松下冷機株式会社により出願された特許

1 - 10 / 25


【課題】冷凍サイクルの冷媒として可燃性冷媒を使用しても、外圧が加わった時に可燃性冷媒が引火することのない安全な冷却機器を提供する。
【解決手段】圧縮機10,凝縮器11,蒸発器6等を配管で接続した冷凍サイクルに炭化水素系の可燃性冷媒を封入した構成を備えた冷却・加温自動販売機の本体1内で漏出する可燃性冷媒を検知して本体1内のヒータをオフする炭化水素センサー14を配設して冷却・加温自動販売機が可燃性冷媒により爆発する事故を未然に防止する。 (もっと読む)


【課題】2つの製氷皿に給水して製氷する自動製氷装置に適した給水制御を実現する。
【解決手段】水を蓄えた給水タンク11から、氷点下の雰囲気に配置された2つの製氷皿(第1製氷皿26a、第2製氷皿26b)へポンプ24を介して水を供給して製氷する自動製氷装置において、給水時は特定の製氷皿(第1製氷皿26a)へ先に給水し、給水タンク11の水位が低く中途半端な水量が供給される最悪の場合でも、他方の製氷皿(第2製氷皿26b)より水量が多くなるように仕向けることが可能となり特定の製氷皿(第1製氷皿26a)の温度センサー30の検知による製氷完了をもって他方の製氷皿(第2製氷皿26b)の製氷完了を認識でき、2つの製氷皿を備えているにも拘らず、1つの製氷皿を管理すればよいので、構成が簡素化され低コストである。 (もっと読む)


【課題】芯材外周のヒレ状の外被材周縁部を小さくできる真空断熱材の製造方法を提供する。
【解決手段】内面に熱溶着層を有するガスバリア性のラミネートフィルムからなる3方を熱溶着でシールした袋状の外被材39に芯材2を挿入し、減圧環境下で外被材39の開口部を熱溶着して熱溶着部40を形成した後、常圧環境下で熱溶着部40,40aに囲まれた部分全体を加熱して、熱溶着部40,40aに囲まれ外被材39の間に芯材2がなく外被材39同士が接触している部分のすべてを熱溶着して熱溶着部42を設ける。そして、芯材2との間に所定幅の熱溶着部42が残るように外被材39を切断することにより、真空断熱材の芯材外周のヒレ状の外被材周縁部を小さくできる。 (もっと読む)


【課題】ICカード、ICタグ等のデータキャリアを用いて商品を購入し得る自動販売機の操作性を、構成の複雑化を伴わずに改善する。
【解決手段】常時操作可能な状態に維持された購入商品を指定する商品指定スイッチ15の操作がなされた後に、データキャリア2を金額データの読み書きをするリーダライタ12に近づけることで、リーダライタ12により金額データの読取りがなされ、指定された商品の代金を差し引き、差し引き後の残額に対応する更新データをリーダライタ12に送り出し、データキャリア2に書き込ませるまでの精算処理を一括して行わせる。また、商品指定スイッチ15の操作がなされる都度、有効時間設定器5によりデータキャリア2をリーダライタ12に読み取らせる有効時間が設定される。 (もっと読む)


【課題】冷蔵庫に関し、断熱性能と生産性と安全性の向上を図る。
【解決手段】内箱3と外箱4との間に真空断熱材2を配設し真空断熱材2以外の空間部に硬質ウレタンフォーム6を発泡充填した断熱箱体1と、断熱箱体1内を冷却する冷却装置とを有し、断熱箱体1の硬質ウレタンフォーム6の発泡剤と冷却装置の冷媒に炭化水素系の可燃性物質を用いた冷蔵庫であって、断熱箱体1に配設した真空断熱材2を、シート状無機繊維集合体からなる芯材をガスバリア性フィルムで覆った真空断熱材として、可燃性の発泡剤と冷媒を用いながらも燃えにくく有害ガスを発生しにくくしたものである。これにより、経時断熱性能,生産性に優れた断熱箱体が得られ、真空断熱材の被覆率を向上させて断熱性能を向上でき、燃えにくい冷蔵庫にできる。 (もっと読む)


【課題】冷凍した食品の、解凍時における褐変を防止する。
【解決手段】食品を凍結する工程(S206〜S210)と、前記凍結の工程の前に、前記食品の温度を、前記食品を褐変させる酵素が失活する酵素失活温度まで上げる工程(S201〜S205)とを備えた食品凍結方法。 (もっと読む)


【課題】自動販売機等の機器本体の庫外に設置される冷凍装置の凝縮器となる熱交換器にあって、フィン間の目詰まりを軽減する。
【解決手段】多数枚を並設した板状のフィン10と、このフィン10を貫通し、かつ内部を冷媒が流動する複数の管12とを備え、前記フィン10は空気流入側端面13に、上向端面15とこの真下に位置する下向端面16を有する複数の埃付着軽減部14を設け、空気流入側端面13の全体を鋸歯状に形成している。フィン10間に流入する空気中の埃で、上向端面15にあたった大半はその傾斜面に沿って流れるうちにフィン10間に入って通過し、また下向端面16は埃が堆積し難いが、堆積しても重力で落ちてしまう。そして、下向端面16は長い間に上向端面15に埃が堆積してフィン10間に目詰まりが生じた際でも空気流の側路の役目をするので長期間に亘り目詰まりし難い。 (もっと読む)


【課題】R600aを主体とする冷媒を用い、高効率でかつ振動が小さく、騒音の低い密閉型電動圧縮機を提供する。
【解決手段】R600aを主体とする炭化水素冷媒を主成分とする冷媒を用い、商用電源周波数未満の回転数を含む複数の運転周波数で駆動されるインバーター駆動式のレシプロ型密閉型電動圧縮機であって、ピストン130の外径対往復動の比は1対1から1.5対1の範囲内であり、圧縮要素106が電動要素105の略上方に構築され、かつ圧縮要素106が固定子103を介し、固定子103の下方で密閉容器101から弾性支持されたことで圧縮時の振動が小さくおさえられ、また圧縮室122とピストン130の間の漏れが小さく抑えられるので、高効率でかつ振動が小さく、騒音の低い密閉型電動圧縮機を実現できる。 (もっと読む)


【課題】低速回転時の効率を上げることのできる密閉型電動圧縮機を提供する。
【解決手段】シリンダブロック7の圧縮室13上壁に切り欠き部7cを設けるとともに、ピストン23の下死点近傍で切り欠き部7cを介して密閉容器1内と連通する環状の給油溝23eをピストン23の外周に凹設したもので、ピストン23が下死点の時に、環状の給油溝23eに潤滑油が溜まり、圧縮時(上死点)に、ピストン23と圧縮室13との間に潤滑油を送り込むことで、圧縮室13からの圧縮ガスの洩れによる冷凍能力低下を小さく抑えた。 (もっと読む)


【課題】冷蔵庫の野菜室に関し、緑色葉菜類の鮮度保持を目的とし、野菜室で効率の良い弱光照射を行わせる。
【解決手段】野菜収納用の収納容器25の上面部に仕切り板40を設けて野菜からの水分蒸散により高湿状態を保つ野菜室32と、野菜室32内において収納容器25の外側に対面して配置されて可視光線領域波長を発光照射する半導体発光素子を有する弱光照射装置26とを備え、収納容器25を透光性材料で形成し、半導体発光素子の光を収納容器25を透過して25収納容器内に収納された野菜に対して照射することにより、発熱量を小さく抑えて、野菜室32内の温度上昇を抑制しながら野菜にクロロフィルの分解抑制による弱光照射効果をもたらすことができ、野菜の貯蔵性が高まり、栄養成分を保持することができる。 (もっと読む)


1 - 10 / 25