京セラドキュメントソリューションズ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 13,173


【課題】天板を補強する着脱可能な補強部材の位置決めを容易に行うことのできる段ボール製パレットを提供する。
【解決手段】段ボールパレット1の天板2と底板3は段ボールシート製であり、天板2と底板3との間には、複数の桁部材4が設けられている。また、天板2上には2枚の補強部材9が配置されている。補強部材9は、矩形状の補強板10と、補強板10の裏面側に固定される複数の係合片11とで構成されている。補強部材9は係合片11の一部が補強板10の周縁部10aから突出しているため、補強部材9の表面側から係合片11の位置を確認することができ、天板2上に補強部材9を配置する際、係合片11と天板2の係合孔13との位置合わせを容易に行うことができる。 (もっと読む)


【課題】長期間にわたって印刷する場合でも、形成画像の画像濃度が所望の値を下回ることが抑制でき、特定の画像形成装置において、絶縁破壊の発生を抑制できる静電潜像現像用トナーを提供すること。
【解決手段】少なくとも結着樹脂、着色剤、及び電荷制御剤を含むトナー母粒子の表面に、一次粒子が凝集体を形成するシリカが付着し、シリカは、平均一次粒子径が60〜100nmであり、凝集体のうち5〜10個の一次粒子から形成される凝集体の割合(X)が50〜60%、且つ11〜15個の一次粒子から形成される凝集体の割合(Y)が40〜50%であり、5〜15個の一次粒子から形成される凝集体の割合(X+Y)が90%以上であるシリカを前記トナー母粒子の表面に付着してなる、静電潜像現像用トナー。 (もっと読む)


【課題】ニップ圧を切り替えるための検知部が故障しても、簡単な構成にて通常時と同じニップ圧を保持する画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置1は、偏芯カム62の回動方向に対して加圧位置EPの下流側にて、回転中心から外周面までの距離が加圧位置EPと略同じ位置に形成され、コロ61に係合可能である凹部62aからなる係合部を備える。偏芯カム62が加圧位置EPにあることを検知する検知部84の故障によって検知部84から検知信号が出力されなくなった場合、モーター72が第1の方向にさらに回転するので、偏心カム62が加圧位置EPからさらに回動する。偏心カム62が加圧位置EPからさらに回動しても、停止手段によって、凹部62aにコロ61が係合した状態で偏芯カム62が停止させられることで、ニップ部Nは加圧位置EPにある通常時と同じ加圧状態となる。 (もっと読む)


【課題】光源と、書き込みタイミングの同期を取るためのセンサーとを同一の回路基板に搭載した構成を採用しつつ、当該回路基板の固定化を的確に行う。
【解決手段】回路基板70は、レーザー光源30が搭載された第1部分70Aが、ハウジング本体200の外部において取り付け板21と所定間隔を置いて平行に配置され、BDセンサーが搭載された第2部分70Bが、ハウジング本体200の膨出部201内に進入し、中間部70Cがスリットを通してハウジング壁面を貫通する態様で、ハウジング本体200に組み付けられている。蓋部材23がハウジング本体200に取り付けられると、蓋部材23の下縁部23Pが回路基板70の第2部分70Bの上縁部70Pを押圧する。この押圧によって、第2部分70Bの下方エッジ部が位置決め溝22に嵌め込まれ、BDセンサーの据え付け位置が決まり、回路基板70も固定される。 (もっと読む)


【課題】複数の画像形成装置の中から任意の画像形成装置を実際の配置を視覚的に確認した上で選択することが可能な画像形成システム並びにこれに用いられる通信装置及び画像形成装置を提供すること。
【解決手段】画像形成システムZにおいて、プリンターYは、自己装置の設置場所において撮影された少なくとも自己装置を含む写真データを、携帯端末Xからの要求に応じて携帯端末Xに送信すると共に(S23〜S24)、携帯端末Xから受信した画像データに基づいて画像形成処理を実行するものであり(S25〜S26)、携帯端末Xは、プリンターYに写真データの送信を要求して前記写真データを取得し(S12〜S13)、複数のプリンターYのうち操作手段により選択されたプリンターYに対応する写真データを表示すると共に(S14)、選択が確定されたプリンターYに画像データを送信するものである(S20)。 (もっと読む)


【課題】 複合機などの画像形成装置が有する操作パネルが、ハードキー数や、表示装置の情報表示能力が制限されている簡易型である場合に、各種画像形成処理条件入力設定操作の煩雑さを低減して操作性を向上させる。
【解決手段】 画像形成処理機能選択用ハードキーの押下と第1ハードキー(プログラム選択キー)の押下がされたときは、キー押下で選択された画像形成処理機能情報と、押下された第1ハードキーの識別情報に基づき、対応する画像形成処理の実行プログラムが呼び出されて画像形成装置に設定され、画像形成処理機能選択用ハードキーの押下と第2ハードキー(カーソルキー)の押下による実行プログラム識別情報(番号)の選択/確定がされたときは、キー押下で選択された画像形成処理機能情報と、前記実行プログラム識別情報とに基づき、対応する実行プログラムが呼び出され画像形成装置に設定される。 (もっと読む)


【課題】読取手段を移動可能に支持する本体フレームに反りが発生した場合でも、コンタクトガラスと読取手段との距離に変動が生じることのない画像読取装置を提供する。
【解決手段】原稿が載置されるコンタクトガラス225は、ハウジング500の底板505の主走査方向の両端部から突設された前方支持部508および後方支持部509によって支持される。支持プレート801の前後方向の両端部から突設された一対の支持突起部804が、底板505の一部に当接することによって、CISユニット80の上下方向の位置が規制される。また、支持プレート801の中央部から突設された係合部805が、底板505から突設されたガイド部70に係合することで、CISユニット80の前後方向の位置が規制される。 (もっと読む)


【課題】原稿の読込み途中に付着した異物を検出することができる画像形成装置を提供する。
【解決手段】原稿の読み取り前後において、原稿読取スリット22と対向配置された白色板336を、原稿読取スリット22を介して白板比較用データーとしてそれぞれ読み取り、原稿の読み取り前後の白板比較用データーを主走査方向の画素単位でそれぞれ比較することで、白色板336と原稿読取スリット22間に異物が付着した異常発生頁と、異物の付着が解消した異常解消頁とを検出する。また、異常発生頁を読み取った画像データーの後端部分と、異常解消頁を読み取った画像データーの先端部分とを判定結果画面として操作部の液晶表示部に表示させる。 (もっと読む)


【課題】用紙が搬送方向に対して斜めに搬送された場合でも、ユーザの手間を増やさずに印刷処理を続行する。
【解決手段】用紙カセットから取り出された用紙の搬送方向上流端がレジストローラ対を通過したら、撮像部が用紙を撮影する。撮像部が得た画像データより画像解析部が用紙の搬送方向と直交した方向の端部を検出し、斜行量算出部が斜行量を算出する。算出斜行量が基準斜行量より大きければ、制御部はインクジェットヘッドによる画像形成を中止させる。画像形成中に画像形成を中止する制御がされた場合、画像形成中止の制御直後にクリーニング部によって搬送ベルトの表面がクリーニングされ、次の用紙を用紙カセットから取り出させて同一の画像を印刷させる。一方、画像形成前に画像形成を中止する制御がされた場合、クリーニング部によって搬送ベルトの表面がクリーニングされることなく次の用紙を用紙カセットから取り出させて同一の画像を印刷させる。 (もっと読む)


【課題】シートに応じた搬送経路を提供可能な画像形成装置を提供する。
【解決手段】シートの搬送路と、搬送路を横切らず、搬送方向を変更しない第1姿勢と、搬送路を横切り、搬送方向を変更させる第2姿勢との間で切換え可能なガイド部材と、第2姿勢にあるガイド部材により進行方向が変更されたシートを受け止める排紙トレイと、ガイド部材の姿勢を切り換える切換え機構と、切換え機構の制御部とを備え、切換え機構は、ガイド部材とともに回動可能な第1部材と、第1部材と接触し、回動させる第2部材と、第2部材を移動させる移動機構と、移動機構を駆動する駆動源とを含み、第2部材が第1部材と接触するとき、ガイド部材は第2姿勢となり、制御部は、シート識別情報に基づいて、第1部材に対する第2部材の接触位置を変更させ、ガイド部材の搬送路に対する角度を調整するように切換え機構を制御する用紙排出装置。 (もっと読む)


1 - 10 / 13,173