マックス株式会社により出願された特許

1 - 10 / 1,275


【課題】排泄物を収容する貯留ポット(バケツ)から飛び散った汚水による椅子部材の傷みや臭いの発生を防止する。
【解決手段】支持部材21Aの前部21Bには、椅子部材20Aの前側フレーム部200の上面および前面を覆うカバー部210が設けられている。カバー部210は、椅子部材20Aの前側フレーム部200の上面202全体を覆うように延在する上面カバー部210aと、この上面カバー部210aの先端が前側フレーム部200の前面204に沿うように折り曲げられて所定の長さだけ下方に延在する前面カバー部210bとから構成されている。これにより、貯留ポット5Aから漏れ出した汚水を前側フレーム部200に直接触れさせることなく、床に流す(誘導させる)ことができ、木製材料からなる前側フレーム部200への汚水の染み込みを回避でき、前側フレーム部200の染み込みによる臭いの発生や傷みを防止することができる。 (もっと読む)


【課題】使用者の負担を低減することが可能で、臭気の漏れを確実に防ぐことが可能なトイレ装置を提供する。
【解決手段】トイレ装置は、本体部に着脱可能に支持されると共に、排泄物を受容して貯留する貯留ポット5Aと、貯留ポット5Aに着脱可能に設けられるポット蓋6Aを備える。貯留ポット5Aには、貯留ポット5Aと、貯留ポット5Aの開口部50Aを閉塞するポット蓋6Aが対向するフランジ部51Aに磁石54を備えると共に、ポット蓋6Aには、貯留ポット5Aと、貯留ポット5Aの開口部50Aを閉塞するポット蓋6Aが対向するフランジ部62Aに、磁石54に吸引される金属部材64を備える。 (もっと読む)


【課題】使用者の負担を低減することが可能で、臭気の漏れを確実に防ぐことが可能なトイレ装置を提供する。
【解決手段】トイレ装置1Aは、本体部2Aに開閉可能に設けられる便座3Aと、便座3Aを開閉可能に覆う座面部4Aと、本体部2Aに着脱可能に支持されると共に、排泄物を受容して貯留する貯留ポット5Aと、貯留ポット5Aに着脱可能に設けられるポット蓋6Aを備える。トイレ装置1Aは、貯留ポット5Aの開口部に嵌まるポット蓋6Aを、便座3Aの下側に設けた開閉空間23Aで上下動させると共に横動させて、貯留ポット5Aの開口部を開閉するポット蓋駆動機構7Aと、ポット蓋6Aとポット蓋駆動機構7Aとを係脱させる係脱機構8Aと、ポット蓋駆動機構7Aでポット蓋6Aを開閉する動作とポット蓋6Aを非開閉とする動作を切り替える切替機構9Aとを備える。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で配線を誘導可能とし、かつ、誘導される配線の損傷を防ぐことが可能な設備機器を提供する。
【解決手段】設備機器である浴室換気乾燥暖房機1Aは、配線4が接続される基板3と、配線4を保持する複数の配線保持部50a,50bが一体に設けられ、基板3の周縁に沿って配線4を誘導する配線誘導部材5を備える。配線誘導部材5は、一の方向から配線4を保持する配線保持部50aと、他の方向から配線4を保持する配線保持部50bが、基板3の辺に沿って交互に設けられる。 (もっと読む)


【課題】漏電を確実に防止できるようにした設備機器を提供する。
【解決手段】設備機器である浴室換気乾燥暖房機1Aは、天井板101に開けられた開口部102に挿入される本体部2Aと、樹脂材料で構成され、本体部2Aの下部から外側に突出するフランジ部20Aと、フランジ部20Aを露出させて本体部2Aを覆う金属ケース4Aと、フランジ部20Aの上面に一体に設けられ、金属ケース4Aの側面下部と、天井板101の開口部102との間に入る樹脂材料で構成された絶縁部21Aとを備える。 (もっと読む)


【課題】電動工具の外径を小さくしてスリム化を実現できるとともに、組み付け性を向上させた電動工具を提供する。
【解決手段】モータ15と、前記モータ15を収容するハウジング11と、前記モータ15に一端を接続され、前記モータ15の駆動力を伝達するインナーギア22を内蔵したインナーギアケース20と、前記インナーギアケース20の他端側に配置され、前記インナーギア22を介して前記モータ15の駆動力を伝達される打撃機構を有するハンマケース30と、を備え、前記インナーギアケース21及び前記ハンマケース30は、互いの端面20a、30aを対向させた状態で前記ハウジング11の内部に嵌合する。 (もっと読む)


【課題】冷却ファンが生成する冷却風によってモータ制御基板を効率的に冷却することができるとともに、工具の全長を短縮することができる電動工具を提供する。
【解決手段】ハウジング11は、モータ15及び冷却ファン17を収容する出力部12と、出力部12に直交するように接続されてトリガスイッチ21を収容するグリップ部13と、を備える。モータ制御基板30を、前記出力部12と前記グリップ部13との接続位置において、表面が前記モータ15に臨むように前記モータ15と前記トリガスイッチ21との間の空間に配置した。 (もっと読む)


【課題】リフィル本体の位置決めを行って、カートリッジやステープラ本体の構成の簡素化や小型化を実現する。
【解決手段】連結ステープル10の両側端と、上下の平面部の少なくとも一方をガイドしながら連結ステープル10を送るステープルガイド部を備えたステープラ本体又はステープラ本体に着脱可能に設けられたカートリッジ61に装着され、内部に連結ステープル10を収納するリフィル本体12と、リフィル本体12に形成され、リフィル本体12の内部に収納された連結ステープル10を排出するステープル排出口と、リフィル本体12に突出して形成され、リフィル本体12をステープラ本体又はリフィル本体12が装着されたカートリッジ61をステープラ本体に装着した際、リフィル本体12をステープルガイド部側に押圧する押圧部102によって押圧される被押圧部29とを備える。 (もっと読む)


【課題】工具の固有情報の取得および管理を容易に行う。
【解決手段】空圧工具10Aの制御基板50Aには、ホスト装置158,164,194から入力される工具の固有情報が記憶される。固有情報としては、例えば、顧客番号、顧客名、購入日、修理情報、工具使用情報が記憶される。空圧工具10Aの記憶部に記憶される固有情報は、例えば、営業センター160のホスト装置164のデータベース165、修理センター190のホスト装置194のデータベース195に記憶される。これにより、営業センター160のホスト装置164と修理センター190のホスト装置194とはネットワーク220を介して接続されるので、データベース165,195に記憶された空圧工具10Aの最新の固有情報を共有することができる。 (もっと読む)


【課題】蓋部材をリフィル本体に容易に取り付けることができ、生産効率の向上を実現する。
【解決手段】シート状連結ステープル10を積層して収納するリフィル本体12と、ステープル挿入口14と、ステープル排出口16と、ガイド突部22が形成され、シート状連結ステープル10をステープル挿入口14の側から覆う蓋部材15と、蓋部材15の挿入方向の移動をガイドするガイド孔21と、ステープル挿入口14の縁から挿入方向に延びる切欠部18とを備える。リフィル本体12は、切欠部18によって、相対する側面12b,12cを容易に外側に撓ますことができ、蓋部材15の取付作業やシート状連結ステープル10の挿入作業を容易に行うことができる。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,275