日東電工株式会社により出願された特許

1 - 10 / 5,557


【課題】タックが小さくて取り扱い性に優れ、低温から高温に至る広温度領域において優れた粘弾性を示す、粘弾性体を提供する。
【解決手段】−70℃から350℃の温度領域において、圧着式の粘弾性スペクトル評価におけるE’が5.0×10Pa以下の粘弾性体である。 (もっと読む)


【課題】タックが小さくて取り扱い性に優れ、特定の粒径の粒子を選択的に採取することが可能な粘弾性体の材料及び、そのような材料を用いた粘弾性体を提供する。
【解決手段】カーボンナノチューブ集合体10は、複数のカーボンナノチューブ2を備え、該カーボンナノチューブが複数層を有し、該カーボンナノチューブの層数分布の分布幅が10層以上であり、該層数分布の最頻値の相対頻度が25%以下であり、該カーボンナノチューブの長さが10μmより大きい。また、カーボンナノチューブ集合体は、複数のカーボンナノチューブを備え、該カーボンナノチューブが複数層を有し、該カーボンナノチューブの層数分布の最頻値が層数10層以下に存在し、該最頻値の相対頻度が30%以上であり、該カーボンナノチューブの長さが10μmより大きい。 (もっと読む)


【課題】太陽光集光効率を高める発光性波長変換物質を含む、少なくとも1つの太陽電池または光起電性デバイスのための封入構造物を提供する。
【解決手段】発光性波長変換物質は、少なくとも1つの発光性色素と、光学的に透明なポリマーマトリックスとを含む。、前記封入構造物の、太陽電池、ソーラーパネル、光起電性デバイスを含む太陽光集光デバイスへの適応は、デバイスによって有効に電気に変換することができる入射太陽光のスペクトルを拡大することによって、デバイスの太陽光集光効率を改善する。 (もっと読む)


【課題】得られる積層フィルムにおいて発生する気泡を抑えることができ、かつシワやスジ状の凹凸ムラの発生を抑えることができる積層フィルムの製造方法を提供すること。
【解決手段】第1フィルムの少なくとも片面に、第2フィルムを一対のラミネートロール間を通過させことにより貼り合わせる積層フィルムの製造方法において、第1フィルムおよび第2フィルムの幅が、一対のラミネートロールの幅よりも長く、第1フィルムおよび第2フィルムの両側が、一対のラミネートロールの両側よりも外側にある状態で、前記貼り合わせを行う。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、剥離作業性に優れる両面粘着シートを提供することにある。
【解決手段】本発明の両面粘着シートは、両側の表面が粘着面となっている粘着体の少なくとも一方の粘着面(a)に剥離ライナー(A)を有し、前記剥離ライナー(A)が、紙系基材の少なくとも前記粘着面(a)側に剥離剤層を有し、前記剥離ライナー(A)の前記粘着面(a)に対する90°剥離試験における剥離力に対する前記剥離ライナー(A)の層間強度の割合[前記剥離ライナー(A)の層間強度/前記剥離ライナー(A)の前記粘着面(a)に対する90°剥離試験における剥離力]が15以上であることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】タックが小さくて取り扱い性に優れ、高温条件下においてもアウトガス発生量が少ない、粘弾性体を提供する。
【解決手段】粘弾性体は、400℃で1時間保管した際のアウトガス量が20mg/cm以下である。 (もっと読む)


【課題】基材を再利用することができ、生産性よくスタンパを製造することができる円筒状スタンパの製造方法、および、生産性よく製造される円筒状スタンパを提供すること。
【解決手段】内周面に円筒状スタンパ1の凹凸の反転パターンとして凹凸が形成された円筒状基材5を準備し、その円筒状基材5の内周面に、樹脂および/または非金属無機物からなるスタンパ層7を形成した後、スタンパ層7を、円筒状基材5の内周面から剥離することにより、外周面に凹凸を有する円筒状スタンパ1を製造する。このような円筒状スタンパ1の製造方法では、円筒状基材5の破損などを抑制することができ、また、円筒状基材5を溶解除去する必要も無いので、円筒状基材5を再利用することができ、また、生産性よく円筒状スタンパ1を製造することができる。 (もっと読む)


【課題】 クラックや剥離などの欠陥が発生することを抑制できる、耐水性光学異方性フィルムの製造方法を提供する。
【解決手段】 本発明の耐水性光学異方性フィルムの製造方法は、アニオン性基を有する有機色素を含む光学異方性フィルムに、多価カチオン化合物と1価カチオン化合物とを含む耐水化処理液を接触させる耐水化処理工程を有し、前記耐水化処理液に含まれる前記多価カチオン化合物と前記1価カチオン化合物の質量比率:1価カチオン化合物/多価カチオン化合物が、0.01〜2である。 (もっと読む)


【課題】高い熱放散性能を有する両面冷却構造のパッケージにおいて、パッケージ内部での界面剥離等が生じず、デバイスとしての信頼性を向上させることのできる低収縮性に優れた電子部品封止用エポキシ樹脂組成物を提供する。
【解決手段】下記の(A)〜(E)成分を含有し、下記の(D)成分の含有量がエポキシ樹脂組成物全体の82〜88重量%であり、下記の(E)成分の含有量がエポキシ樹脂組成物中の有機成分全体の5〜15重量%であり、かつエポキシ樹脂組成物のゲルタイムが15〜25秒である電子部品封止用エポキシ樹脂組成物である。
(A)ICI粘度が0.008〜0.1Pa・sで、かつ、エポキシ当量が100〜200g/eqであるエポキシ樹脂。
(B)ICI粘度が0.008〜0.1Pa・sで、かつ、水酸基当量が100〜200g/eqであるフェノール樹脂。
(C)硬化促進剤。
(D)無機質充填剤。
(E)シリコーン化合物。 (もっと読む)


【課題】両面粘着シートが貼り付けられたガラス板から該粘着シートを効率よく剥離する方法に関し、ガラス板に対する粘着力が比較的高い粘着シートにも好ましく適用可能な剥離方法を提供する。
【解決手段】両面粘着シート1の第一粘着面20Aおよび第二粘着面20Bがガラス板(第一被着体)52および第二被着体54にそれぞれ貼り付けられている粘着シート接合体50から第一粘着面20Aを剥離する方法が提供される。ここで、第一粘着面20Aは、水系粘着剤から形成された第一粘着剤層21の表面である。上記剥離方法は、粘着シート接合体50を、ガラス板52と第一粘着面20Aとの界面が水中に位置するように水に浸漬して保持することを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 5,557