日本電気株式会社により出願された特許

1 - 10 / 19,353


【課題】構文解析システムを使用しない場合においても、低コストで精度よく翻訳できる機械翻訳システム、機械翻訳方法および機械翻訳プログラムを提供する。
【解決手段】機械翻訳システム1は、原言語テキストコーパス122と目的言語テキストコーパス124から、原言語と目的言語間の対応関係である翻訳モデル103aを生成する翻訳モデル生成部102と、翻訳モデル103aの適用を判断するための統語的な条件を記述した統語情報ルール126と、統語情報ルール126に従って、翻訳モデル103aの適用を判断するルール適用部106と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 位置情報の滞留点の判別精度を向上する。
【解決手段】 位置情報と時間情報とを含む位置情報ログを含むクラスタリング空間情報を生成し、クラスタリング空間情報をクラスタリングして滞留点パタン情報を抽出し、位置情報ログと交通機関に関する情報とを比較し経路情報を抽出し、位置情報ログから非滞留点候補ログを抽出し、非滞留点候補ログから移動経路パタン情報を抽出し、滞留点パタン情報と移動経路パタン情報とを基に抽出した移動経路候補ログをクラスタリング空間情報から除いて再クラスタリングして滞留点パタン情報を抽出する情報解析装置。 (もっと読む)


【課題】仮想マシンに用いたテスト環境において、テストシナリオが多岐にわたる場合であっても、VMイメージの保存コストを低減する。
【解決手段】テストツリー記憶部111は、仮想マシンに対して実行される複数のテスト項目の実行順序を示す木構造を記憶する。差分イメージ記憶部114は、各テスト項目の実行前後の差分イメージを記憶する。テスト制御部201は、初期VMイメージ、及び、木構造上のルートノードから指定されたテスト項目の親のテスト項目までの各テスト項目に対応する差分イメージをもとに、指定されたテスト項目の親のテスト項目のテスト実行後の仮想マシンのVMイメージを復元する。 (もっと読む)


【課題】特定の範囲に入場できる者をチェックすることによりセキュリティを高めること。
【解決手段】管理された特定範囲への入場を希望する入場希望者から入場時に本人確認用の第1本人確認情報の入力を受け付ける受付手段と、特定範囲への入場を許可された入場許可者があらかじめ登録した第2本人確認情報と前記第1本人確認情報とが一致するか否か判定する判定手段と、判定手段が第1本人確認情報と第2本人確認情報とが一致すると判定した場合に、第2本人確認情報と紐付けて記憶された顔画像情報を表示端末に送信する送信手段と、判定した結果が一致し、かつ、顔画像情報が送信されたことを確認した場合に、特定範囲への入口の開錠を指示する指示手段とを備えた情報処理装置と、送信手段によって送信された顔画像情報を受信して表示する表示端末と、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】マガジンの挿入時および引き出し時の過度な移動速度を抑止し、操作者の安全を図り、装置の損害を防止または軽減させることができる磁気テープライブラリ装置を提供する。
【解決手段】磁気テープライブラリ装置10を、内部に磁気テープカートリッジを収納するマガジン12と、このマガジン12を挿抜方向に移動自在に収容する装置本体11と、装置本体11の一方の側に設けられマガジン12から取り出した磁気テープカートリッジを搬送するアクセッサ機構16と、アクセッサ機構16により搬送された磁気テープカートリッジを装填してデータの読み込みを行う磁気テープドライブ15と、を備え、マガジン12に、当該マガジン12の過度の移動速度を減速可能とする収納体用減速機構20を設けた構成とする。 (もっと読む)


【課題】集中制御型の通信システムにおいて、禁止すべきあるいは不必要なアドレス解決要求メッセージとその応答メッセージの授受を抑制する。
【解決手段】通信システムは、少なくとも1つ以上の通信ノードと、前記通信ノードを制御し、複数の外部ノード間の通信を制御する制御装置と、前記複数の外部ノード間の通信可否を定義した通信可否情報を記憶する通信可否記憶装置と、を含む。前記制御装置は、前記通信ノードを介して受信したアドレス解決要求メッセージが、一の外部ノードから当該外部ノードと通信が許可されている他の外部ノードのアドレスの解決を要求するアドレス解決要求メッセージでない場合、前記アドレス解決要求メッセージの送信元へのアドレスの応答を抑止する。 (もっと読む)


【課題】海中ネットワークで海中ネットワーク端末(中継器)が故障した際における、機材の探索や位置特定、修理や交換作業の負担を軽減する。
【解決手段】海底3には、海中ネットワーク4(ケーブル)が敷設されている。海中ネットワーク4の各所には、海中ネットワーク4を構成する機材として複数の海中ネットワーク端末(中継器)5、5、…が設置されている。海中ネットワーク端末(中継器)5、5、…の各々には、異状状態を通知するための異状検出通知装置6、6、…が接続されている。海中ネットワーク端末(中継器)5aは、異状が発生すると、自身に接続されている異状検出通知装置6aのエラー検出回路に異状信号を送信する。異状検出通知装置6aは、異状信号を受信すると、海中に浮遊する水中ロボット7に対して、異状信号を送波する。 (もっと読む)


【課題】1点における監視によって複数区間のパケット品質を評価するとともに、その劣化箇所の判定を行うパケット解析装置、システムならびに評価方法を提供する。
【解決手段】トンネリングプロトコルによるパケット通信の品質評価を行なうパケット解析装置において、受信したトンネリングプロトコルパケットのロスを検出する。さらに、トンネリングプロトコルパケットに含まれるユーザパケットのロスを検出し、トンネリングプロトコルパケットロス検出結果とユーザパケットロス検出結果とに基づいて、パケットロスがパケット交換機間の通信区間で発生したか、パケット交換機に至るユーザパケットの通信区間で発生したかを判定する。 (もっと読む)


【課題】接続対象物と光モジュールとの位置合わせの精度を向上させることが容易な光接続装置を提供する。
【解決手段】リボン状の光媒体11を含む接続対象物10を光モジュール21に接続する光接続装置1であり、光モジュールを収容するための第1収容部2a1と、接続対象物を収容するための外方に延出したガイド部に設けられる第2収容部2b1とを備えるハウジング、及び筒状に形成されてガイド部2bにスライド可能に嵌合装着されるスライダ3を有する。第1収容部と第2収容部とは、接続対象物と光モジュールの接続方向に沿って隣接するとともに互いに連通している。スライダは、リボン状の光媒体を第1の方向に弾力的に押圧する第1押圧部3aを備えている。スライダをガイド部に沿って第1収容部に近づく向きにスライドさせると、第1押圧部が第1の方向でリボン状の光媒体を平面に向けて押圧することで、接続対象物が第1位置決め部に位置決めされる。 (もっと読む)


【課題】コンテンツ毎の開示範囲設定の自由度を維持しながら、その設定作業の負担をより低減するコンテンツ共有システムを提供すること。
【解決手段】コンテンツDB11と、開示規則DB12と、登録要求対象のコンテンツに適合する開示規則が開示規則DB12に格納されている場合、該開示規則に基づいて該コンテンツの開示範囲を決定し、適合するものがない場合、入力情報に基づいて該開示範囲を決定する開示範囲決定部13と、適合する開示規則がない場合、該コンテンツの属性値および決定された開示範囲に基づく新規の開示規則を開示規則DB12に追加する開示規則学習部14と、該コンテンツおよび決定された開示範囲を対応付けてコンテンツDB11に登録するコンテンツ登録部15と、コンテンツの閲覧を要求するユーザIDが、要求対象のコンテンツの開示範囲内である場合、そのコンテンツを閲覧要求元に送信するコンテンツ閲覧部16とを備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 19,353