株式会社東芝により出願された特許

1 - 10 / 54,554


【課題】可変増幅器のゲインの変化に伴うDCオフセットの影響を、精度良く補正可能とする。
【解決手段】補正管理部と、補正回路とを備えた超音波診断装置である。複数の超音波振動子は、超音波を送信し、被検体内からの超音波エコーを受信する。受信部は、ゲインを変更可能な可変増幅器を有し、超音波振動子からの信号を所定のゲインで増幅して出力する。画像生成部と、受信部からの信号を基に、超音波画像を生成する。補正管理部は、超音波の送受信を行わずにゲインを変化させたときの、受信部からの出力を、ゲインの変化に対応させて測定データとしてあらかじめ収集する。補正回路は、受信部と、画像生成部との間に介在し、超音波の送受信が行われる場合に、ゲインを変化させながら、超音波振動子の受信信号を受けて受信部から出力される信号を、当該ゲインの変化に対応した測定データに基づき補正する。 (もっと読む)


【課題】血管の厚さを高さ情報として認識できるように表示する超音波診断装置を提供する。
【解決手段】被検体の体内に超音波を送信し、被検体内で反射された超音波を受信する超音波プローブと、受信した超音波信号を処理して画像データを生成する画像処理ユニットと、画像データをもとに血管の血管厚を算出する計測部と、計測部によって計測した血管厚の情報をもとに、血管の内膜又は外膜のいずれか一方を基準平面として血管の厚さを表す高低画像を生成する画像生成部と、画像生成部で生成した高低画像を表示する表示部と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】2次元又は3次元の関心領域における血流動態を正確に時間分解能良く観測すること。
【解決手段】実施形態の超音波診断装置は、ドプラ処理部14と、画像生成部15aと、検出部15bと、制御部17とを備える。ドプラ処理部14は、2次元又は3次元の反射波データに対して、自己相関法で走査範囲の時系列に沿った2次元又は3次元の血流情報を取得する。画像生成部15aは、走査範囲の時系列に沿った2次元又は3次元の血流情報から時系列に沿った血流画像を生成する。検出部15bは、時系列に沿った血流画像の間で、予め設定された2次元又は3次元の関心領域内のスペックルの時系列に沿った移動情報を検出する。制御部17は、時系列に沿った移動情報に基づくデータである移動情報データをモニタ2に表示させる。 (もっと読む)


【課題】穿刺針の空間的な位置を容易に把握することができる医用画像診断装置、超音波診断装置及びプログラムを提供すること。
【解決手段】3次元空間画像生成部は、3次元空間に2次元の医用画像を配置した3次元空間画像を生成する。そして、位置情報取得装置は、3次元空間における2次元の医用画像と医療デバイスとの3次元的な位置関係を取得する。重畳画像表示制御部は、位置関係に基づいて、3次元空間画像に医療デバイスの位置を示す情報を重畳させた重畳画像をモニタにて表示させる。 (もっと読む)


【課題】短時間でプローブを洗浄することができるプローブ洗浄装置を提供すること。
【解決手段】実施形態のプローブ洗浄装置は、吸引管と吐出管とを有したプローブの後端部に接続されるプローブ接続部と、気体を吸引するとともに気体からダストを取り除いて排気する吸引機と、を備えている。そして、前記プローブを洗浄する際に前記吸引管の後端部と前記吸引機の気体吸引側とが接続され且つ前記吐出管の後端部と前記吸引機の気体排気側とが接続され且つ前記吸引管の先端部と前記吐出管の先端部とが接続されると、前記吸引機、前記吐出管および前記吸引管を用いた閉ループが構成される。前記吸引機は、前記プローブを洗浄する際に前記閉ループが構成されると、ガス供給源から送出されたクリーニングガスを、前記吐出管、前記吸引管、前記吸引機の順番で循環させる。 (もっと読む)


【課題】本発明が解決しようとする課題は、有機性排水中の有機物、硫黄、窒素およびリンを除去することができる水処理装置を提供することである。
【解決手段】実施形態に係る水処理装置は、上向流型嫌気リアクター、フォトバイオリアクターおよび好気リアクターを含む。フォトバイオリアクターは、硫化水素を反応物として利用して光合成する細菌を含んだ1種以上の光合成細菌を収容している。フォトバイオリアクターには、第1排出口から排出された第1処理水を受け入れる第2注入口と、第1処理水が1種以上の光合成細菌と接触することで生成される第2処理水を排出する第2排出口とが設けられ、1種以上の光合成細菌に光を照射する光源をさらに収容しているか、又は、外部の光源が放射した光が1種以上の光合成細菌に照射されるように光を透過させる光透過部がさらに設けられている。 (もっと読む)


【課題】実施形態は、被研磨物の側面に研磨剤が付着することを抑制することができるポリッシング装置を提供すること。
【解決手段】研磨ヘッド12は、回転駆動されるものであり、半導体ウエハ18を研磨布14に押圧して保持する。リテーナーリング17は、半導体ウエハ18を囲う筒状であって、研磨ヘッド12の下面に設けられている。複数の気体噴出孔23は、リテーナーリング17の内側面に設けられ、研磨ヘッド12に保持された半導体ウエハ18の側面に向かって、空気若しくは不活性ガスを噴出する。気体供給部19は、複数の気体噴出孔23に接続され、複数の気体噴出孔23に空気若しくは前記不活性ガスを供給する。 (もっと読む)


【課題】搬送路を効率よく冷却するとともに記録媒体上の画像を加熱消去する消去部の冷却を最小限にする消去装置及び消去装置の消去方法を提供する。
【解決手段】消去装置は、シートを搬送するシート搬送路と、加熱により前記シート上の画像を消去する消去部と、消去部のシート搬送方向上流に設けられ、シートを検知する手前センサと、消去部のシート搬送方向下流のシート搬送路に沿って設けられ、手前センサがシートを検知するタイミングに基づいて駆動動作が制御されるファンと、を備える。 (もっと読む)


【課題】交通機関の利用者に対して徒歩ルートを効率的に案内できる駅務機器、および、徒歩ルートの案内方法を提供する。
【解決手段】駅務機器は、記憶手段23と、読取手段24,25,13と、設定手段と、読出手段と、印刷制御手段とを有する。記憶手段は、設置駅から他の駅まで徒歩で移動するための徒歩ルートを示す案内図を駅ごとに記憶する。読取手段は、設置駅を含む路線が運行不能となっている場合、利用者が所持している乗車券に記憶されている情報を読み取る。設定手段は、読取手段により乗車券から読み取った情報に基づいて行先駅を設定する。読出手段は、設定手段により設定した行先駅までの徒歩ルートを示す情報を記憶手段から読み出す。印刷制御手段は、読出手段により読み出した行先の駅までの徒歩ルートを示す案内図を印刷装置14により用紙に印刷させる。 (もっと読む)


【課題】小型、軽量化が可能であるとともに放熱ファンの損傷を防止することが可能な車両用の電力変換装置を提供する。
【解決手段】実施形態によれば、電力変換装置は、底面18を有する装置本体14と、装置本体内に配置され電力変換回路を構成する複数の半導体スイッチング素子26と、装置本体の底面から下向きに延出し、鉄道車両の走行風によって冷却される放熱フィン34を有する放熱部を含み、半導体スイッチング素子を冷却する冷却器28と、装置本体の底面から放熱フィンよりも下方に延出し、装置本体を支持可能な複数の支持脚60と、を備えている。複数の支持脚は、放熱フィンへの走行風の流入路から外れた位置に配置されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 54,554