UDトラックス株式会社により出願された特許

1 - 10 / 1,028


【課題】目封じ部の近傍に堆積したPMを再生時に確実に燃焼し、PMの燃え残りによる再生時の異常燃焼が生じないDPFエレメント構造の提供。
【解決手段】DPF(50)の上流側に位置する目封じ部(Pi)は全てDPF上流側端面に位置しており、且つ、DPF中心軸方向長さは同一であるが、DPF(50)の下流側に位置する目封じ部(11〜15)のDPF中心軸方向長さは同一ではなく、当該(DPFの下流側に位置する)目封じ部(11〜15)の下流側端面はDPF下流側端面に位置している。 (もっと読む)


【課題】二重管構造の排気管を有する排気浄化装置において、その外管の腐食発生を抑制する。
【解決手段】排気浄化装置は、エンジンの排気管に配設され、尿素水溶液から生成されるアンモニアの供給を受けて、排気中のNOxを選択還元浄化するSCR触媒と、SCR触媒の排気上流に尿素水溶液を噴射供給する噴射ノズルと、を含んで構成される。また、噴射ノズルとSCR触媒との間に位置する排気管の少なくとも一部が、溶接箇所38を有する内管34及び外管36からなる二重管構造をなしていると共に、外管36の溶接箇所38がその内方から溶接されている。そして、外管36の溶接箇所38が、溶接温度が高い内周面で細かく、溶接温度が低い外周面で粗くなるようにし、内周面における原子のならびを整えることで、アンモニアに晒される可能性がある内周面の耐腐食性を高める。 (もっと読む)


【課題】蓄電モジュールの温度調整装置の組み立て性を向上する。
【解決手段】本発明は、電荷を蓄えることが可能なキャパシタ1が複数積層されてなるキャパシタモジュール1の温度を調整する温度調整装置100であって、隣り合う一対のキャパシタ1の間に挟持され、弾性体で形成されてキャパシタ1の膨縮に応じて変形可能な熱交換パック20を備え、熱交換パック20は、キャパシタ1との間で熱交換を行う流体を内部に供給するための供給口21と外部へ排出するための排出口26とを有する。 (もっと読む)


【課題】万一ハブのフランジ部に剪断が生じても、ホイールが車両外に離脱しないホイール取付構造の提供。
【解決手段】ブレーキドラム(6)の半径方向内方端部(62c)に追加の円環部(62f)を形成し、当該追加の円環部(62f)はブレーキドラム(6)を位置決めする段部(13c)よりも車両内側方向の領域に形成されており且つ当該ブレーキドラム位置決め用の段部(13c)の円周方向全域に形成されている。 (もっと読む)


【課題】燃費性能の低下やコンプレッサの汚損,腐食を抑制しつつ、高い応答性で大量の排気還流を行える、排気還流装置を提供する。
【解決手段】ディーゼルエンジン10の排気マニホールド11を、第1気筒#1用のサブ排気マニホールド11Aと、他気筒用のメイン排気マニホールド11Bと、に分割する。また、吸気マニホールド16を、第1気筒#1用のサブ吸気マニホールド16Aと、他気筒用のメイン吸気マニホールド16Bとに分割する。そして、サブ吸気マニホールド16Aのコレクタにサブ吸気管17Aを接続し、メイン吸気マニホールド16Bのコレクタにメイン吸気管17Bを接続する。更に、サブ排気マニホールド11Aと、メイン吸気管17Bに設けたメインコンプレッサ13B2の上流側とを接続する、EGR管15を設け、EGR管15には、DOC(酸化触媒)20及びEGR弁22を設ける。 (もっと読む)


【課題】簡単な機構で燃料噴射特性を切り替える。
【解決手段】燃料噴射装置40は、燃料噴射方向が異なる第1の噴孔42A及び第2の噴孔42Bが先端部に開設されたノズルボディ42と、ノズルボディ42に対して回転可能に内挿されたニードルバルブ44と、ニードルバルブ44を回転させるアクチュエータ46と、を有する。そして、ニードルバルブ44の先端部には、燃料導入口42Eから燃料供給路44Aへと導入された燃料を、アクチュエータ46が非作動の場合に遮断し、アクチュエータ46によりニードルバルブ44が一方へ回転された場合に第1の噴孔42Aに供給し、アクチュエータ46によりニードルバルブ44が他方へ回転された場合に第2の噴孔42Bに供給するように、第1の供給孔44D及び第2の供給孔44Eが開設される。そして、ニードルバルブ44の回転によって、燃料噴射方向を切り替える。 (もっと読む)


【課題】二重管構造の排気管を有する排気浄化装置において、その外管の腐食発生を抑制する。
【解決手段】排気浄化装置は、エンジンの排気管に配設され、尿素水溶液から生成されるアンモニアの供給を受けて、排気中のNOxを選択還元浄化するSCR触媒と、SCR触媒の排気上流に尿素水溶液を噴射供給する噴射ノズルと、を含んで構成される。また、噴射ノズルとSCR触媒との間に位置する排気管30の少なくとも一部が、内管36及び外管38からなる二重管構造をなし、内管36及び外管38の両端部のうち、少なくとも排気上流端部に位置する端部が、フランジ34を介して全周に亘って相互に溶接されている。そして、尿素水溶液が混合した排気が、内管36と外管38との間に入り込まないようにし、外管38の内周面に尿素由来の析出物が析出し難くすることで、外管38の腐食発生を抑制する。 (もっと読む)


【課題】リフトアクスル専用のエアスプリングを設けることなく、所定のアクスルの上昇及び下降を確実に行うことが出来るリフトアクスル装置の提供。
【解決手段】車両のフレーム(3)に固定された第1の係合部材(例えば、ロックユニット4)と、上昇及び下降するべきアクスル(10)に固定された第2の係合部材(6)を有し、第1の係合部材(4)は解除レバー(7)を備え、当該第1及び第2の係合部材(4、6)は、アクスル(10)に取り付けられたエアスプリング(11)のエアを排出した際に機械的に係合する機能と、機械的に係合している状態の第1及び第2の係合部材(4、6)を前記解除レバー(7)により係合解除する機能を有している。 (もっと読む)


【課題】蓄電モジュールの温度調整装置の組み立て性を向上する。
【解決手段】電荷を蓄えることが可能なキャパシタ1が複数積層されてなるキャパシタモジュール10の温度を調整する温度調整装置100であって、キャパシタ1の外縁に沿って形成されて当該キャパシタ1に当接し、内部を流体が流れて当該流体とキャパシタ1との間で熱交換可能な流体通路20を備え、隣り合う流体通路20は、互いに連通する。 (もっと読む)


【課題】燃焼室に臨む吸気又は排気ポートの開口周囲に嵌合固定されるバルブシートに関し、耐久性をほぼ犠牲にすることなく伝熱を調節できるようにする。
【解決手段】提案するバルブシートの伝熱調節方法は、燃焼室と反対側の端面4に、半径方向rへ傾斜する傾斜部位5を形成し、該傾斜部位5の広さによって、開口周囲に形成された嵌合受け部に対する端面4の接触面積を調節する、伝熱調節方法である。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,028