京セラ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 13,660


【課題】撮影時の解像度が低解像度であっても、その解像度の設定変更を行うことなく、はがきサイズ等の所定サイズでの印刷時に高精細な画質を得ることを可能にする。
【解決手段】携帯端末装置10を、被写体の撮影を行うカメラ15と、カメラ15での撮影画像が保存される記憶部20と、カメラ15の撮影画像を予め設定された第1解像度としての低解像度と、当該低解像度よりも高解像度の第2解像度としての高解像度との双方で記憶部20に保存する制御を行う撮影保存制御部25とを備えて構成した。 (もっと読む)


【課題】移動端末から基地局へパケットを伝送する際に、干渉を回避しつつ基地局の処理負荷を増大させずに無線リソースを割り当てることができる無線通信システムおよび基地局を提供する。
【解決手段】移動端末100から基地局200へのデータ送信に無線リソースを割り当てる無線通信システムにおいて、基地局200は、移動端末100から送信されるデータが新規のパケットによるものか、送信エラーを補うための再送パケットによるものか、または既に割り当てが予約されたパケットによるものかを判別し、その判別に応じて、データ送信に無線リソースを割り当てることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】合成樹脂製のフレーム部材2と、フレーム部材2に取り付けられた端子板6と、リード接続部51と、端子板6とリード接続部51とを互いに接続するリード部材7とを具えた電子機器の端子引出し構造において、リード部材7と端子板6との間の接続不良を抑制する。
【解決手段】本発明に係る電子機器の端子引出し構造において、リード部材7は金属製の帯板を屈曲させて形成され、リード接続部51から端子板6へ向かって延びるリード部73、70と、リード部70の先端部を端子板6側に折り返して形成される折返し部72と、折返し部72の先端部に形成されて端子板6の裏面に圧接された接片部71とを具え、フレーム部材2には、リード部材7のリード部70を支持する支持部21が一体に成形され、支持部21と端子板6とによって、フレーム部材2の折返し部72と接片部71が挟圧されている。 (もっと読む)


【課題】 出力画像の歪みを抑制することが可能な撮像モジュールを提供すること。
【解決手段】 レンズ2と、レンズ2で集光された光を受光する撮像素子3と、レンズ2側主面に、撮像素子3が搭載された撮像基板4と、レンズ2を支持しており、撮像基板4を内部空間に収納するホルダ5と、撮像基板4とホルダ5との間に設けられた複数のピエゾ素子7a、7bと、レンズ2の外周縁に沿うように、ホルダ5に設けられた複数のサーミスタ6a、6bと、を備えており、複数のサーミスタ6a、6bのそれぞれで計測した温度に基づいて、複数のピエゾ素子7a、7bのそれぞれを駆動させ、レンズ2に対する撮像素子3の傾きを補正する撮像モジュール1である。 (もっと読む)


【課題】スライド機構を有する折り畳み式電子機器において、開状態からの閉じ動作をスムーズに行なえるようにする。
【解決手段】第1筐体10と、第2筐体20と、該第2筐体に配備され、該第2筐体に対してスライド可能且つ回動可能に付勢されたスライド機構40と、一対のヒンジ軸31、32を平行に具え、一方のヒンジ軸が第1筐体、他方のヒンジ軸がスライド機構に連繋された平行2軸ヒンジと、を具えた折り畳み式電子機器において、前記第1筐体と第2筐体が略同一平面となる開状態で、前記第1筐体と第2筐体が向かい合う端面18、28の一方に突設された掛かり片15と、他方の端面に凹設され、前記掛かり片が当接する受け部25と、を具える。 (もっと読む)


【課題】好適に弾性波素子を実装基板に表面実装できる弾性波デバイスの製造方法を提供する。
【解決手段】SAWデバイス51の製造方法は、SAW素子1を準備する素子準備工程(図4(a)〜図5(a))と、実装面53aに接続電極55が形成された実装基板53を準備する基板準備工程とを備えている。SAW素子1は、圧電基板3と、該圧電基板3の一面上に位置する励振電極5と、該励振電極5を覆うカバー9と、励振電極5と電気的に接続され、カバー9の天面9aが面する側へ露出する外部電極7とを有している。更に、SAWデバイス51の製造方法は、カバー9の天面9aを実装基板53の実装面53aに重ねた状態で外部電極7をバンプ57を介して接続電極55に接合する接合工程(図5(c))を備えている。 (もっと読む)


【課題】複数の管状通路を備えていても分離膜付き多孔質体全体として分離効率の高い分離膜付き多孔質体を提供する。
【解決手段】多孔質体12に設けられた貫通孔の内壁に分離機能を有する分離膜を形成した管状通路11を複数備える分離膜付き多孔質体1であって、前記管状通路の長さ方向に垂直な断面において、前記多孔質体の中心近傍に位置する前記管状通路の断面積が、前記多孔質体の外周近傍に位置する前記管状通路の断面積よりも小さくすることにより、分離膜付き多孔質体全体として高い分離効率を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】インサートの着脱が容易にできるとともに、インサートを精度よく押圧固定することができるスローアウェイ式切削工具を提供する。
【解決手段】先端の一側方に上顎3と下顎4を設けてその間でインサート保持空間を形成するとともに、上顎3の後方に続く上顎連結部6の上面に配設された当接面7を備えたホルダ2と、インサート保持空間に差し込まれて固定されるインサート20と、側面部11がホルダ2の他側方にネジ止めされることによって、上部12が当接面7を押圧してホルダ2の上顎3が押圧されて、インサート保持空間に差し込まれたインサート20を押圧固定する押さえ金具10と、を具備しているスローアウェイ式切削工具1である。 (もっと読む)


【課題】芯材と被覆層との複合繊維体を切刃部に用いて、焼成によるクラックの発生を抑制できるとともに、耐欠損性を有する切削工具を提供する。
【解決手段】工具本体12と、工具本体12の取付台座に設けられた切刃チップ14とからなり、切刃チップ14の切刃部18が、複数本が並んだ繊維状の芯材と芯材の外周を取り囲んで芯材とは異なる組成の被覆層との繊維からなり、逃げ面12における繊維の繊維配列方向が、切刃17の稜線方向に対して、切刃17の稜線直下では工具本体12の下面取付台座13側よりも大きい角度となるように屈曲している切削工具である。 (もっと読む)


【課題】切屑排出性に優れるドリルおよび切削加工物の製造方法を提供することである。
【解決手段】本発明の実施形態に係るドリル1は、先端部に位置している第1領域10と、直径が第1領域10側から後端部側に向かうにつれて大きくなる段部25を有し、段部25側の端部20aにおいて第1領域10に連続している第2領域20と、を有する略円柱状の切削部3を備え、第2領域20は、複数の第2切刃21および複数の第2溝23の間に位置している複数の第2すくい面を有し、前記複数の第2すくい面はいずれも、回転軸Sに平行な方向における長さW2が、外周部側に向かうにつれて小さくなる第2中央面と、前記第2中央面よりも前記外周部側に位置し、前記長さW2が前記外周部側に向かうにつれて大きくなる第2外方面と、を有する。このドリル1を用いて切削加工物を製造する方法を提供する。 (もっと読む)


1 - 10 / 13,660