株式会社カネカにより出願された特許

1 - 10 / 3,932


【課題】例え太陽電池パネルの一辺の中間部を固定する場合であっても強度を確保できる太陽電池パネルの敷設構造を提供する。
【解決手段】複数の四角形の太陽電池パネル2が行方向と列方向に並べられて平面的な広がりをもって設置され、4枚の太陽電池パネル2の辺が直交する辺集結部101があり、辺集結部101またはその近傍の位置に、辺集結部101を形成する4枚の太陽電池パネル2を相互に接続する連結ピース100が宙空状態で装着されている構造とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、軟弱地盤上への建物構築、地すべり地、傾斜地での拡幅等の盛土、等の用途において、地中などに埋設する際に、厚み方向からの圧縮時に優れた寸法安定性を有するスチレン系樹脂押出発泡体を提供することを目的とする。
【解決手段】 スチレン系樹脂押出発泡体において、押出発泡体における押出方向、幅方向、厚み方向での圧縮強度異方化率を特定値および、特定の関係とすることにより、厚み方向に圧縮が加えられた際に幅方向、押出方向での歪み量(寸法変化量)を大幅に低減させることができる。 (もっと読む)


【課題】軽量の葺き材であっても吹き上げに強い状態で屋根上に取付けることが可能であり、且つ、太陽電池パネルを軒先から隙間なく設置することが可能な太陽電池パネルの軒先取付け具、並びに、そのような太陽電池パネルの軒先取付け具により太陽電池パネルを取り付けた屋根構造を提供することを課題とする。
【解決手段】
太陽電池パネルの軒先取付け具200に、屋根部材の軒先側の辺近傍に形成された掛止片と係合可能な係合部を形成する。さらに、形成した係合部の周辺に、屋根部材の軒先側の辺近傍の掛止片が係合部との係合方向又は係合解除方向へ移動可能な係合領域を形成する。そして、軒先取付け具200の係合部と屋根部材の掛止片が係合することで、最も軒先側に位置する屋根部材の上方への移動を阻止可能な構造とする。加えて、係合部と高さ方向に離れた位置に、太陽電池パネルの軒先側部分を保持可能な保持凹部を設ける。 (もっと読む)


【課題】取り付け時に従来の太陽電池パネルの取り付け構造に比べて作業性がよい太陽電池パネルの敷設構造を提供する。
【解決手段】係止片56の部材厚方向を係合孔6の開口幅方向に合わせて、係止片56を係合孔6の中に挿入し、その状態で固定部材5を回転させて係止片56の最小幅方向を係合孔6の開口幅方向に対して交差する方向に回転移動することによって固定部材5をレール部材3から離脱不能且つ係合孔6に沿って移動可能な状態とすることが可能であり、固定部材5を係合孔6に沿って移動させて固定部材5の保持部20を太陽電池パネル2の辺に係合させる構造とする。 (もっと読む)


【課題】5℃でホイップを開始しても、10℃でホイップを開始しても、ホイップ時間と含気率がほとんど変化しないホイップドクリーム用起泡性水中油型乳化油脂組成物を提供する。
【解決手段】油脂の含有量が20〜50重量%であり、油脂の5℃の固体脂含量(SFC)及び15℃の固体脂含量(SFC)がいずれも50%以上で且つそれらの固体脂含量(SFC)の差の絶対値が9%以下であり、構成脂肪酸のうち、C12+C14が60〜80重量%、C16+C18が15〜30重量%、C18:1c+C18:2cが0.1〜10重量%であり、20℃におけるSFCが75%以上、35℃におけるSFCが5%以下である油脂を全油脂中に50〜90重量%含有し、乳化剤として、HLBが2〜5、グリセリン重合度が3〜10、ヨウ素価2以下で、主要構成脂肪酸がパルミチン酸又はステアリン酸であり、且つエステル化度が50〜100%であるポリグリセリン脂肪酸エステルを0.01〜0.40重量%含有するホイップドクリーム用起泡性水中油型乳化油脂組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、ハロゲン系難燃剤を使用せず、高度の難燃性を有し、耐ブリードアウト性、タッピング強度に代表される機械的強度が優れた、バランスの取れた難燃性熱可塑性ポリエステル系樹脂組成物を得ることである。
【解決手段】熱可塑性ポリエステル樹脂(A)100重量部に対し、主鎖がポリエステル構造を持つ高分子型有機リン系難燃剤(B1)を1重量部以上、25重量部未満を含有し、縮合リン酸エステル系難燃剤および/または芳香族リン酸エステル系難燃剤であるリン系難燃剤(B2)を(B2)全量で1重量部以上、25重量部未満含有し、さらに上記(A)100重量部に対する、上記(B1)と上記(B2)の添加量が合計5〜40重量部である、難燃性熱可塑性ポリエステル樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、変換効率が高く光入射面が精密に加工された結晶シリコン太陽電池の製造方法を提供することである。
【解決手段】 本発明の結晶シリコン太陽電池の製造方法は、n型結晶シリコン基板から結晶シリコン太陽電池を製造する方法であって、順に、太陽と対向する光入射面となる一方の面が露出するように結晶シリコン基板を基板ステージにセットする光入射面配置工程、前記一方の面上に順に、第一の実質的に真性なシリコン系薄膜層、p型シリコン系薄膜層、及び第一の透明導電層を積層する光入射面積層工程、前記結晶シリコン基板の外周部側面から3mm以内の位置に前記一方の面からレーザー光を照射して前記外周部の全周に亘って折り割り線を形成する折り割り線形成工程、及び前記折り割り線に沿って前記外周部側面を折り割り除去する工程を含む。 (もっと読む)


【課題】光によって速硬化可能で、かつ光の当らない部分についても未硬化にならない硬化性組成物であり、更に高温、高湿条件下に於いて、樹脂の吸湿による白濁、並びに液晶表示ムラが改善されたUV/湿分デュアルキュアー系硬化性組成物を提供する。
【解決手段】1分子中に加水分解性シリル基を平均して少なくとも一個有する化合物(A)、1分子中に重合性の炭素−炭素二重結合を平均して少なくとも一個有する化合物(B)、光重合開始剤(C)、硬化触媒(D)、および一般式(1)で表されるアジピン酸エーテルエステル系可塑剤(E)、を含有することを特徴とする光/湿分デュアルキュアー系硬化性組成物。 (もっと読む)


【課題】 所望形状の先端部分を含む医療用チューブを製造する製造方法を提供する。
【解決手段】 医療用チューブを製造する製造方法では、インナーチューブ11の内腔11Lに対してマンドレル21が挿入され、そのマンドレル21はインナーチューブ11の先端から突出させられる工程と、突出したマンドレル21の先端部分21Dおよびインナーチューブ11の先端部分11Dをともに先細りさせる工程と、を含む。 (もっと読む)


【課題】屋根に偏荷重を掛けることなく、太陽電池パネルを設置することができる構造を提案する。
【解決手段】屋根の一部の領域に太陽電池パネル7及び屋根部材10が設置された発電領域があり、屋根の他の領域は防水機能を備えた屋根部材11が設けられている非発電領域であり、単位面積当たりの発電領域における太陽電池パネル7と、その付属品と、屋根部材10との合計重量と、非発電領域における屋根部材11の重量との差を、太陽電池パネルが設置されない領域における単位面積あたりの屋根部材11の重量の20パーセント以下に抑える構造とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 3,932