サンデン株式会社により出願された特許

1 - 10 / 1,791



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】筐体の高さ方向に沿って引出し可能に収納する両ユニットが同時に前方に移動するのを防止するユニットロック装置を提供する。
【解決手段】筐体2側に回動可能に取付けられビルバリ3とコインメック4の引出し方向への移動を規制するロック板11と、ロック板11下部側が下側のコインメック4の移動規制位置にあるときに、上側のビルバリ4の引出し操作に連携してロック板11上部側を係止してロック板11の回動を規制する第1の回動規制部材12と、コインメック4の引出し操作に連携してロック板11上部をビルバリ4の移動規制位置まで回動させると共に、ロック板11下部を係止してロック板11の回動を規制する第2の回動規制部材13と、を備えて構成することにより、筐体2に段差を設けて引出し可能に収納したビルバリ3とコインメック4が同時に前方へ移動することを阻止する。 (もっと読む)


【課題】
インバータ回路の故障を検知する前に、インバータ回路に流れる電流を検出する電流検出手段の故障を検知することができると共に、容易かつ安価に製造することができるインバータ回路の故障検知装置を提供する。
【解決手段】
インバータ回路2に接続されたシャント抵抗11と、シャント抵抗11に並列に接続された増幅回路12とを備え、インバータ回路2に流れる電流を検出する電流検出手段10と、電流検出手段10に第1試験電圧を印加する試験電圧印加手段20と、第1試験電圧に基づき電流検出手段10の故障を判定し、インバータ回路2に第2試験電圧を印加し、印加された第2試験電圧に基づきインバータ回路2の故障を判定し、インバータ回路2を制御する制御手段30とを含んで構成され、制御手段30は、インバータ回路2の駆動開始信号sig1の入力に応じて、電流検出手段10の故障を判定し、その後インバータ回路2の故障を判定する。 (もっと読む)


【課題】HVACユニットにおける空気の各吹出口の吹出空気温度のばらつきを小さくすることができる室内側凝縮器を提供する。
【解決手段】車両空調ヒートポンプシステムのHVACユニット内に収容する室内側凝縮器(1,32)であって、チューブ(2)及びフィン(4)を積層してなる熱交換のコア(6)と、前記チューブの一端部が接続される冷媒流入出側タンク(10,34)と、前記チューブの他端部が接続される冷媒ターン側タンク(12)と、前記冷媒流入出側タンク内を冷媒流入室(16)と冷媒流出室(18)とに仕切る隔壁(14)と、前記冷媒流入出側タンクに接続され、前記冷媒流入室に連通される冷媒入口管(28)と、前記冷媒流入出側タンクに接続され、前記冷媒流出室に連通される冷媒出口管(30)とを備え、前記冷媒出口管は前記コアよりも下側の位置で前記冷媒流入出側タンクに接続される。 (もっと読む)


【課題】吸入通路開度調整弁を備える往復動圧縮機において、開度調整弁の装着を容易化し、開度調整弁の出口孔近傍に十分な通路面積を確保し、吸入工程において各シリンダボアに取り込まれる冷媒流量を均一化し、吸入室をマフラとして機能させて開度調整弁の構造を吸入圧力脈動低減の観点から最適化できるようにする。
【解決手段】吸入通路に接続する入口孔と吸入室119に連通する出口孔とを有し、吸入通路104bと吸入室との圧力差に応答して吸入通路の開度を調整する開度調整弁300を備え、開度調整弁は、入口孔が配設された一端をバルブプレート103に対峙する吸入室の端壁に係合させ、他端へ向けて吸入室の前記端壁からバルブプレート側へ突出し、駆動軸の軸線に対して傾斜して、吸入室内に配設されている。 (もっと読む)


【課題】可変容量圧縮機の体格を増大させることなく、オイル分離部の配置の自由度を向上する。
【解決手段】
吐出室142の円弧状の上部領域内に、区画部材150により区画された一方の空間の円弧方向両端を第1区画壁104h及び第2区画壁104iによって区画し、他方の吐出室側空間と区画された第1通路104f1を形成し、第1通路104f1の円弧方向中間部を、所定の開口面積の冷媒流路が形成されるように第3区画壁104jにより区画し、第1通路104f1の、第1区画壁104hと第3区画壁104jとの間の上流側通路部を、第2通路104f2によって吐出室142と連通させてオイル分離室として機能させ、第2区画壁104iと第3区画壁104jとの間の下流側通路部を、第3通路104f3と連通させてオイル分離室と第3通路とを接続する接続通路として機能させた。 (もっと読む)


【課題】 吸着式冷凍装置の小型化と、冷媒脱離時の冷却性能改善とを図る。
【解決手段】 密閉容器5内の上部に、冷却されることにより第1冷媒を吸着し、加熱されることにより第1冷媒を脱離する吸着材6aを備える吸着部6が構成され、下部に、吸着に伴って第1冷媒を蒸発させ、脱離に伴って第1冷媒を凝縮する蒸発部兼凝縮部7が構成される。冷媒吸着モードでは、吸着部6での第1冷媒の吸着に伴って蒸発部兼凝縮部7にて第1冷媒が蒸発するときに発生する冷熱で、冷媒循環通路15を流れる第2冷媒を冷却する。冷媒脱離モードでは、冷媒循環回路15に冷却器13を組み込み、第2冷媒を外気により冷却する。第2冷媒は、熱交換器17を介して冷却対象物(エアコン冷媒)を冷却する。 (もっと読む)


【課題】PTCヒーターを使用する空調装置において、ヒーターを駆動するスイッチングデバイスの冷却構造を提案する。
【解決手段】送風ユニット1により送風される空気を冷却する冷却ユニット2と、冷却ユニット2の下流に設けられたPTCヒーターを含む加熱ユニット4と、加熱ユニット4を通過して空調吹出口へ流れる空気量と加熱ユニット4を迂回して空調吹出口へ流れる空気量とを調節するエアミックスダンパー3と、を含んで構成され、加熱ユニット4を駆動するスイッチングデバイス6を冷却するためのヒートシンク6bが、冷却ユニット2により冷却された空気の通風経路に設置される、空調装置とする。 (もっと読む)


【課題】販売促進効果を高められるような演出表示の可能な自動販売機などの商品格納装置を提供する。
【解決手段】本提案に係る商品格納装置は、前方から視認できるように商品を陳列して格納する筐体1と、陳列された商品に対する照明光を発生する照明ユニットと、筐体1の前面に配置される透過型液晶パネル6と、を含んで構成され、透過型液晶パネル6を通して商品を前方から視認する構造であると共に、透過型液晶パネル6が照明ユニットをバックライトとして映像表示可能である。 (もっと読む)


【課題】除湿冷房運転時に放熱器における必要な放熱量を確保することで、車室内に供給する空気の温度を確実に設定温度とすることが可能となる車両用空気調和装置を提供する。
【解決手段】算出されたエアミックスダンパ16の開度SWが所定開度以上の場合に、開度SWが所定開度未満の場合よりも第1制御弁24の凝縮圧力調整手段側の弁開度を小さくしている。これにより、冷房運転および除湿冷房運転において放熱器15における加熱量が不足する場合に、放熱器15における冷媒の凝縮圧力を上昇させて放熱器15の温度を高くすることができるので、車室内に吹出す空気の加熱に必要な加熱量を確保することができ、車室内に供給する空気の温度を確実に設定温度とすることが可能となる。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,791