日立マクセル株式会社により出願された特許

1 - 10 / 2,366


【課題】 生産性に優れ、放電後の電池膨れを抑制し得る扁平形アルカリ電池を提供する。
【解決手段】 正極合剤の成形体からなる正極、亜鉛粒子または亜鉛合金粒子を含有する負極、セパレータおよびアルカリ電解液を、外装缶、封口板および樹脂製ガスケットからなる電池容器内に収容してなる扁平形アルカリ電池であって、前記正極合剤は、二酸化マンガンと、酸化銀および銀−ニッケル複合酸化物から選ばれる少なくとも1種の銀含有材料とを含有しており、かつ二酸化マンガンの含有量が、前記銀含有材料の含有量よりも多く、樹脂製のバインダーを含まないことを特徴とする扁平形アルカリ電池により、前記課題を解決する。本発明の扁平形アルカリ電池は、外装缶の内側内面と樹脂製ガスケットとの間に、正極合剤の成形体の外周部が配置されていることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】非浸透性の被記録媒体にインクジェットインクで記録した画像の定着性を向上させ、かつ、高品質の画像を実現可能なエネルギー線硬化型プライマーインクを提供する。
【解決手段】本発明のエネルギー線硬化型プライマーインクは、重合性化合物と、重合開始剤と、を含む。上記重合性化合物は、単官能モノマーのみ、又は、単官能モノマー及び二官能モノマーからなり、かつ、分子内に(メタ)アクリル基と、オキセタン基、オキシラン環及びビニルエーテル基のうちのいずれか一つの官能基とを有するモノマーと、2−ヒドロキシ−3−フェノキシプロピルアクリレートと、を含む。上記モノマーと上記2−ヒドロキシ−3−フェノキシプロピルアクリレートとの合計は、インク全量に対して25〜95質量%であり、上記2−ヒドロキシ−3−フェノキシプロピルアクリレートの含有量は、インク全量に対して10質量%以上である。 (もっと読む)


【課題】操作ノブを的確に位置保持でき、位置保持状態のとき明確な操作感を得ることができるハウジングを有する小型電気機器を提供する。
【解決手段】筒状ケースを塞ぐ底板が、蓋体46で回動可能に支持される操作ノブ47と、給電回路を構成する端子板73と、操作ノブ47の連結軸51に同行回転可能に設けられるロック体48と、ケース側に設けられてロック体が係脱する係止部と、ロック体をロックとアンロックの各状態で位置保持できる節度構造とを備えている。節度構造は、端子板に設けた節度片96と、ロック体或いは連結軸に設けられて、節度片が係脱する保持部67とを備えている。端子板には操作ノブの連結軸用挿通孔97と、弾性変形可能な一対の電池用接点95と、弾性変形可能な節度片とを設ける。一対の電池用接点を結ぶ直線が挿通孔を横切るように、接点と挿通口を配置し、節度片を前記直線と交差する直線上で挿通穴の周囲に設ける。 (もっと読む)


【課題】 高容量で、生産性に優れた扁平形アルカリ電池を提供する。
【解決手段】 少なくとも二酸化マンガンを含有する正極合剤の成形体からなる正極、亜鉛粒子または亜鉛合金粒子を含有する負極、セパレータおよびアルカリ電解液を、外装缶、封口板および樹脂製ガスケットからなる電池容器内に収容してなる扁平形アルカリ電池であって、前記正極合剤の含有する二酸化マンガンの比表面積が、15〜30m/gであることを特徴とする扁平形アルカリ電池により、前記課題を解決する。前記正極合剤は、酸化銀や銀−ニッケル複合酸化物を含有していることが好ましい。また、本発明の扁平形アルカリ電池は、外装缶の内側内面と樹脂製ガスケットとの間に、正極合剤の成形体の外周部が配置されていることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】耐タンパ性を向上できる生体認証システムおよび生体情報読取装置を提供する。
【解決手段】生体認証システムは、生体情報読取装置20と、ホスト装置2とを備える。生体情報読取装置20は、生体情報を読み取る生体情報撮像部3と、生体情報を暗号化する暗号処理部5と、ホスト装置2とのデータ通信を行うインターフェース部6とを備える。ホスト装置2は、生体情報読取装置20とのデータ通信を行うインターフェース部9と、暗号化された生体情報を復号する復号処理部10とを備える。ホスト装置2は、復号された生体情報から認証用生体情報を抽出する生体情報抽出部11と、生体情報データベース14とを備える。ホスト装置2は、生体情報データベース14から認証用生体情報に対応する登録生体情報を照合して検索し、登録生体情報に関連付けられている関連データを読み出して出力する生体情報照合部12を備える。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、付属品を外部に露出させずに収容できるとともに、付属品を誤って落とす可能性を低くした小型電気機器を提供することにある。
【解決手段】下端に開口6を有する筒状のケース7と、開口6から出し入れされる電池4と、開口6を塞ぐ底蓋8とを有し、底蓋8がケース7に着脱可能に装着されている。底蓋8の内面側に付属品115が着脱可能に設けられている。ケース7の開口6および蓋体46の左右幅が、前後幅に比べて大きく設定されて、開口6および蓋体46のそれぞれの外形形状が横長形状に形成されている。長軸状に形成した付属品115が、蓋体46の長手方向に沿う状態で、装着部119に装着されている。 (もっと読む)


【課題】操作ノブをロック状態とアンロック状態との各位置において的確に位置保持できるハウジング、およびこのハウジングを有する小型電気機器を提供する。
【解決手段】下端に開口6を有する筒状のケース7と、開口を塞ぐ着脱可能な底蓋8とを有し、底蓋は開口を塞ぐ蓋体46と、蓋体で回動可能に支持される操作ノブ47と、給電回路を構成する端子板73とを備えている。ロック構造は操作ノブの連結軸に同行回転可能に設けられるロック体48と、ケース側に設けられてロック体が係脱する係止部22と、ロック体をロック状態とアンロック状態との各位置に位置保持できる節度構造とを備えている。節度構造は端子板に設けた節度片96と、ロック体或いは連結軸に設けられて、節度片が係脱する保持部67とを備えている。端子板には弾性変形可能な電池4用の接点95と弾性変形可能な節度片とを設ける。接点と節度片との間の板面に変形吸収部99を設ける。 (もっと読む)


【課題】電池ケース内に素電池とともに収納される基板上でイオンマイグレーションが発生した場合でも、イオンマイグレーションの成長を防止することにより端子間での短絡の発生を防止可能な構成を実現する。
【解決手段】電池パック(1)は、素電池(10)と、複数の端子を有する回路(40)が形成された回路基板(15)と、素電池(10)及び回路基板(15)が収納される電池ケース(20)と、複数の端子間でのイオンマイグレーションの発生を検出するための短絡検出端子(45)を有し、短絡検出端子(45)によってイオンマイグレーションが発生したことを検出した場合に電流を遮断する短絡防止回路部(42)とを備える。回路基板(15)に、同じ極性を有する複数の端子を隣り合って配置するとともに、異なる極性を有する端子同士の間には、少なくとも一部に、短絡検出端子(45)を設ける。 (もっと読む)


【課題】ICカードからの物品の不正な取り外しを確実に防止できる非接触式のICカードを得る。
【解決手段】ICカード1は、カード本体3内に、景品としての物品21と、非接触式のデータ通信用の共振回路とが組み込まれている。ICカード1は、前記共振回路が、外部装置7との通信用のアンテナコイル5と、アンテナコイル5に並列接続されたキャパシタ11とを含む。キャパシタ11の一部分は、物品21に一体化された状態で固定されており、物品21がカード本体3から分離されると、物品21と共に該物品21に固定されたキャパシタ11の一部分が前記共振回路から分離されて、該共振回路の共振周波数が変化するようになっている。 (もっと読む)


【課題】高容量であり、かつ充放電サイクル特性が良好なリチウム二次電池を提供する。
【解決手段】集電体の片面または両面に正極活物質を含有する正極合剤層を有する正極、負極、非水電解質およびセパレータを備えており、前記正極の正極合剤層は、リチウムとニッケルとを含有するリチウム含有複合酸化物を有しており、前記リチウム含有複合酸化物は、リチウムに対するニッケルのモル比率が0.05〜1.05であり、前記非水電解質に、下記一般式(1)で表されるリン酸エステル類化合物を、0.5〜30質量%含有するリチウム二次電池。


〔前記一般式(1)中、R、RおよびRは、それぞれ独立して、ハロゲン原子で置換されていてもよい炭素数1〜12の炭化水素基である。〕 (もっと読む)


1 - 10 / 2,366