保土谷化学工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 107


【課題】有機溶剤に対する溶解性を向上することで、感光体特性において問題となるクラッキング現象を改善し、高感度、高耐久性を有する電子写真用感光体を実現し得る電荷輸送剤として有用であるp−ターフェニル化合物混合物、および該化合物混合物を用いた電子写真用感光体を提供する。
【解決手段】下記一般式(1),等で表される2種類の対称型p−ターフェニル化合物と、該化合物の置換基群を併せ持つ非対称型p−ターフェニル化合物からなるp−ターフェニル化合物混合物、及び該化合物混合物を含有する電子写真用感光体に関する。
(もっと読む)


【課題】新規な酸化型混合環状フェノール硫化物を提供すること。
【解決手段】下記一般式(1)


(1)
(式中、Rは炭素原子数1ないし6の直鎖状もしくは分岐状のアルキル基を表し、mは4ないし9の整数であり、nは1または2である。)で表される酸化型環状フェノール硫化物であって、mが8である酸化型環状フェノール硫化物とmが8以外の整数である酸化型環状フェノール硫化物の混合物である酸化型混合環状フェノール硫化物。 (もっと読む)


【課題】効率よく電流を取り出すことのできる新規構造の増感色素、ならびに該増感色素を用いた良好な光電変換素子ならびに色素増感太陽電池の提供。
【解決手段】式(1)で表される光電変換用増感色素。


[式中、Arは置換もしくは無置換のアリール基を表す。R〜Rは、水素原子、ハロゲン原子、置換もしくは無置換の炭素原子数1〜6のアルキル基、置換もしくは無置換のアリール基または置換もしくは無置換のアミノ基を表す。R、R10は、酸性基、置換もしくは無置換の炭素原子数1〜6のアルキル基、または置換もしくは無置換のアリール基を表す。Xは酸素原子、硫黄原子などを表す。nは0〜3の整数、pは1〜3の整数、qは1〜3の整数を表し、rは0〜2の整数を表す。] (もっと読む)


【課題】効率よく電流を取り出すことのできる新規構造の増感色素を提供し、さらには該増感色素を用いた良好な光電変換素子ならびに色素増感太陽電池を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表される光電変換用増感色素。


式中、R1、R2は炭素原子数1〜6のアルキル基、またはアリール基を表す。R3は炭素原子数1〜6のアルキル基を表す。R4〜R7は、水素原子、ハロゲン原子、炭素原子数1〜6のアルキル基等を表す。R8、R9は同一でも異なっていてもよく、酸性基、炭素原子数1〜6のアルキル基、またはアリール基を表す。ただし、R8とR9のいずれかは酸性基であるものとする。mは2〜10の整数、nは1〜3の整数、pは1〜3の整数、qは1〜3の整数、rは0〜2の整数を表す。 (もっと読む)


【課題】熱圧締時間を短縮して木質製品を効率よく製造することのできる木質製品の製造方法及びこれを可能とする接着剤を提供すること。
【解決手段】本発明の木質製品の製造方法は、接着剤を含む製造中間体を熱圧締して木質製品を得る木質製品の製造方法であり、前記接着剤として、微細炭素繊維を配合した接着剤を用いることを特徴とする。本発明の木質製品製造用の水性接着剤は、水性接着剤に微細炭素繊維を配合してなる。木質製品は、例えば、木質材からなる基材の片面又は両面に前記接着剤を介して表面化粧材を接合して得られる木質複合材である。 (もっと読む)


【課題】効率よく電流を取り出すことのできる新規構造の光電変換用増感色素、該光電変換用増感色素を用いた、光電変換効率が高く、かつ光照射を長時間続けても高い光電変換効率を維持することができる光電変換素子ならびに色素増感太陽電池を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表される光電変換用増感色素。


(一般式(1)において、R1〜R8はアルキル基等を、Zは飽和炭化水素環等を表す。n、p、qは1〜3の整数であり、rは0〜2の整数である。) (もっと読む)


【課題】帯電の立ち上がりが良く連続使用による繰り返し現像を行っても温度や湿度の変化に影響を受けず、長時間安定した画像を再現することのできるトナーを提供すること。
【解決手段】静電荷像現像用トナーに安定した静電荷を付与する方法であって、一般式(1)で表される金属錯塩化合物を含む電荷制御剤を静電荷像現像用トナーに含有させることを含み、当該金属錯塩化合物は、イオン交換水に1重量%分散させたときの電気伝導度が110μS/cm以下である、方法。


{上記式中MはFe等の配位中心金属を表わす。Arは置換又は無置換のアリール基である。X、Yは−O−等である。Kはナトリウムイオン等を示し、これらの混合物でも良い。mは1、2、3又は6を表し、pは金属Mの原子価、nは1、2又は4を表し、qは0又は整数を表す。} (もっと読む)


【課題】POMの有する優れた物性を損ねることなく安定的に十分な量のCNTを配合し、所望の導電性を備えたPOM/CNT導電性樹脂複合材料を提供すること。
【解決手段】POM100質量部に対し、CNTを0.1質量部以上20質量部未満含有する樹脂複合材料であって、樹脂複合材料の酸化アルミニウム含量が400ppm以下である導電性樹脂複合材料。 (もっと読む)


【課題】優れた正孔注入・輸送性を有し、かつアモルファス性に優れた均質な化合物、及び、上記化合物を用いた高効率、高耐久性の有機EL素子を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表される分子量1500〜の化合物、及び、該化合物を少なくとも1つの有機層の構成材料として含有する有機エレクトロルミネッセンス素子。


(XはN等を、Ar〜Arはフェニル基等を、R〜Rはアリール基を、nは1等を表す。) (もっと読む)


【課題】日本芝に対する選択性の無いトリアジン系除草剤を使用しながらも、日本芝に対する薬害を軽減させ、日本芝生内に発生する雑草に除草効果を有する、日本芝に対する安全性の高い除草剤を提供すること。
【解決手段】有効成分としてシアナジンを含有し、粒径が0.5乃至1.0mmの粒剤の形態を有する、芝生用除草剤。 (もっと読む)


1 - 10 / 107