株式会社アーレスティにより出願された特許

1 - 10 / 44


【課題】軽量化を図ると共に、あらゆる方向からの捩り力、引張り力、曲げ力あるいは圧縮力に対しても、接合強度が高く、高剛性で、製造的にもコスト的にも有利な、車両用部品の構造を提供する。
【解決手段】アルミダイキャスト製のトレーリングアーム1と鋼板製のトーションビーム2相互間に鋼板製の中間部材11を設け、中間部材11の一端部をトーションビーム2と溶接接合し、他端部11aをトレーリングアーム1のダイキャスト成形時に一体的に鋳包むように構成した車両用部品であり、中間部材11は、一端部が筒状をしたトーションビーム2の端部と内接若しくは外接するように成形され、鋳包み部12が、中間部材11の軸線と並行に伸延する直状管部11dと、直状管部11dの少なくとも端部11bに形成された段付き部11eと、を有するように形成したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】合金元素の添加量の少ない低合金の鉄系焼結部材としつつ、焼結部材自体の強度を高め、かつ軽金属との密着性および接合強度に優れる鋳包み用焼結部材、およびその製造方法を提供する。
【解決手段】軽金属合金に鋳包まれて使用される鋳包み用焼結部材であって、組成が、Cu:3〜5質量%、C:0.2〜1.2質量%、および残部がFeおよび不可避不純物からなり、鉄合金基地中に銅相と気孔が分布する金属組織を呈するとともに、気孔の気孔率は11〜22%であり、銅相は、焼結部材表面の銅相が、焼結部材内部の銅相よりも質量%で2.0倍以上多く分布する焼結合金からなるものとする。 (もっと読む)


【課題】非鉄金属構造物の加工孔をプラグ栓で封止する際、非鉄金属構造物に熱などによる変形が生じた場合でもプラグ栓の全周で気密性又は液密性を維持する。
【解決手段】加工孔11の開口部11aには加工孔11より大径で、加工孔11と同心のプラグ栓圧入孔12が設けられ、プラグ栓圧入孔12の内面12aと加工孔11の内面11aとの間に段差面13を有し、プラグ栓20は、プラグ栓圧入孔12の内面12aに締め嵌めされる側面20aと側面20aに連続した頂部20bを形成する湾曲面20cを有し、内面12aと段差面13との角部14全周と、プラグ栓20の湾曲面20cとの間に、接着剤30を封入する接着剤溜まり31が形成され、接着剤溜まり31は、側面20aを内面12aに締め嵌めすることで形成した第1の圧接部32と湾曲面20cを段差面13に圧接することで段差面13を塑性変形させて形成した第2の圧接部33との間で密封されている。 (もっと読む)


【課題】床面への取り付け設置を簡易的に行うことができて、設置機器類全体から室内天井付近などのそれぞれの方向に向けた広範囲の指向性にて空調空気を振り分け吹き出させることができ、しかも、構造がシンプルで低コストにて製作することができる空調用床吹出し口装置を提供する。
【解決手段】空調用床吹出し口装置Aであって、吹出し口Cに連通させて床面Fの裏側に取り付けられるケース部1と、このケース部1内に横架状に配設される吹出し指向性フィン2とを備えて構成されている。ケース部1は、吹出し口Cの開口形状と略同じ形状の上面吐出し口3を有する有底箱型形状に形成されて、空調空気の流れ方向Xに対して対向する一側壁面に空調空気の空気取入口4を備え、吹出し指向性フィン2は、空調空気の流れ方向Xに向け、かつ、上面吐出し口3の方向に向けた略上向き傾斜状に形成されて、空気取入口4に対して対向状に向き合うようにケース部1内に内設されている。 (もっと読む)


【課題】ダイカスト鋳造による量産品と比較して機械的特性が略75%得られる鋳物製造を砂型鋳造により具現化することを可能した耐熱マグネシウム合金およびその合金鋳物の製造方法を提供する。
【解決手段】アルミニウムを9.20〜12.6質量%、カルシウムを0.9〜2.0質量%、ベリリウム0.0005〜0.1000質量%、マンガンを0.10〜0.45質量%を含有し、残部がマグネシウムおよび不可避不純物からなる耐熱マグネシウム合金であり、当該耐熱マグネシウム合金溶湯に対して、630〜670℃でのフラックスによる精錬処理、または、630〜730℃での不活性ガスによる脱ガス処理、あるいは、200Torr以下の減圧下に放置する脱気処理のうち、いずれか一つ以上の処理工程の後に、キャビティ表面の温度が平均で45℃以上の鋳型内に、670〜730℃の注湯温度で合金溶湯を注湯する充填工程を含む製造方法である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、取付け剛性を確保しながら組付け作業の簡素化を図れるストラットバーの取付構造を提供する。
【解決手段】車幅方向Wに延在し、その両端60a,60bを車体1のストラット部30,31に固定するストラットバー60の取付構造において、ストラットバーの両端をストラット部に取り付ける取付部301,302とストラット部とで車体1を構成する骨格部材32,33を一体化して構造体7,8を構成し、ストラットバーの両端を、取付部301,302に締結して構造体に固定する。 (もっと読む)


【課題】ダイカスト金型におけるキャビティ内圧力を計測するキャビティ内圧力計測装置において、鋳造圧力を再現性良く計測することができ、計測器の破損を防ぎ、装置の耐久性を向上させる。
【解決手段】キャビティ面3から金型A外側に抜ける貫通孔5を設け、先端をキャビティ面3に臨ませ、後端を金型A外側に設置した圧力計測手段(ロードセル7)に当接させる計測ピン6を貫通孔5に摺動可能に設け、キャビティ面3に臨む計測ピン6の先端側を低熱膨張材によって形成し、貫通孔5内に計測ピン6の後端を圧力計測手段(ロードセル7)に常時当接させる弾発手段13を設けた。 (もっと読む)


【課題】簡易な手段で鋳バリ噴きを防止でき、鋳バリ噴きを複数段のバックアップ構造で堰き止めることができ、また堤防部が溶損してもその補修を簡便・迅速に終わらせることができるダイカスト鋳造用又は射出鋳造用金型を提供すること。
【解決手段】可動金型10(又は固定金型)のPL面11より盛り上がりかつ該盛り上がり面が平面加工とされた複数条の堤防部21,22,23が、PL面11の、キャビティ12、エアベント13及びランナ14の全部又は一部を取り囲んで形成され、堤防部21,22,23の高さが、可動金型と固定金型とを重ね合わせたときに、可動金型のPL面と固定金型のPL面との、堤防部に起因して生じる隙間が鋳バリ噴きが生じない限度以下の寸法となるように、設定されている。 (もっと読む)


【課題】底駒とその上側を埋める肉盛溶接とでウォータジャケット13の上部を一体に繋いで、品質及び耐久性に優れたセミクローズドデッキ型シリンダブロックを製造すること。
【解決手段】オープンデッキ型シリンダブロック11のシリンダボア12の周囲のウォータジャケット13の内周壁面19と外周壁面20とを、底駒15と肉盛溶接16,17,18で一体に繋いでセミクローズドデッキ型シリンダブロック10を製造する方法である。オープンデッキ型シリンダブロック11には、一対の底駒収容用凹部21、22を備える。底駒15を、底駒収容用凹部21、22の対向面下部及び段部底面に嵌合するように収容する工程と、MIG溶接機により肉盛溶接16,17,18を行う溶接工程と、を実施する。 (もっと読む)


【課題】スライドパネルの大きさを調整でき、免震部パネルとボーダー部パネルとスライドパネルとが同一の構造形式で構成されかつ同一レベルに設置され、スライドパネルの床強度が強く、地震時に飛び跳ねがない免震フリーアクセスフロアのスライドパネル設置構造を提供すること。
【解決手段】スライドパネル13は、外周壁と内周壁との間を切断できる。免震部パネル11とボーダー部パネル12とスライドパネル13とを同一の厚みとし、基礎床14上に立設したスライドパネル支持手段19の上に固定した下床板21上に楔ブロック22をボーダー部パネル12に隣接して固定し、スライドパネル13の端部13aに楔ピース23を接続固定し、下向き傾斜面23aを上向き傾斜面22aに面対偶させてスライドパネル13を下床板21上に載置しスライドパネル13の端部13bを免震部パネル支持手段16に支持した。 (もっと読む)


1 - 10 / 44