株式会社竹中工務店により出願された特許

1 - 10 / 1,669


【課題】複雑な制御機構を用いなくても、簡単にしかも効率的に熱回収運転を実施できるようにする。
【解決手段】複数の空調室内機1と冷却塔2とボイラ3と熱源ユニット4とを水循環系配管5で接続してある水熱源ヒートポンプ空調システムS1が設けられ、熱源ユニット4に一次側が冷媒循環路6で接続された冷媒−水熱交換器7と、冷媒−水熱交換器7の二次側に水配管8で接続された予熱貯湯槽9とを備えた排熱回収系S2が設けられ、予熱貯湯槽9に給湯配管10で接続された貯湯槽11を備えて構成された給湯システムS3が設けてある。 (もっと読む)


【課題】維持管理に手間をかけずに、水の蒸散作用を利用して環境温度の低下を図れる屋根構造を提供するにあたり、効率よく形成作業を実施できると共に、各種水勾配の屋根に対応できるようにする。
【解決手段】水勾配を有する屋根1の上に、水勾配の途中において水を堰き止める堰部6と、含んだ水を上面から蒸散可能に形成されると共に堰部6より水勾配の上手側に沿って敷き並べられる複数の多孔質成形体4とを設けてある。 (もっと読む)


【課題】cis−1,2−DCE分解能を有するデハロコッコイデス属細菌を迅速、簡便且つ高感度で検出することを可能にするデハロコッコイデス属細菌検出用プライマーセットを提供する。
【解決手段】標的領域(A)をLAMP法により増幅させるプライマーセット(I)と、標的配列(B)をLAMP法により増幅させるプライマーセット(II)及び標的配列(C)をLAMP法により増幅させるプライマーセット(III)から選ばれる少なくとも一方のプライマーセットと、を含むデハロコッコイデス属細菌検出用プライマーセット。 (もっと読む)


【課題】貫通孔を形成することによる耐火性の低下を低減することができる木製の構造部材を提供する。
【解決手段】木製部材12を貫通する貫通孔14の周囲に設けられた燃え止まり部16によって、火災時に貫通孔14へ進入した火炎及び熱の進入が抑えられ、燃え止まり部16で燃え止まるので、木製部材12に貫通孔14を形成したことによる耐火性の低下を低減できる。 (もっと読む)


【課題】杭基礎や、地盤改良等の沈下対策を採用することなく、基礎の大型化や、コンクリート量及び鉄筋量の増大を招くこともなく、太陽光発電パネル又はアレイを軟弱地盤等に設置する。
【解決手段】太陽光発電パネル(2)又はアレイ(3)を地盤(G)上に支持するための太陽光発電装置(1)の基礎構造は、パネル又はアレイの中央部又は中央領域を下側から支持するベースプレート(5)と、ベースプレートを固定可能な頂面(13)を備えた単一置き基礎形式且つ無筋コンクリート構造の短柱状基礎(10)と、基礎の外側面を被覆する管体又は筒体(15)と、ベースプレートを基礎頂面に係留する係留手段(11)とを有する。全体的に平板状の輪郭を有するパネル又はアレイ支持用のフレーム(4)が基礎上に設置される。パネル、アレイ及びフレームの荷重は、ベースプレートを介して基礎に直に伝達する。 (もっと読む)


【課題】杭基礎で支持されたラーメン架構を有する構造物において、ラーメン架構のスパ
ン中央部に位置する土間コンクリートに基礎梁機能を代替させることにより、スパン中央
部の基礎梁を省略して、柱脚部の固定度を確保するための基礎梁用の掘削量を低減すると
共に、基礎梁用の鉄筋やコンクリート等の材料費を減少して、工費の軽減と工期の短縮を
可能にする。
【解決手段】杭基礎3で支持されたラーメン架構1と土間コンクリート2を有する構造物
であって、ラーメン架構両端の柱脚部においては、土間コンクリートの端部に基礎梁状の
端部補強部4を設け、ラーメン架構のスパン中央部においては、土間コンクリートに基礎
梁機能を代替させることにより、柱脚部の固定度を確保すると共に、スパン中央部の基礎
梁を省略する。 (もっと読む)


【課題】基礎免震層が支持する構造物の構造や規模等に起因して生じる、免震建物の構造設計の労力を軽減することが可能な免震建物、及び免震建物の設計方法を提供する。
【解決手段】基礎免震層12に支持された下部構造物14と、下部構造物14の上に設けられた中間免震層16に支持され、下部構造物14に対してセットバックして設けられた上部構造物18とを有する免震建物10により、免震建物の構造設計の労力を軽減することができる。 (もっと読む)


【課題】簡易な構造で放射線を遮蔽することができる放射線汚染物の保管方法を提供する。
【解決手段】第1放射線汚染物46の外側を第1放射線汚染物46よりも放射線濃度が低い第2放射線汚染物48で囲む放射線汚染物の保管方法。 (もっと読む)


【課題】建造物本体の揺動の特徴を容易かつ高精度に推定することができる揺動特徴推定装置を提供する。
【解決手段】建造物本体に含まれる建造物本体16の下面に固定された振り下げ36と、基礎14に設けられ、振り下げ36の磁場の強さを測定する測定送信装置38と、測定送信装置38の測定結果に基づいて建造物本体の揺動の特徴を示す揺動特徴情報を導出するCPU34Aと、を有する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、移動の際に生じる騒音の発生を抑制することができるエレベータ装置の搬器を提供する。
【解決手段】エレベータ装置10の搬器30は、マスト20に連結されてマスト20に対して移動する駆動部40と、駆動部40上にローラ72を介して載せられる荷台50とかご60とを備える。ローラ72において荷台50に接触する部分は、非金属材料で形成されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,669