岐阜プラスチック工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 108



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】本体に対する棚板の組み付けを使用者が簡単に行うことができて、大きなデッドスペースを生むこともなく、しかも、収納ラックを「縦型」にも「横型」にも容易に変更することのできる収納ラック用の板材を提供すること。
【解決手段】開口11の形状が長方形の本体10内に組み付けられて収納ラック100を構成し、この収納ラック100を、縦型としたときにも、横型としたときにも、棚あるいは仕切りとして選択的に使用される同一形状の板材30であって、基板部31と、この基板部31の両側端縁から突出して、本体10側、または他の板材30の係合部33に係合される係合突起32と、他の板材30の係合突起32が係合し得る係合部33とを備えたこと。 (もっと読む)


【課題】合成樹脂製の家具を輸送する際の効率を向上させる。
【解決手段】平面視略十字状の中空板材10の中央には、正四角形状の座面部11が形成されている。座面部11の各辺には、外方に向かって延びる略長方形状の脚部12がそれぞれ連結されている。座面部11と各脚部12との境界線上には、第一ヒンジ溝21が凹設されている。各脚部12には、脚部12の基端側の各頂点から、先端側の短辺における中心点Aにまで延びる第二ヒンジ溝22がそれぞれ凹設されている。隣り合う二つの脚部12の間には、略L字状の折込部13がそれぞれ連結されている。各脚部12と各折込部13との境界線上には第三ヒンジ溝23が凹設されている。折込部13には、座面部11側のL字の屈曲点B1と外側のL字の屈曲点B2とを結ぶ直線上に、第一ヒンジスリット25及び第二ヒンジスリット26が形成されている。 (もっと読む)


【課題】接着剤の充填スペースの大小に応じて接着剤の塗布量を制御しなくとも、エッジ材を貼り付けた際に接着剤が合成樹脂構造体の表面に溢れ出すことを抑制する。
【解決手段】構造体本体10の長手側断面10aにおいて切断されていないセルSであって構造体本体10の最も長手側断面10a側に列せられたセルSX2には、第一連通溝25が貫設されている。構造体本体10の短手側断面10bにおいて切断されていないセルSであって構造体本体10の最も短手側断面10b側に列せられたセルSY2には、第二連通溝26が貫設されている。構造体本体の長手側断面10aに塗布された接着剤は、第一連通溝25を介してセルSX2の内部に流入可能である。構造体本体の短手側断面10bに塗布された接着剤は、第二連通溝26を介してセルSY2の内部に流入可能である。 (もっと読む)


【課題】スライド部材が破損した際に簡単にスライド部材のみを取り外し新たなスライド部材に交換できる。
【解決手段】保持部材2にスライド部材収納部1に開口する取外し用開口部8を形成する。保持部材2に、スライド部材3をスライド部材3収納部にスライド自在に嵌め込んだ状態で、スライド部材3が取外し用開口部8から抜けるのを阻止するための抜け防止部9を設ける。スライド部材3をスライドさせて前記取外し用開口部8に折取り・折曲げ用端部7を位置させた状態で折取り・折曲げ用端部7を折取り又は折り曲げさせることを可能とする。折取り・折曲げ用端部7を折取り又は折曲げた状態における本体部5のスライド部材収納部1内における所定のスライド位置で、抜け防止部による抜け止め部6の抜け止めが解除される。 (もっと読む)


【課題】棚板のみを配置してその上に陳列される商品を明るく照射する。光源を目立たない位置に配置してスッキリと綺麗なデザインにする。
【解決手段】棚は、棚板1と、棚板1を水平姿勢に支持する支持部とを有する。棚板1は、光を透過できるプラスチック板3と、このプラスチック板3に内蔵してなるLED基板4とを備えている。プラスチック板3の内部には、LED基板4を配置する挿入隙間5を間口方向に伸びて設けている。LED基板4は、複数のLED6を一方の面に所定の間隔で固定している。棚は、LED基板4をプラスチック板3の挿入隙間5に挿入して、LED基板4のLED6から照射される光を、プラスチック板3の上面に向かって傾斜する方向に照射して、棚板1に載せられる商品の前面を下から斜め方向に照射している。 (もっと読む)


【課題】抜孔の縁部にフォーク挿入孔に挿入されたハンドリフト又はフォークリフトのフォークの先端が当たる等して破損することを防止する。
【解決手段】底部2において平面視略井字状のフォーク挿入孔7の夫々の交差部に対応する部分に開口8が形成された合成樹脂製の一体成形パレットである。中央桁部6と中間桁部5を接続する下連結部13を挟んで位置する一方開口8の他方開口8側の縁部上面に一方開口8側に向かって下り傾斜する一方傾斜面180が形成される。他方開口8の一方開口8側の縁部上面に他方開口8側に向かって下り傾斜する他方傾斜面181が形成される。デッキ部3において平面視で一方傾斜面180と重複する部分を一方傾斜面成形用コア部311を抜き出すための抜孔19とする。デッキ部3に抜孔19の他方開口上方部12側の縁部を構成する縁リブ900に他方傾斜面181の上方を通る補強リブ910が接続される。 (もっと読む)


【課題】桟にフォークが当たって破損するのを抑制できる。
【解決手段】桁部1間がフォーク挿入部2となった合成樹脂で一体に成形されたパレット3である。隣接する桁部1を上面側において連結する上の桟4と、隣接する桁部1を下面側において連結する下の桟4を平面視で重ならない位置に形成する。上の桟4a間又は/及び下の桟4b間に補強部材6を配設固着する。 (もっと読む)


【課題】フォーク挿入孔の周りの色を他の部分の色と異ならしめたパレットでありながらも、従来技術よりも低コストで成形することのできるパレットを提供することを目的とする。
【解決手段】パレットは、平面視四角形状をなすデッキ10として、載置デッキ10aと下部デッキ10bとを有し、これら各デッキを連結する筒状桁としての隅部桁30及び中間桁40とを備えている。第1樹脂材料を注入する第1注入孔G1は、上側の載置デッキ10aの隅部桁30の内側壁32、中間桁40の内側壁42、及び中央桁50の内側壁の上方に相当する部分に設けられている。一方、第2注入孔G2は、上側の載置デッキ10aの外縁部11のうち桁上外縁部に相当する部分に設けられている。 (もっと読む)


【課題】重い荷重が掛かっても軟質ゴム部が切れにくく、滑り止め効果の低下を防止すること。
【解決手段】パレット1のデッキ面3に取り付けられて積載物の滑り止めをおこなうパレット用の帯ゴム2が、硬度の異なるゴム材料で構成され、硬度の比較的柔らかいゴム材料からなる帯状の軟質ゴム部4の側面に、軟質ゴム部4よりも硬度の硬いゴム材料からなる硬質ゴム部5を一体形成し、硬質ゴム部5の上端を表面に露出させた。 (もっと読む)


1 - 10 / 108