工業技術院長により出願された特許

1 - 10 / 75


【課題】 本発明は、燃料貯蔵材や自律的調湿材、また、脱臭材や有害汚染物質吸着材などに応用可能なチューブ状アルミニウムケイ酸塩を、安価でかつ安全にそして大量に合成する方法を提供する。
【解決手段】 溶液濃度が1〜500mmolの無機ケイ素化合物溶液と1〜1000mmolの無機アルミニウム化合物溶液を、所定のケイ素/アルミニウムのモル比率になるように混合して調整した溶液から前駆体を生成し、共存イオンを取り除いて溶液中のイオン濃度を低下させた後に、加熱熟成を行い、生成、析出する固形分を回収、洗浄することにより目的とする高純度のチューブ状アルミニウムケイ酸塩を製造する。
【効果】 チューブ状アルミニウムケイ酸塩を、従来の合成法よりも安価でかつ安全に、そして大量に合成することができる。 (もっと読む)


【課題】 高温高圧の水と発生ガス吸収物質を用いて、熱力学的化学平衡を維持したまま、超臨界に比べて比較的低い圧力で、水を熱化学的分解することにより水素を製造する方法を提供する。
【課題を解決する手段】 炭素を含有する物質を高温高圧の水と反応させ、炭素を含有する物質を熱化学的に分解しつつ、水を還元して水素を生成させる方法であって、二酸化炭素吸収物質を、少なくとも生成したすべての二酸化炭素を吸収できる量反応系に存在させ、かつ、圧力80気圧以上温度600℃以上の条件で実質上酸化剤を加えることなく熱化学的分解を行う。 (もっと読む)


【課題】シリカ湿潤ゲルに金属化合物を液相で含浸する方法においては、化合物の種類や濃度により、ゲル内部への浸透に長時間を要したり、内部まで十分浸透しないため、モノリス状金属化合物複合シリカエアロゲルが得られない場合が多々見られた。
【課題を解決する手段】シリカ湿潤ゲル体に、金属化合物を混合した乾燥媒体を含浸し、乾燥させて金属化合物とシリカ粒子が複合化したシリカエアロゲルを得る方法において、含浸工程と乾燥工程を共に乾燥媒体の超臨界条件で行うことを特徴とするモノリス状金属化合物複合シリカエアロゲルの製造方法。 (もっと読む)


【課題】生分解性プラスチック成型体における生分解性ポリマーの親水性という特性に基づく機械的強度の低下を防止することができる生分解性ポリマー積層体及びその成型体の加工方法の提供。
【解決手段】生分解性ポリマーに、フッ素系有機化合物に一定割合で含有されるケイ素系化合物からなる共重合体薄膜を積層して形成されている積層体であることを特徴とする生分解性プラスチック積層体及びその成型体の加工方法。 (もっと読む)


【課題】 切削工具、摺動部材、金属加工工具等に形成する皮膜の硬さ(耐摩耗性)、耐酸化性、母材との密着性等を向上させるとともに、バランスの取れた特性を備え、安定した皮膜の形成と該皮膜を形成した工具等の寿命を向上させる。
【解決手段】 AlTi1−x−ySi(x及びyがそれぞれ0.05≦x≦0.7、0.1<y≦0.25)であるスパッタリングターゲットを窒素雰囲気中でスパッタリングし、(AlTi1−x−ySi)N、(x及びyがそれぞれ0.05≦x≦0.7、0.1<y≦0.25)の組成を有する耐摩耗性AlTi系合金硬質皮膜を形成する。 (もっと読む)


【課題】 シアノシステイン残基を介したアミド結合形成反応を利用して蛋白質のカルボキシル末端のカルボキシルを介して担体に固定化する方法において、固定化収率を改善すること。
【解決手段】 一般式(1)NH2-R1-COOH (式中、R1は任意のアミノ酸残基の連鎖を表す。)で示される蛋白質の固定化において、一般式(2)NH2-R1-CO-NH-CH(CH2-SCN)-CO-NH-R2-COOH(式中、R1は上記の意味を有し、R2は中性付近で強く負に荷電し、且つ式(2)の化合物の等電点を酸性にもたらす、酸性アミノ酸に富む任意のアミノ酸残基の連鎖を表す。)で示されるシアノ基を有する蛋白質を、一般式(3)NH2-Y(式中、Yは一級アミンを官能基として有する固定化担体を表す。)で示される固定化担体と反応させることにより、一般式(4)NH2-R1-CO-NH-Y(R1およびYはともに上記の意味を有する。)で示される固定化蛋白質を製造する方法。 (もっと読む)


【課題】 これまで用いられなかった分野への進出が可能になる上、従来のものと組み合わせることによりその用途を飛躍的に拡大しうる、従来とは全く異なった種類の新規なカソードルミネッセンス材料を提供する。
【解決手段】 脱アルミニウム処理したゼオライトと、その細孔中に充填された金属又は金属酸化物との複合体であって、金属又は金属に換算した金属酸化物の量が脱アルミニウム化したゼオライト100重量部当り、10〜60重量部の範囲にあるものから成るカソードルミネッセンス材料とする。 (もっと読む)


【課題】 トリプシンに対し、強力な阻害作用を有する新規なトリプシンインヒビターを提供する。
【解決手段】 シロナタマメ(Canavalia gladiata)の抽出物の分子量7000〜8000の画分からなるトリプシンインヒビターとする。 (もっと読む)


【課題】 液体試料を加圧下で測定できる液体試料用示差走査熱量測定装置を提供する。
【解決手段】 試料容器及びリファレンス容器が少なくとも10MPaの耐圧性を有し、該2つの耐圧容器に同時に、且つ同様に加圧するための高圧コネクター及びそれに接続する高圧ポンプを有する。 (もっと読む)



1 - 10 / 75