でフィルムの両端を搬送装置に保持し、前記搬送装置によってフィルムの両端を保持しつつ延伸方向に搬送させながらフィルムを加熱してフィルムを前記延伸方向に熱収縮させる延伸フィルムの製造方法が提供される。当該方法で製造された延伸フィルムからなる位相差フィルム、当該位相差フィルムを利用した偏光板、並びに、当該位相差フィルムを備えた画像表示装置も提供される。 (もっと読む)


【課題】光軸を合わせて2枚の位相差フィルムを貼り合わせるような煩雑な工程を必要とせず、かつ、安価に、光の各波長に対する位相差の制御が容易な光学補償フィルムを提供し、さらには、その光学補償フィルムを用いて製造した光学補償層付き偏光板を提供することである。
【解決手段】セルロースエステル100重量部に対して、ポリエステルポリオール1〜30重量部を含む延伸フィルムであり、特定の光学特性を満たすことを特徴とする光学補償フィルムにより達成できる。 (もっと読む)


【課題】中間反射層の膜質、膜厚が均一である積層型光電変換装置の製造方法を提供すること。
【解決手段】透明基板の一方の主面上に順次積層された透明電極層、pin接合からなりi型層が実質的に非晶質シリコンであり、n型層の一部がシリコンと酸素との非晶質合金中にシリコン結晶層を含むn型のシリコン系複合層である第一の光電変換ユニット、pin接合からなりi型層が実質的に結晶質シリコンである第二の光電変換ユニット、及び裏面電極層からなる積層型光電変換装置の製造方法であって、前記第一の光電変換ユニット形成後にn型層側から光を入射しラマン散乱スペクトルを測定した場合、結晶シリコン成分のTOモードピークのピーク位置が516cm-1以上519cm-1以下となるように光電変換ユニットを形成することを特徴とする積層型光電変換装置の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】支持体からの剥離を抑制し、かつ、透明性に優れた光学フィルムを提供することを目的とする。さらに詳細には、セルロースエーテル、特にエチルセルロースを含有する光学フィルムを提供する。
【解決手段】易接着処理したプラスチックフィルムからなる支持体に、セルロースエーテル(A)を含む樹脂溶液を流延してなる光学フィルムであって、該樹脂溶液にシリコーン系表面調整剤(B)を含有することを特徴とする光学フィルムにより達成できる。 (もっと読む)


1,001 - 1,010 / 3,932