スタンレー電気株式会社により出願された特許

1 - 10 / 2,684


【課題】 凹凸構造を有しない正極要素、電極材要素、凹凸構造を有しない負極要素及び絶縁材要素を貼り合わせ、貼り合わせたものを複数個を直列接続して渦状に巻き上げ、円筒筐体に収納した従来の円筒型蓄電装置においては、電流パスが長く、かつ正極要素及び/または負極要素と電極材要素との接触面積が小さく、この結果、最大取出可能電流は低下するという課題があった。
【解決手段】 ナノメートルオーダからサブミクロメートルオーダのサイズの凹凸構造の表面を有する正極10、電極材20及びナノメートルオーダからサブミクロメートルオーダのサイズの凹凸構造の表面を有する負極30を準備し、貼り合わせる。正極10の各正極要素1は並列接合され、負極20の各負極要素2は並列接合されている。貼り合わせたものを折り畳み傘のように巻き上げ、円筒筐体4に収納し、電解液を注入し、封止して円筒型蓄電装置を完成する。 (もっと読む)


【課題】 ヒータ部と、底部に固定された電極部とを接続した加熱装置においては、加熱されると、ヒータ部に熱応力が加わり、ヒータ部、電極部は熱歪みにより劣化、損傷して寿命が短縮するという課題があった。
【解決手段】 底部3に固定された電極部2に対してヒータ部1のヒータ電極端子部1aをヒータ電極端子台座4’を介して固定した加熱装置において、加熱時のヒータ部1の歪みを緩和するために、角度規制されたヒンジ5aの構造を有する歪み緩和固定部5をヒータ部1のヒータ電極端子部1aと底部3との間に設ける。ヒータ部1の電極部2への取付時に、歪み緩和固定部5はヒータ部1のヒータ電極端子部1aにヒータ部1の外周側へ歪みを与える。 (もっと読む)


【課題】 励起光源からの励起光によって蛍光発光する蛍光体を含有した蛍光体含有層が反射板上に形成される発光板において、蛍光体含有層から出射される蛍光発光の光出力(輝度)を低下させずに、かつ、蛍光体含有層が反射板から剥れにくい発光板を提供する。
【解決手段】 この発光板1は、反射板3上に、蛍光体含有層2が形成され、反射板3上には、さらに、固定層4が蛍光体含有層2と接触して形成されており、反射板3と固定層4との接着強度は、反射板3と蛍光体含有層2との接着強度よりも大きいものとなっている。 (もっと読む)


【課題】熱によるセパレータの溶損を防ぐことができる車両用灯具ユニットの放熱構造を提供すること。
【解決手段】複数の放熱フィン11Bが形成されたヒートシンク11と、該ヒートシンク11に取り付けられた基板12に実装された複数のLED(発光素子)13と、該LED13の前方に近接配置されてLED13からの光を個別に分割するセパレータ14を備える車両用灯具ユニット1の放熱構造として、前記セパレータ14の少なくとも前記LED13から光を受ける面に放熱部材15を設ける構成を採用する。前記放熱部材15を金属板で構成し、或いは前記放熱部材15として熱伝導率の高い塗料を前記セパレータ14の少なくともLED13から光を受ける面に塗布する。 (もっと読む)


【課題】夜間運転時の暗い環境下で周辺視での気づきを向上させることが可能な車両用前照灯を提供する。
【解決手段】車両前方の周辺領域を照射する光を放射する光源を含む灯具ユニットと、前記灯具ユニットからの光の配光範囲を制御する制御手段と、を備えており、前記制御手段は、前記灯具ユニットからの光の配光範囲をドライバーの年齢に応じた配光範囲に制御することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】1つの光源からの光を容易に左右の2箇所の傾斜反射面から出射させることによって、疑似光源が存在するようにして照明することができ、少ない光源でより多くの商品見本を照明する商品見本光源ユニットおよび当該商品見本光源ユニットを用いた自動販売機を提供する。
【解決手段】 見本収納部に配置する複数の商品見本の上面および/または下面に対向する第1の表面を備えた導光体と、前記第1の表面と反対側の第2の表面側に設けた半導体発光素子光源とで商品見本光源ユニットを構成する。導光体の光源と反対側の表面には断面V字状のV溝が形成され、反対側の表面の端面側には、傾斜溝が形成されている。光源はV溝が形成された位置に対応して配置する。 (もっと読む)


【目的】
サセプタからの輻射熱を効率的に消散させて副生成物の生成及び付着を防止し、また、結晶成長を繰り返し実行しても、高品質な結晶層を成長可能なホリゾンタル方式の気相成長装置を提供する。
【解決手段】
材料ガス流路を画定する材料ガス供給部は、基板保持部に対して材料ガス流路の上流側に配され、基板保持部から放射される赤外線に対して透過性の材料からなる材料ガス供給ガイドを有している。材料ガス供給ガイドは、材料ガス流路を画定する面とは異なる面に形成された凹凸構造からなる赤外線出射部を有している。 (もっと読む)


【課題】導光部材を用いて異なる発光色のLED光を混色する構成の照明装置において、特に照射パターンエリヤを観察した場合に観られる前記パターンエリヤの縁部の色ムラを低減する
【解決手段】複数の導光部材を用いた各照射パターン毎に各光照射源であるLED配置を転遷させることにより、各照射パターンが互いに重畳しあう遠視野領域において、各照射パターンエリア縁部の光色混合不足領域の不足光色を照射パターンどうしで互に補うようにして色ムラ感を軽減した。 (もっと読む)


【課題】 ライン状の出射面からの光量を簡易な構成にて実現することを課題とする。
【解決手段】 断面が曲線状若しくはV字状の透光性の半筒状導光体からなるテールレンズ(11)と、テールレンズ(11)の二つの階段状の端面(11d,11d)の夫々に設けた複数のLED光源(13)とを備え、前記端面(11d)と交差する後面(11c)には、切欠き部反射面(31)を形成する。これにより、LED光源(13)を点灯したときにはテールレンズ(11)の前面(11a)がライン状発光部(10a)として機能する。このときにライン状発光部(10a)から照射する光は、端面(11d)に設けた複数のLEDからの光とすることができる。 (もっと読む)


【課題】垂直配向型の液晶表示装置において柱状スペーサーに起因する光抜けを抑制して表示品位を向上させる。
【解決手段】液晶表示装置は、一対の基板、各基板に設けられた垂直配向膜、一対の基板間に配置された複数の柱状スペーサー、一対の基板間に設けられた液晶層、一対の偏光板を含む。垂直配向膜には一軸配向処理が施され、液晶層の層厚方向の略中央における液晶分子の配向方向43は第1方向41に略平行である。各偏光板の吸収軸48と49は互いに略直交し、かつ各々が第1方向及びこれに略直交する第2方向のいずれに対しても略45°の角度で配置される。各柱状スペーサーは、断面が台形状であって上底面、下底面及び当該上底面と下底面の間の2つの斜面を有し、当該2つの斜面の各々を画定する外縁部の平面視における延在方向が第1方向41又は第2方向に対して45°±10°の角度で配置される。 (もっと読む)


1 - 10 / 2,684