横浜ゴム株式会社により出願された特許

1 - 10 / 4,905


【課題】走行時の騒音を低減することができる空気入りタイヤを提供すること。
【解決手段】空気入りタイヤは、複数の陸部の少なくとも1つの特定陸部が、タイヤ幅方向の一方の端部から他方の端部まで延在するラグ溝がタイヤ周方向に複数形成され、周方向主溝と前記ラグ溝により複数のブロックに分割され、ラグ溝のタイヤ径方向の内側の端部である溝底のタイヤ幅方向の一方の端部から他方の端部までの長さをラグ溝長さLとした場合、複数の前記ラグ溝は、前記ラグ溝長さLが2種類以上に分類され、異なるラグ溝長さLは、長さが10%以上異なり、複数種類のラグ溝長さLのうち最小のラグ溝長さをLminとした場合、他の種類のラグ溝長さLがラグ溝長さLminの非整数倍となること。 (もっと読む)


【課題】空気入りタイヤにおいて、雪上路面及びウェット路面における制動性能について一方を少なくとも維持しつつ、他方を向上させる。
【解決手段】空気入りタイヤのトレッドパターンは、タイヤセンターラインを挟んだ両側の各領域において、ジグザグ形状の2本の周方向主溝と、この周方向主溝のうちタイヤセンターラインに近い内側周方向主溝から延びパターンエンドに至る第1ラグ溝と、前記周方向主溝のうちタイヤ幅方向外側に設けられた外側周方向主溝から、パターンエンドに向かって延びる第2ラグ溝と、を含む。前記内側周方向主溝の壁は、タイヤ周方向に沿って溝壁角度が変化する壁面を含む。2本の周方向主溝間の外側陸部には、前記内側周方向主溝あるいは前記外側周方向主溝のいずれか一方からタイヤ幅方向に延び、前記外側陸部内で閉塞する切欠ラグ溝が設けられる。前記切欠ラグ溝の溝深さは、前記第1ラグ溝及び前記第2ラグ溝の溝深さに比べて浅い。 (もっと読む)


【課題】製造を容易化できるプレキュアトレッドおよびプレキュア更生タイヤを提供すること。
【解決手段】このプレキュアトレッド2は、台タイヤ3に貼り付けられてプレキュア更生タイヤ1を構成する。また、プレキュアトレッド2は、タイヤ周方向に延在する複数の周方向主溝21と、これらの周方向主溝21に区画されて成る複数の陸部22とを備える。また、プレキュアトレッド2は、少なくとも一つの陸部22にてトレッド幅方向に複数のセグメント23A〜23Cに分割される。 (もっと読む)


【課題】複数の幅の異なるベルト層を有する空気入りタイヤにおいて、レーンチェンジ性能を維持しながら高速耐久性及びステア特性を改善することを可能にした空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】
ベルト層7のエッジ部とベルト補強層8との間に緩衝ゴム層10を配置し、緩衝ゴム層10のタイヤ幅方向内側端部10iを外周側ベルト層71のタイヤ幅方向外側端部71oからタイヤ幅方向内側に向かって3mm〜13mmの範囲に配置し、緩衝ゴム層10のタイヤ幅方向外側端部10oをベルト補強層8のタイヤ幅方向外側端部8oよりもタイヤ幅方向外側に配置すると共に、外周側ベルト層71のタイヤ幅方向外側端部71oに対応する位置での緩衝ゴム層の厚さGを0.5mm以上にし、且つ緩衝ゴム層10を構成する緩衝ゴムの硬度をキャップトレッドゴムの硬度よりも低くする。 (もっと読む)


【課題】支承装置や構造物に対して所定値以上の入力があったかどうかを容易に確認する。
【解決手段】支承体13を介して相対する上沓11と下沓12との間に架設され、上沓11及び/又は下沓12への入力を判別する入力判別機構20を備える。入力判別機構20は、一端部21aが上沓11に係止され、他端部21bが下沓12に係止された可撓性線状部材21を有する。可撓性線状部材21は、一端部21aと他端部21bとの間に、係合力及び/又は摩擦力をもって可撓性線状部材21を撓んだ状態で保持する保持部23によって、撓み部22が形成されており、上沓11及び/又は下沓12へ入力があった場合、撓み部22の可撓性線状部材21が保持部23から引き出される。 (もっと読む)


【課題】ドレインの影響を考慮した加硫工程のシミュレーションを簡易に実現すること。
【解決手段】グリーンタイヤを加硫用金型内に配置して、グリーンタイヤ内に配置したタイヤ加硫用ブラダー内に少なくとも飽和水蒸気を導入してグリーンタイヤを加硫する加硫工程をシミュレーションするにあたり、シミュレーション装置50は、加硫工程において、加硫用ブラダーの内表面で凝縮して加硫用ブラダーの下部に集合したドレインの伝熱抵抗に相当する伝熱抵抗を有する厚みのゴムを、加硫用ブラダーのドレインが存在する位置に加えるとともに、加硫用ブラダー内の前記飽和水蒸気の温度及び加硫用金型の温度を温度境界条件として、グリーンタイヤの熱伝導解析を行う。 (もっと読む)


【課題】プレキュアトレッドとクッションゴムとの間のエア溜まりを低減できるプレキュアトレッドおよびプレキュア更生タイヤを提供すること。
【解決手段】このプレキュアトレッド2は、環状構造を有すると共にクッションゴム4を介して台タイヤ3に接着されてプレキュア更生タイヤ1を構成する。また、プレキュアトレッド2が、複数のスリット23を備える。これらのスリット23は、トレッド踏面24からトレッド底面25に貫通し、トレッド幅方向に延在すると共に、トレッド内で両端部を終端させる。 (もっと読む)


【課題】優れた加工性および低転がり抵抗を有するタイヤトレッド用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】ジエン系ゴム100質量部に対し、(A)白色充填剤を5〜150質量部、(B)シランカップリング剤を前記白色充填剤に対して1〜25質量部、および(C)両性界面活性剤を前記白色充填剤に対して1.5〜30質量%配合することを特徴とするタイヤトレッド用ゴム組成物と、該ゴム組成物をトレッド(3)に使用した空気入りタイヤ。 (もっと読む)


【課題】タイヤの雪上操縦安定性能を向上できる空気入りタイヤを提供すること。
【解決手段】この空気入りタイヤ1では、1つのブロック3が、タイヤ幅方向にそれぞれ延在すると共にタイヤ周方向に所定間隔で配置される第一サイプ4Aおよび第二サイプ4Bを備える。また、第一サイプ4Aおよび第二サイプ4Bが、ブロック3の平面視にて直線形状を有する第一サイプ部41と、ブロックの平面視にてジグザグ形状を有すると共に第一サイプ部41に接続する第二サイプ部42とをそれぞれ備える。また、第一サイプ部41が、サイプ長さ方向に垂直な断面視にて直線形状を有すると共に相互に対向する一対のサイプ壁面と、一方のサイプ壁面に配置される凸部と、他方のサイプ壁面に配置されて凸部と噛み合う凹部とを備える。また、第一サイプ4Aの第一サイプ部41が、ブロック3を区画する左右の周方向主溝21、21のうちの一方の周方向主溝21に開口すると共に、第二サイプ4Bの第一サイプ部41が他方の周方向主溝21に開口する。 (もっと読む)


【課題】可動型ゴム支承装置として機能するように支承装置を構造物に容易に取り付ける。
【解決手段】上部構造物2側に位置された上沓20と、下部構造物3側に配設された下沓21と、上沓20と下沓21との間に配設された弾性体22とを有する支承装置10と、上部構造物2と上沓20との間に配設され、上部構造物2に対して支承装置10を摺滑し得、相対変位を可能とする摺滑部材11と、上沓20に配設され、上部構造物2と係合し、支承装置10が摺滑する際にガイドするガイド部材12とを備えている。これにより、支承構造1は、ガイド部材12によって、可動型ゴム支承装置として機能するように支承装置10を上部構造物2に容易に取り付けることが出来、摺滑部材11及びガイド部材12によって、支承装置10を可動型ゴム支承装置として用いることが出来る。 (もっと読む)


1 - 10 / 4,905