株式会社豊田中央研究所により出願された特許

1 - 10 / 4,200


【課題】車両特有の課題(適切な通信手段を確保すること、運転者等のプライバシーを保護すること、走行中に収集されるデータを効率的に管理すること、及び走行制御に関わる処理を妨げないこと等)を解決可能な車両分散処理システム等を提供する。
【解決手段】車両装置5は、車両情報通知機能41、割り当て機能42、依頼処理実行機能43、自車データ記憶機能44等を備える。車両情報通知機能41は、自車の車両情報を生成し、センタ装置4に通知する機能である。割り当て機能42は、処理依頼情報を受信すると、自車の計算リソースに依頼処理を割り当てる機能である。依頼処理実行機能43は、割り当て機能42によって割り当てられる計算リソースが、自車の走行中に収集されるデータである自車データを参照し、依頼処理を実行する機能である。自車データ記憶機能44は、自車データを記憶する機能である。 (もっと読む)


【課題】孔の輪郭と交差させる照射ラインを修正する三次元計測装置を提供する。
【解決手段】内孔の輪郭を示す第1輪郭画像情報を作成し、さらに外孔の輪郭を示す第2輪郭画像情報を作成する円抽出部31と、内孔と外孔との間の複数の内側ラインを示す第1ライン画像情報を作成し、さらに外孔の周囲の複数の外側ラインを示す第2ライン画像情報を作成するライン抽出部32と、第1輪郭画像情報と第1ライン画像情報とに基づいて内孔の中心座標を算出する内円座標算出部33と、第2輪郭画像情報と第2ライン画像情報とに基づいて外孔の中心座標を算出する外円座標算出部34と、を備え、複数の内側ラインは、所定の距離を置いて縦方向に整列した一対の縦ラインと、所定の距離を置いて横方向に整列した一対の横ラインと、で構成され、内円座標算出部33が一対の縦ライン又は一対の横ラインの内、一方のラインを他方のライン側へ延長するように修正する。 (もっと読む)


【課題】熱伝導性に優れ、高い弾性率を有する樹脂複合材料を提供すること。
【解決手段】板状黒鉛粒子と、該板状黒鉛粒子に吸着した、下記式(1):
−(CH−CHX)− (1)
(式(1)中、Xはフェニル基、ナフチル基、アントラセニル基またはピレニル基を表し、これらの基は置換基を有していてもよい。)
で表されるビニル芳香族モノマー単位を含有する芳香族ビニル共重合体とを備える微細化黒鉛粒子、
繊維状無機フィラー、および
樹脂マトリックスを含有することを特徴とする樹脂複合材料。 (もっと読む)


【課題】水中または水を主成分とする混合溶媒中に高度に分散させることが可能であり、酸化により微細化された黒鉛粒子に比べて優れた特性を有するグラファイト材料を提供すること。
【解決手段】板状黒鉛粒子と、該板状黒鉛粒子に吸着した、下記式(1):
−(CH−CHX)− (1)
(式(1)中、Xはフェニル基、ナフチル基、アントラセニル基またはピレニル基を表し、これらの基は置換基を有していてもよい。)
で表されるビニル芳香族モノマー単位を含有する芳香族ビニル共重合体とを備える微細化黒鉛粒子、
前記板状黒鉛粒子の表面に結合している芳香族環、および
前記芳香族環に2価以上の連結基を介して結合している、ポリ塩基またはポリ酸の残基
を備えるものであることを特徴とする親水化グラファイト材料。 (もっと読む)


【課題】多様な正常時データを利用可能とし、精度良く障害発生条件の候補を絞り込むことが可能な障害診断システム等を提供する。
【解決手段】端末装置4は、障害を検知すると(S1)、障害時データをセンタ装置5に送信する(S2)。センタ装置5は、協力依頼先の端末装置4を特定し(S3)、障害時データを協力依頼先の端末装置4に送信する(S4)。端末装置4は、障害の発生条件となり得る候補条件を導出し(S5)、候補条件リストをセンタ装置5に送信する(S6)。センタ装置5は、複数の候補条件リストを、単一の統合リストに統合し(S7)、統合リストを出力する(S8)。 (もっと読む)


【課題】車両の異常を精度良く、効率的に、かつリアルタイムに診断する異常診断システム等を提供する。
【解決手段】診断車両装置12aは、診断対象データを検知すると(S1)、診断対象データをセンタ装置13に送信する(S2)。センタ装置13は、診断対象データを受信し、診断依頼を受け付け(S3)、診断対象データが希有事象か否かを判定し(S4)、判定結果に基づいて診断車両2aが異常か否かを決定し(S5)、診断結果を診断車両装置12aに送信する(S6)。診断車両装置12aは、受信する診断結果が「異常」であるか否かを確認し(S7)、診断結果が「異常」である場合、出力装置24によって警告を出力し(S8)、診断結果が「正常」である場合、診断対象データを正常データとして正常データDB43に登録する(S9)。 (もっと読む)


【課題】導電性や熱伝導性などの特性に優れており、さらに、この特性が異方性を示す樹脂複合材料を提供すること。
【解決手段】板状黒鉛粒子と、該板状黒鉛粒子に吸着した、下記式(1):
−(CH−CHX)− (1)
(式(1)中、Xはフェニル基、ナフチル基、アントラセニル基またはピレニル基を表し、これらの基は置換基を有していてもよい。)
で表されるビニル芳香族モノマー単位を含有する芳香族ビニル共重合体とを備える微細化黒鉛粒子および樹脂を含有し、
前記微細化黒鉛粒子が前記樹脂中で一定の方向に配向していることを特徴とする樹脂複合材料。 (もっと読む)


【課題】薄片化した黒鉛粒子を凝集させずに黒鉛薄膜を製造する方法を提供すること。
【解決手段】板状黒鉛粒子と、該板状黒鉛粒子に吸着した、下記式(1):
−(CH−CHX)− (1)
(式(1)中、Xはフェニル基、ナフチル基、アントラセニル基またはピレニル基を表し、これらの基は置換基を有していてもよい。)
で表されるビニル芳香族モノマー単位を含有する芳香族ビニル共重合体とを備える微細化板状黒鉛粒子および有機溶媒を含有する板状黒鉛粒子分散液からなる有機層を形成する層形成工程と、
該有機層から前記有機溶媒を除去して、複数の前記微細化板状黒鉛粒子が板面方向に連続的に接触して配置されている黒鉛薄膜を形成する溶媒除去工程と、
を含むことを特徴とする黒鉛薄膜の製造方法。 (もっと読む)


【課題】自車両のドライバにとって、前方に存在する物体を見つけやすいか見つけにくいかを反映して照明を制御することができるようにする。
【解決手段】配光制御灯16Bによって自車両の前方を照明し、撮像装置12によって、自車両の前方の可視光画像を撮像する。3次元計測部22によって、レーザレーダ14の出力に基づいて、自車両の前方の3次元位置を計測し、物体検出部24によって、自車両の前方に存在する物体を検出する。照明時の可視光画像における、検出された物体に対応する領域の輝度が第1閾値以下の場合、照明制御部34によって、検出された物体に対応する範囲に対して注意喚起照射するように配光制御灯16Bを制御する。照明時の画像における、前記検出された物体に対応する領域の輝度が第2閾値以上の場合、照明制御部34によって、検出された物体に対して照明しないように配光制御灯16Bを制御する。 (もっと読む)


【課題】イオン衝突による物体の発熱に起因する温度の分布を推定することができる技術を提供する。
【解決手段】イオンガス中の物体の発熱に基づく所定領域の温度の分布を推定する温度分布推定装置であって、所定領域の電位、イオンの速度、イオン密度を取得し、取得したこれらの値に基づいて、所定領域に存在するイオンが単位時間当たりに物体に衝突する衝突イオン数と、1つのイオンが物体に衝突した際に物体に与える衝突エネルギと、所定領域に存在するイオンが単位時間当たりに物体に衝突する衝突頻度とを算出し、算出した衝突イオン数と衝突エネルギと衝突頻度とに基づいて、イオンの衝突による物体の発熱量の分布を算出し、発熱量の分布に基づいて所定領域の温度の分布を算出し、算出した温度の分布を外部に出力する。 (もっと読む)


1 - 10 / 4,200