日産自動車株式会社により出願された特許

1 - 10 / 16,386


【課題】アイドルストップ制御中に拭き取りムラやビビリの発生を抑制したアイドルストップ車両を提供する。
【解決手段】車両停止時にエンジン6を停止させるアイドルストップ車両1において、車両停止中にエンジン6を停止させるアイドルストップ開始条件が成立すると、エンジン6を停止させるアイドルストップ制御を実行するアイドルストップ制御手段と、窓8に付着した雨滴を除去するワイパー2と、ワイパー2を作動させる作動手段3と、アイドルストップ制御中に、アイドルストップ制御を実行していない場合よりも窓8に雨滴が溜まるようにワイパー2の作動を制御する制御手段7とを備える。 (もっと読む)


【課題】 燃費を向上できる車両のエンジン自動制御装置を提供すること。
【解決手段】 運転者のブレーキ操作量を検出するブレーキ操作量検出手段と、
コースト走行中、検出されたブレーキ操作量が第1の閾値を上回ったときにエンジンを停止し、エンジン停止後、検出されたブレーキ操作量が前記第1の閾値以下となったときにエンジンを再始動するエンジン停止再始動手段と、
減速度が低いほど前記第1の閾値を小さく設定する閾値設定手段と、を設けた。 (もっと読む)


【課題】 急激な減速度の発生を抑制することができる車両のエンジン自動制御装置を提供すること。
【解決手段】 コースト走行中に、検出されたブレーキペダル操作量が第1の操作量閾値以上のときにエンジンを停止し、エンジン停止後に検出された負圧が第1の負圧閾値を下回るとエンジンを再始動するようにした。 (もっと読む)


【課題】 制動力を十分に確保することができる車両のエンジン自動制御装置を提供すること。
【解決手段】 運転者のブレーキ操作量を検出するブレーキ操作量検出手段と、コースト走行中、検出されたブレーキ操作量が上限閾値を下回るとエンジンを停止し、エンジン停止後に、検出されたブレーキ操作量が下限閾値を下回るとエンジンを再始動するエンジン停止再始動手段と、減速度が高いほど前記上限閾値を小さく設定する上限閾値設定手段と、
を設けた。 (もっと読む)


【課題】電動ポンプからのオイルでクラッチを冷却する際、これら電動ポンプおよびクラッチが互いに熱負荷に対する延命を図ることで、全体的に長い熱負荷寿命を実現する。
【解決手段】クラッチ温度Tcがポンプ作動判定値Tc_onに達する度に、ポンプ12を最大流量Qmaxが吐出されるよう高速作動させてクラッチの冷却を優先させ、これによりポンプ温度Topがポンプ保護判定値Top_prt_onに達する度に、ポンプ12を制限流量Qlimが吐出されるよう低速作動させてポンプ12の保護を優先させる。この流量制限(Qop=Qlim)によりクラッチが温度上昇(Tc≧Tc_on)すると、ポンプ12が流量制限(Qop=Qlim)を禁止されて最大流量(Qop=Qmax)を吐出し、クラッチの設定高温状態を解消することができる。 (もっと読む)


【課題】軸方向の寸法増大を抑えながら、乾式クラッチからの摩耗粉を外部に排出する外気排出穴から密閉空間内への水浸入を防止すること。
【解決手段】ハイブリッド駆動力伝達装置において、密閉空間内に配置され、駆動力の伝達を断接する乾式多板クラッチ7は、ドライブプレート71と、ドリブンプレート72と、摩擦フェーシング73と、フロントカバー60と、カエリプレート68と、を備える。ドライブプレート71は、クラッチハブ3にスプライン結合される。ドリブンプレート72は、クラッチドラム6にスプライン結合される。フロントカバー60は、密閉空間内に外気を取り込む外気吸入穴66と、密閉空間内からの気流を外気へ排出する外気排出穴67と、を有する。カエリプレート68は、フロントカバー60の外気排出穴67に設けられ、外気排出穴67の周囲を外気排出方向に向かって立ち上げるカエリ部67bを有する。 (もっと読む)


【課題】VベルトがプーリV溝底面の歯に係合する変速比近辺で、Vベルトが歯に対し激しいラチェット状態になることのないようなベルト係脱許可判定装置を提案する。
【解決手段】最ハイ変速比でVベルトがプーリV溝底面の可動歯に係合するVベルト式無段変速機において、t1に目標変速比Dipが係合判定用設定変速比Lip未満(Lipよりもハイ側変速比)となり、この状態が所定時間ΔT1に亘って継続するt2に、目標変速比Dipが最ハイ変速比付近で安定していたと判断し、Vベルトが係合状態となる変速比へのt2〜t3間におけるアップシフトを許可する。目標変速比Dipが最ハイ変速比付近に安定しなった(Dip≧Lip´の状態が所定時間ΔT2に亘って続いた)t4に、目標変速比Dipが最ハイ変速比付近に安定しなくなったと判断し、Vベルトが可動歯から外脱する変速比へのt4以後におけるダウンシフトを許可する。 (もっと読む)


【課題】再予約の自由度を向上させるエネルギー供給装置ES,GSの予約管理装置を提供する。
【解決手段】指定された予約時間においてエネルギー供給装置ES,GSの利用を希望する一の予約車両VAの予約が実行される可能性を判断する予約実行判断機能と、判断された可能性が所定の評価値よりも低い場合には、予約時間に応じた他の所定時間に、この一の予約車両VAの再予約が可能であるか否かを確認する確認機能と、再予約が不可能であると確認されたときに、所定時間に予約をしている一又は複数の他の予約車両VBについて予約が実行される可能性を判断する再判断機能と、他の予約車両VBのうちいずれかの予約車両の予約が実行される可能性が所定の評価値よりも低いと判断された場合には、判断に係る他の車両VBの予約を取消し、一の予約車両VAの再予約をする再予約機能と、を実行させる。 (もっと読む)


【課題】クロスリークの有無を診断するにあたって、スタック内の液水に起因する誤診断を防止する。
【解決手段】電解質層の一方の面には酸素極を、他方の面には燃料極をそれぞれ備え、酸素極に酸化剤ガスを供給し、燃料極に燃料ガスを供給して発電する燃料電池を複数積層してなる燃料電池スタック1を備える燃料電池システムにおいて、各燃料電池の電圧または複数の燃料電池からなる燃料電池群の電圧を検出する電圧検出手段17を備える。そして、電解質層のクロスリークを反応ガス供給停止後の各燃料電池または燃料電池群の電圧に基づいて診断するクロスリーク診断手段40と、燃料電池内の液水の有無を判断する液水有無判断手段40と、を備え、液水無しと判断した場合にクロスリーク診断を実行する。 (もっと読む)


【課題】厚膜化と高密度化と磁気特性(特に残留磁束密度)の向上を同時に満足する磁石を提供する。
【解決手段】式(1);R−M−X(式中、Rは、Nd、Smの少なくとも一つを含み、Mは、Fe、Coの少なくとも一つを含み、Xは、N、Bの少なくとも一つを含む。)で表記される希土類磁石相を含有し、前記RがNdを主成分とする場合、理論密度の80%以上95%未満を有し、前記RがSmを主成分とする場合、理論密度の80%以上97%未満を有することを特徴とする磁石厚膜により達成することができる。 (もっと読む)


1 - 10 / 16,386