品川リフラクトリーズ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 112


【課題】本発明の目的は、低液体分施工が可能な、特に、流動性の優れる、耐火性骨材に液体を添加、混練し、流動状態とした後に施工するための不定形耐火組成物を提供することにある。
【解決手段】本発明の不定形耐火組成物は、耐火性球状粒子を含む耐火性骨材に液体を添加、混練し、流動状態とした後に施工するための不定形耐火組成物において、耐火性球状粒子の安息角が32°以下であり、且つ耐火性球状粒子の配合量が3〜70質量%であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】キャスタブルの施工性を損なうことなくスラグライン部直下のライニング厚みを増すことにより、湯面低下による損傷増に対応し、且つ、熱ロスを抑制し清浄鋼製造に耐えうる優れた製鋼用容器の内張り耐火物ライニング構造を提供する。
【解決手段】鋼浴部2が不定形流し込み材で、スラグライン部1がマグネシア−カーボン質煉瓦で構成される製鋼用容器の内張りライニング構造において、鋼浴部の上部とスラグライン部の下部を繋ぐつなぎ煉瓦3として、1200℃以下の温度で熱処理された不焼成アルミナ−マグネシア質煉瓦を使用することを特徴とする製鋼用容器の内張りライニング構造にある。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、有機バインダーを多く含むことで発生する高炉出銑孔閉塞用マッド材の組織の破壊を抑制し、かつ口元剥離を解決した高炉出銑孔閉塞用マッド材を提供することにある。
【解決手段】本発明は、耐火性骨材、分散剤及び有機バインダーを含む高炉出銑孔閉塞用マッド材において、分散剤が、ポリエステル酸アマイドアミン塩及び/またはポリエーテルエステル酸アミン塩であることを特徴とする高炉出銑孔閉塞用マッド材にある。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、連続鋳造用タンディッシュの受鋼前の施工体の崩壊や欠損を防ぐことができ、水素ピックアップによる溶鋼汚染を極力低減することができるドライコーティング材を提供することにある。
【解決手段】本発明のドライコーティング材は、マグネシア質骨材を主成分とする骨材、粉末フェノールレジン0.5〜5質量%、酸化硼素、硼酸及びアルカリ金属硼酸塩からなる群から選択された1種または2種以上0.5〜5質量%とを配合してなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】耐食性が高く、通気性や耐メタル浸透性にも優れた、ポーラスプラグに用いるのに適したポーラス耐火物、および、その製造方法を提供する。
【解決手段】
(a)粒子径0.5〜0.1mmの球状アルミナを40〜95重量%、(b)ジルコニア含有原料を3〜20重量%、(c)フリットを外掛けで0.5〜3重量%、(d)バインダーを外掛けで1〜10重量%、(e)焼成することにより焼失する平均粒子径10〜30μmの焼失原料を外掛けで1〜10重量%、の割合で配合し、1700℃以上で焼成する製造方法で、気孔を介して通気させることにより溶鋼にガスを吹き込むポーラスプラグを製造する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、鋼の連続鋳造用モールドパウダーを溶鋼上に散布した時に、炎や煙、及びボイリングの発生量やそれに伴う発塵が極めて軽微で、モールド内の観察が容易で、溶融速度を遅延しすぎることがなく、金属を添加したモールドパウダーに発生し易い溶融不良等を起すことがなく、且つ発熱性を付与した鋼の連続鋳造用発熱型モールドパウダーを提供することにある。
【解決手段】本発明に係る鋼の連続鋳造用発熱型モールドパウダーは、モールドパウダー用ベース配合物に対して、外掛けで7質量%以下の量で、弗素原子と炭素原子のモル比(F/C)が1≦F/C≦2の範囲内にあり、かつ水素原子と炭素原子のモル比(H/C)が0≦H/C≦1の範囲内にある弗素原子及び炭素原子含有化合物を配合することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】耐スポーリング性に優れたアルミナ・マグネシア質流し込み材およびその製造方法を提供する。
【解決手段】アルミナ、マグネシア、シリカ、アルミナセメントおよび分散剤を含有する第1の原料が配合される。配合された第1の原料は混練され、混錬された第1の原料が成形、焼成される。焼成された第1の原料を粉砕することにより、粒径8〜50mmのアルミナ・マグネシア質粗大粒が生成される。MgO成分、Al23成分、SiO2成分、CaO成分を含み、MgO成分が2〜15重量%、Al23成分が75〜97.3重量%、SiO2成分が0.2〜3.0重量%、CaO成分が0.5〜4.0重量%である第2の原料に対して、当該アルミナ・マグネシア質粗大粒を、外掛けで5〜40重量%添加することでアルミナ・マグネシア質流し込み材が構成される。 (もっと読む)


【課題】本発明は、アンカー挿入用の穴径と内部コーンの打ち込み量の関係について、アンカー取り付け作業の基準を数値化することで、アンカー取り付けにかかる不具合を予防することを目的とする。
【解決手段】本発明による耐火煉瓦へのアンカー取り付け方法は、耐火煉瓦(10)の曲げ強度をσ〔MPa〕とし、アンカー(1)のアンカー外径を(A)、アンカー(1)の装入用の取り付け穴(11)の穴径を(B)、内部コーン(3)を打ち込んだ際のアンカー(1)の先端部(2a)の先端部直径を(C)、内部コーン(3)の打ち込み量を(D)、としたとき、〔0.05≦(C−B)/A≦σ/80・・・・(1)式〕を満足させるように打ち込み量(D)を調整して先端部直径(C)を決める方法である。 (もっと読む)


【課題】耐熱衝撃性、耐食性に優れた連続鋳造用ノズルおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】アルミナ、ジルコニア、カーボンおよび有機結合剤(バインダー)を含有した第1の原料が配合される。次いで、配合された第1の原料に対し圧力が加えられ、加圧された第1の原料が焼成される。焼成された第1の原料を粉砕することにより、アルミナ−カーボン質耐火性原料が生成される。当該アルミナ−カーボン質耐火性原料を5〜80質量%と有機質結合剤(バインダー)とを含有する第2の原料が配合され、配合された第2の原料が成形されることにより、連続鋳造用ノズルが構成される。 (もっと読む)


【課題】スライディングノズル用プレート耐火物の中間温度域での強度、耐酸化性、耐食性、耐衝撃性を高める。
【解決手段】耐火性無機材料と、カーボン質粉末原料0.3〜2質量%と、融点が1000℃以下であるアルミニウム含有金属のうち少なくとも1種以上を3〜15質量%使用し、これらに有機結合剤2〜5質量%を添加した不焼成プレート耐火物である。ここで、前記有機結合剤及びカーボン質粉末原料に由来するカーボン質量は、アルミニウム含有合金に含まれるアルミニウム質量の0.2〜0.45倍の範囲にする。これにより、中間温度域におけるスライディングノズル用プレート耐火物の強度、耐酸化性、耐食性、耐衝撃性を高めることができる。 (もっと読む)


1 - 10 / 112