株式会社ツムラにより出願された特許

1 - 10 / 43



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】多成分物質の評価の精度及び効率を向上させることを可能とする。
【解決手段】対象FP作成工程173と、対象FPピーク帰属工程149と、対象FPピ
ーク特徴量作成工程151と、対象FPタイプ2作成工程153と、対象FP領域分割特
徴量作成工程155と、対象FP特徴量統合工程157と、評価工程171とを備え、対
象FPピーク特徴量及び対象FP領域分割特徴量を統合して対象FP統合特徴量を作成し
、対象FP統合特徴量とこの対象FP統合特徴量に対応し評価基準となる多成分物質の複
数の基準FPに基づく基準FP統合特徴量とを比較評価することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 癌等に伴う悪液質を有効に改善ないし緩和することのできる手段を提供すること。
【解決手段】 六君子湯または次の式(I)
【化1】


で表されるソウジュツ由来成分を有効成分とする悪液質改善剤。 (もっと読む)


【課題】短工程で効率的な5,7‐ジヒドロキシ‐6‐メトキシフラボン類の製造方法の提供。
【解決手段】下記式一般式(II)、


(式中、nは0〜5の整数を表し、Rはヒドロキシ基等を表し、nが2以上の場合、Rはそれぞれ同じでも異なっていてもよい。Rは炭素数1〜4の直鎖もしくは分岐鎖のアルキル基等を表す。)で表される5,6,7‐トリメトキシ‐8‐アシルフラボン類を脱メチル化する工程を備える、5,7‐ジヒドロキシ‐6‐メトキシフラボン類の製造方法。 (もっと読む)


【課題】短工程かつ高立体選択的なサンショール類の製造方法および該製造方法に有用な中間体であるアルキン誘導体を提供する。
【解決手段】下記一般式(I)、


(式中、Aはハロゲン原子を表し、Rは水素原子、ヒドロキシ基またはメチル基を表す。)で表されることを特徴とするアルキン誘導体、およびこれを用いるサンショール類の製造方法であって、アルキン誘導体と、ボロン酸誘導体とをクロスカップリング反応させる工程を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 フラップ拡開手段が簡単な構造にでき、箱詰め装置の構造をシンプルにしてコンパクト化を図ること
【解決手段】 4つの上部フラップ6a〜6dが開いた状態の外箱5に対し、複数の小箱1からなる小箱群2を収納する箱詰め装置である。第1,第2上部フラップ6a,6bを抑え板を用いて拡開状態に保持し、ロボットアーム装置の吸着ヘッド41で保持した小箱群を傾けながら下降移動させて第3上部フラップ6cに対して当接させて押し広げ、次いで傾き方向を変えて小箱群にて第4上部フラップ6d押し広げることで、外箱の上方を広く開放する。その後、小箱群の姿勢を垂直に戻し、外箱の開口部位に合わせて下降移動させて収納するようにした。 (もっと読む)


【課題】 ペルオキシソーム脂肪酸β酸化系活性を向上することができるペルオキシソーム脂肪酸β酸化系活性化物質の検出方法の提供。
【解決手段】 極長鎖脂肪酸のβ酸化活性が低下したヒト由来の皮膚繊維芽細胞に、被検試薬と末端が標識された極長鎖脂肪酸を加えて培養し、培養後の水性代謝物中の標識量を測定するペルオキシソーム脂肪酸β酸化系活性化物質の検出方法。 (もっと読む)


【課題】ダイオウ、シャクヤク、ゴボウシ、リュウタン等の生薬試料においても高い回収率で残留農薬を精製することができる方法を提供する。
【解決手段】次の工程:
(i)生薬試料をアセトニトリル水溶液で抽出する工程、
(ii)その後、水溶性の夾雑物を除く工程
(iii)その後、酢酸エチルを加える工程、及び
(iv)脂溶性の夾雑物を除く工程
を含む生薬試料中の残留農薬の精製方法。 (もっと読む)


【課題】プルヌス属植物の種を高い精度で判別する方法を提供する。
【解決手段】被検試料に含まれるプルヌス属植物の種を鑑別する方法であって、被検試料に含まれるプルヌス属植物の種を鑑別する方法であって、被検試料に含まれる植物の葉緑体ゲノムにおけるリボソーム遺伝子rpl16のイントロンの部分領域の塩基配列を、配列番号1〜7の塩基配列から選択される少なくとも1つの塩基配列と比較することを含む、前記方法。 (もっと読む)


【課題】生薬試料において農薬の添加回収率を維持しつつ、夾雑物の除去率を高めることができる生薬試料中の残留農薬の精製方法を提供する。
【解決手段】次の工程:
(i)生薬試料を、アセトニトリルと水の容量比が1:1〜19:1であるアセトニトリル水溶液で抽出する工程、
(ii)抽出後のアセトニトリル水溶液におけるアセトニトリルと水の容量比を2:3〜3:2に調整する工程、及び
(iii)前記工程(ii)によりアセトニトリルと水の容量比が調整された溶液をカラムクロマトグラフィーに付す工程
を含む生薬試料中の残留農薬の精製方法。 (もっと読む)


1 - 10 / 43