三洋電機株式会社により出願された特許

1 - 10 / 18,308


【課題】可動式の排気構造を用いない簡単な構成で、排気口から排気される空気に起因する映像のゆらぎを抑制することができる投写型映像表示装置を提供する。
【解決手段】投写型映像表示装置であるプロジェクタ1は、映像の光を投射する投射レンズ装置23と、投射レンズ装置23が設けられる筐体10と、投射レンズ装置23から間隔を空けて設けられ、筐体10の内部の空気を筐体10の外部に排気する排気口11Bとを備える。また、プロジェクタ1は、筐体10における投射レンズ装置23と排気口11Bとの間に開口するとともに、筐体10の内部の空気を筐体10の外部に排気する排気構造50を備える。排気構造50は、投射レンズ装置23と排気口11Bとが隣り合う隣接方向(横方向Y)において、排気口11Bが空気を排気する方向に比べて、投射レンズ装置23から離れる方向に向けて排気する斜め排気形状を有する。 (もっと読む)


【課題】発光効率が高い、レーザ光を励起光として利用する投写型映像表示装置を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、蛍光体15又は燐光体に対し励起光としてレーザ発光器11Aからレーザ光を照射することにより蛍光光又は燐光光を発光させ、この蛍光光又は燐光光を少なくとも一部の色光の照明光とする照明光学系を備えた投写型映像表示装置である。そして、この照明光学系10は、レーザ発光器11Aと蛍光体15または燐光体との間に拡散板、好ましくは異方性拡散板14が設けられたものであって、レーザ光がこの異方性拡散板14を透過した後に蛍光体15又は燐光体を照射するように構成されている。レーザ発光器11Aとしては、例えば、レーザ半導体が用いられる。 (もっと読む)


【課題】複数の光源を備える投写型表示装置において、使用環境によらず、安定した運転を行うことができるようする。
【解決手段】プロジェクタ1は、複数のランプ611、612、613、614を有する光源装置610と、光源装置610から出射された光を変調する液晶パネル630、640、650と、交流200Vおよび交流100Vの何れの商用電源による電力からも光源装置610を駆動するための電力を生成する電源部(電源装置711およびランプ電源707、708、709、710)と、光源装置610の出力モードを設定する設定操作を行うための操作パネル4と、CPU701と、を備える。CPU701は、少なくとも投写運転が開始される前の設定操作を受け付け、設定操作に応じて出力モードを設定するとともに、設定された出力モードに対応する大きさとなるように、光源装置610を起動させる。 (もっと読む)


【課題】観察者ごとに異なる視差映像を見せることができる立体映像表示システムを低コストで実現する。
【解決手段】投写部は、複数の映像を時分割で投写する。分光部は、入射光の波長領域を色成分ごとに分割し、入射光の特定波長領域の光を取り出す。投写部が投写する映像、分光部が取り出す波長領域の光、およびシャッタメガネの開閉をそれぞれ切り換えることにより、分光フィルタ付きシャッタメガネを装着する複数の観察者のそれぞれに、異なる立体映像を認識させる。 (もっと読む)


【課題】観察者ごとに異なる視差映像を見せることができる立体映像表示システムを低コストで実現する。
【解決手段】投写部は、複数の映像を時分割で投写する。分光部は、入射光の波長領域を色成分ごとに分割し、入射光の特定波長領域の光を取り出す。偏光部は、入射光を特定の偏光に変換する。投写部が投写する映像、分光部が取り出す波長領域の光、および偏光部が変換する偏光をそれぞれ切り換えることにより、分光フィルタおよび偏光フィルタが重畳的に取り付けられるメガネを装着する複数の観察者のそれぞれに、異なる立体映像を認識させる。 (もっと読む)


【課題】印刷されたボタンを用いて、できるだけ大きなディスプレイを使用できる表示装置及びナビゲーション装置を提供することを目的とする。
【解決手段】印刷フィルム220は、タッチパネル200のガラス基板210に貼り付けられるとともに、液晶ディスプレイ410を構成するベゼル430と重なる位置に配置することで、液晶ディスプレイ410において、実際の表示には寄与しない領域を有効に利用でき、例えば決められた領域内で、より大きなディスプレイを使用できる。 (もっと読む)


【課題】単位面積あたりの発光体の発光効率を向上することを可能とする光源装置及び投写型映像表示装置を提供する。
【解決手段】光源装置200は、光源10X、光源10X、発光体ホイール20、光学素子25を備える。光源10X及び光源10Xは、第1主面20P側及び第2主面20Q側から発光体に照射される励起光を出射する。発光体は、励起光に応じて基準映像光を出射する。光学素子25は、第1主面20P側から発光体に照射される励起光を透過し、発光体から出射される基準映像光を透過する。 (もっと読む)


【課題】
連続する2つのフレーム間において、映像の輝度の急変を抑制することを可能とする映像表示装置を提供する。
【解決手段】
投写型映像表示装置100は、光源ユニット10から出射される光の発光期間を制御する光源制御部240を備える。光源制御部240は、白発光期間Wを設定する輝度向上処理を実行する。光源制御部240は、連続するフレーム間において、輝度向上処理に伴う輝度向上効果の減少量が閾値を超えている場合に、輝度向上処理によって設定される白発光期間Wを延長する。 (もっと読む)


【課題】曲の頭出しの際にユーザにとって快適な状況を得ることができるディスク再生装置を提供する。
【解決手段】曲頭への頭出し操作がされた場合に、ディスクに記録された目的の曲の曲頭への頭出し制御を行う頭出し制御部と、前記頭出し制御部による頭出し制御が完了するまでの間、前記操作がされたときに再生されていた曲の再生を継続させる再生部と、を備えるディスク再生装置とする。 (もっと読む)


【課題】絶縁ガスケットを介してカシメ封口した密閉型電池において、脆弱部を設けてなる電流遮断機構の信頼性を一層向上させる。
【解決手段】有底円筒状の外装缶と、端子板及び端子板よりも外側に位置する安全弁を有する封口体と、絶縁ガスケットと、を備え、外装缶の開口部を絶縁ガスケットを介してかしめることにより封口した密閉型電池において、安全弁と、端子板とは、電池内圧上昇時に両者の電気的接続が断たれるように接続され、端子板の径は、安全弁の径より小さく、絶縁ガスケットは、安全弁を支持固定する絶縁ガスケット本体部とこれに続く延長部とを有し、延長部には、端子板支え部が形成されており、端子板支え部は、端子板下面の外周縁よりも内側寄りの端子板下面に当接し、当該端子板支え部以外のガスケット部分は、端子板の側面及び前記側面に続く下面外周縁に当接しないことを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 18,308