清水建設株式会社により出願された特許

1 - 10 / 2,433


【課題】停電時における給電系統の電力変動を抑制し、商用系統の異常状態が長時間継続しても、自立範囲にある負荷に対し、従来より長く継続して電力を供給する分散型電源の自立運転システムを提供する。
【解決手段】本発明の自立分散型電源の自立運転システムは、商用系統からの電力供給を軽減し、商用系統異常を検出する系統異常検出部と、商用系統正常の場合、商用系統と系統連係し、自立分散電源の給電系統の負荷変動の補償を第1及び第2蓄電池を用いて行い、商用系統異常の場合、定電圧定周波数制御された交流電力を第1蓄電池の電力を用い、給電系統へ供給する第1電力変換部と、商用電力異常の場合に起動し、第1電力変換部と系統連係を行い、非常用電力を給電系統へ供給する非常用発電機と、給電系統の負荷変動の補償を第2蓄電池を用いて行う第2電力変換部と、自然エネルギー発電による電力を給電系統に供給する自然エネルギー発電機とを有する。 (もっと読む)


【課題】土間コンクリートやスラブコンクリートなどの床面用の床コンクリートにおいて、目地によって床面の美観を損ねない床コンクリートのひび割れ抑制構造を提供する。
【解決手段】床コンクリート12とこの床コンクリート12に設けられる建物の柱脚14(構造体)とを、緩衝材16を介して接続するようにする。緩衝材16をこの柱脚14の周囲に接着する。柱脚14はその下端に設けたベースプレート18を介して建物の基礎22にボルト24で固定されるものであり、ベースプレート18上面から突出したボルト24の端部に絶縁材32を被覆して床コンクリート12と縁切りしてもよい。 (もっと読む)


【課題】操作員が操作室に常駐することなく遠隔操作室からタワークレーンを遠隔操作するための有効適切なシステムを提供する。
【解決手段】本来の操作室の位置に仮想操作室を設定し、そこに全方位カメラ11と、集音マイク12と、ブーム4の旋回位置を検知する旋回センサと、仮想操作席の傾斜状態を検知する傾斜センサ13とを設置する。遠隔操作室10には、実際の操作員が着座する操作席15と、操作席をブームに同調させて旋回させかつ仮想操作席の傾斜に同調させて傾斜させる旋回台17と、全方位カメラによる映像情報を表示する映像モニタ23と、集音マイクによる音声情報を再生する音声モニタ24とを設置する。ブームの先端部に監視カメラ6を設置してその映像情報を遠隔操作室において表示可能する。 (もっと読む)


【課題】支持面における上方構造物を支持する部分での法線が上方構造物の重心の下方の所定の場所に向く場合であっても、上方構造物を下方から安定して支持する接続構造を提供する。
【解決手段】上方構造物2と上方構造物を支持する下方構造物3との間に設けられる接続構造24a、24bであって、上方構造物の重心Gを含む鉛直面S1上において、下方構造物の上部に設けられ、上方構造物の重心を含む鉛直線L1に対して対称に配置されるとともに上方に向かうに従って互いに接近するように配置された一対の支持面27a、27bと、上方構造物の下部に設けられ、鉛直線に対して対称に配置された一対の支持部28a、28bとを備え、鉛直面上で、支持部に当接する部分での一対の支持面の法線が、上方構造物の重心の下方の所定の場所にそれぞれ向くように設定され、一対の支持部は、鉛直面上を一対の支持面にそれぞれ当接しながら移動する。 (もっと読む)


【課題】クレーンにより吊荷としての取付部材を揚重して被取付部材に対して組み付ける作業を効率的に行う。
【解決手段】被取付部材1に対して組み付けるべき取付部材2を吊荷姿勢安定装置5を介してクレーン3により吊持し、取付部材に左右一対のカメラ6を装着するとともに、被取付部材には左右一対のターゲットマーカ7を取り付け、カメラによるターゲットマーカの映像情報に基づいて吊荷姿勢安定装置を自動制御して取付部材の位置を自動調整可能とし、カメラによるターゲットマーカの映像情報を操作室4においてモニタ8に表示することにより、操作員がモニタを監視しつつクレーンを手動操作する。カメラによるターゲットマーカの映像情報に基づいてクレーンの操作量を演算処理して操作室に表示することにより、操作員による手動操作を誘導可能とする。 (もっと読む)


【課題】津波から受ける水平荷重の増大を防ぎつつ、箱型構造物の内部への浸水を防ぐ。
【解決手段】内部に所望の空間を有し、少なくとも底面から前記所望の空間への浸水を防ぎかつ自身の浮力により水に浮くよう構成した箱型構造物1と、地盤2に固定した支持構造物4と、を備え、前記支持構造物4は、前記箱型構造物1の上下方向の移動を許容しかつ水平方向への移動を抑止するよう前記箱型構造物1を支持する建築物である。 (もっと読む)


【課題】臭気の発生を抑えつつ効率的に生ごみを乾燥処理して資源化することを可能にする生ごみの処理システムを提供することを目的とする。
【解決手段】バイオマスをガス化するガス化装置と、生ごみを乾燥処理するための生ごみ乾燥機とを備え、ガス化装置の排熱を熱風として生ごみ乾燥機に導入し、生ごみ乾燥機内に収容した生ごみを排熱によって乾燥処理するとともに、生ごみ乾燥機からの排気をガス化装置内で流通する熱風の流通経路に返送するようにした。また、生ごみ乾燥機で乾燥処理した生ごみをガス化装置に投入し、バイオマスとして利用するようにした。 (もっと読む)


【課題】より低コストで容易に施工することを可能にしつつ、基礎杭の杭頭と上部構造をピン結合する基礎杭ピン結合構造を提供する。
【解決手段】基礎杭1の杭頭1aの表面1bを、基礎杭1の軸線O1中心側から側面1cに向かうに従い下方に傾斜する傾斜面1eを備えて形成する。また、基礎杭1の杭頭1aに結合して構築される上部構造2に、下面から上方に向けて凹み、基礎杭1の杭頭1aが挿入配置される杭頭挿入凹所2aを設ける。さらに、基礎杭1の杭頭1aを上部構造2の杭頭挿入凹所2aに挿入配置した状態で、一端側を基礎杭1に、他端側を上部構造2にそれぞれ接続してアンカーボルト3を基礎杭1の軸線O1上に配設する。さらに、杭頭挿入凹所2aと基礎杭1の杭頭1aの隙間に弾性変形可能な充填材4を充填する。 (もっと読む)


【課題】長時間に対応する運転計画によりながら、買電電力をデマンド目標値以下とするためのデマンド制御がより確実に行われるようにする。
【解決手段】将来の一定期間における一定間隔の時間帯ごとに対応して、空調熱負荷予測値、空調システム機器消費電力予測値、発電電力予測値をそれぞれ予測する。また、将来の一定期間における一定間隔の時間帯ごとの運転計画として、空調熱源機運転計画、空調システム機器運転計画、電源設備運転計画を作成する。そして、これらの運転計画にしたがって負荷設備における空調熱源機と、空調システム機器と、電源設備の運転を行う。 (もっと読む)


【課題】仮設屋根の軽量化を図ることができるうえ、建物の解体作業と仮設屋根の盛り替え作業を並行して施工することで、作業効率を向上させることができる。
【解決手段】解体時における建物2の最上階の上方を覆う仮設屋根10と、仮設屋根10に支持され、少なくとも最上階を含む解体施工層Pの側方を覆う仮設側壁20と、解体施工層Pより下層階における建物2の躯体に対して下方に移動するように盛り替え可能に設けられるとともに、仮設屋根10を下方から支持するマスト3とを備え、マスト3は、仮設屋根10から受ける鉛直荷重および水平荷重を建物2の躯体によって支持され、解体の進捗に合わせて漸次下方へ盛り替えられる仮設養生体1を提供する。 (もっと読む)


1 - 10 / 2,433