しげる工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 95


【課題】部品を順次所定の姿勢に整列させつつ順次搬送供給し、前記部品を複数個単位で収納・保管する際の便宜を図ることができる振動式部品供給装置を提供すること。
【解決手段】各部品5は振動体の振動駆動源の駆動によりボウルフィーダ2を介して直進フィーダ3のシュート8の排出端に形成された部品取出部8Aまで順次搬送され、部品取出部8Aから落下した部品5はその後壁5Cに開設された挿通孔5E内に挿通ピン25により挿通されて回収される。この部品取出部8Aを通過した部品5を定数検知センサ27が検知する毎に、カウンタ29が10個を計数すると、制御装置15は前記振動駆動源の駆動を停止させると共に定数遮断シリンダ17を作動させてそのロッドを伸張して直進フィーダ3への部品5の移動を阻止し、また前記回収装置18の駆動モータ19を駆動させて前記回転板24を90度回転させるように制御する。 (もっと読む)


【課題】車体パネルに衝撃を受けても、その衝撃は内装部材にそのまま伝導されることのない構成とした車両用内装構造を提供する。
【解決手段】車体パネル(10)と、該車体パネル(10)の車室側を覆い該車体パネル(10)と間隙を有して配置される内装部材(20)と、前記間隙に配置されて車体パネル(10)と内装部材(20)を支持するブラケット(30)とから構成される車両用内装構造である。内装部材(20)とブラケット(30)の固定は、内装部材(20)とブラケット(30)のうち一方に形成された固定具挿入口(40)に挿入された固定具(35)が内装部材(20)とブラケット(30)のうち他方に形成された固定具挿入孔(36)に挿入されることによってなされ、固定具挿入口(40)は車室側に開放端を有する切り欠きによって構成されている。 (もっと読む)


【課題】表皮の表面に脆弱部の模様が浮かび上がって表皮の表面の美感が損なわれることを防止する。
【解決手段】基材11の背面には、脆弱部14の一部を構成する凹部13を形成する。この凹部13は、その全長にわたって連続させる。しかも、凹部13の深さは、凹部13が基材11をその厚さ方向に横断することがないよう、基材11の厚さより浅くする。表皮材3の背面には、スリット14を形成する。スリット14は、凹部13に対応する部位に配置する。しかも、凹部13に沿って連続させる。スリット14の深さは、表皮材3の厚さより浅くする。表皮材3の背面を基材11の表面に接着剤層6を介して接着する。 (もっと読む)


【課題】コンソールボックスとインストルメントパネルとの間に形成される空間を収容空間として有効利用する。
【解決手段】コンソールボックス2の前端部の左右両側部には、上方に向かって立ち上がる立ち上がり壁部43を形成する。この立ち上がり壁部43の前側の端面は、インストルメントパネル3の前面31に接触させる。これにより、コンソールボックス2とインストルメントパネル3との間に形成された空間の一部を収容空間(図示せず)として区画する。この収容空間は、車室側を向く後端部だけを開放する。この開放部の開放部を開閉するために、コンソールボックス2には蓋体(図示せず)を設ける。 (もっと読む)


【課題】側面衝突に対する破断強度のばらつきを無くし、しかも安価に製造することができる芯材を提供する。
【解決手段】長手方向を前後方向に、幅方向を左右方向に、厚さ方向を上下方向にそれぞれ向けて配置される載置部5と、この載置部5の幅方向の一端部から下方に向かって突出する支持部6とを備えた車両用アームレストの芯材4において、載置部5に当該載置部5をその厚さ方向に貫通する複数の長孔5aを形成する。各長孔5aをその長手方向が上記載置部5の長手方向に向くように配置する。 (もっと読む)


【課題】構造が簡単で安価なボルト用緩み止め剤の塗布に供するボルト支持装置を提供すること。
【解決手段】往復駆動機構Cを構成するエアシリンダ16が作動してロッド17が伸張すると、支持装置本体部Bに設けた左右移動体7が複数のボルト10の頭部10Aを支承した状態で右方へ移動する。そして、タイマが所定時間を計時すると、前記エアシリンダ16が作動してロッド17が収縮すると、前記左右移動体7が左方へ移動する。このとき、左右移動体7の左右方向への移動に伴い、各ボルト10の頭部10Aが転がることとなって、各ボルト10は正転方向又は逆転方向に回動する。 (もっと読む)


【課題】表皮材のアームレスト基材への被覆作業を容易にして熟練を要しないものとすること。
【解決手段】表皮材3の幅狭部3Eを、第1折曲片3E2、第2折曲片3E3及び第3折曲片3E4が上方へ向くようにひっくり返して、アームレスト基材2と表皮材3と近づけて、このひっくり返した状態から元に戻すようにして、以後の表皮材3のアームレスト基材2への被覆動作が簡単になるように、位置決め固定片9の両対向片9A、9B間にアームレスト基材2の第1折曲片3E2を挿入させる。そして、位置決め固定片9の両対向片9A、9B間に第1折曲片3E2を挿入嵌合させた後に、この嵌合した場所を起点として、表皮材3に皺が発生しないように、表皮材3を引っ張りながら、アームレスト基材2の各取付用突部7Aを表皮材3の上面3Aと底面3Cの周縁部8の取付孔10にそれぞれ挿入させて、アームレスト基材2に表皮材3を被覆させる。 (もっと読む)


【課題】外観上の見栄えが良好で、簡単に取り付けができて、安価なシートベルト誘導装置の提供。
【解決手段】シートバックフレーム10にベルトガイド支持部7を固定し、鍔部13下面に接着剤を塗布したベルトガイド8の中空部8A内に脚部7B、7B、水平部7Cを挿入し、ベルトガイド8とベルトガイド支持部7とを嵌合する。このベルトガイド8の下降動作により、水平部7Cが係止体8Dの係止部17の傾斜面17Aに当接して案内されながら上昇し、中空部8A内に突出していた係止部17の突出部分が中空部8A外に移動するようにベルトガイド8の係止体8Dは前方へ揺動する。更なる下降動作によって、水平部7Cと傾斜面17Aとの当接が解除されると、係止体8Dは後方へ揺動して前記突出部分が中空部8A内に移動して、鍔部13の下面に水平部7Cが当接し抜け止め部17Bによりベルトガイド支持部7にベルトガイド8が取付けられる。 (もっと読む)


【課題】導電体材料で構成された長尺金属体から成る曲げ加工品の割れの有無を自動的に、かつ簡単に検査できるようにした曲げ加工品の検査装置を提供する。
【解決手段】導電体材料で構成された長尺金属体からなる曲げ加工品1が搬送される検査台2を有し、この検査台2には曲げ加工品1の基準部位1Aを位置決めする位置決め部材4と、曲げ加工品の比較部位の位置ずれを検知する検知部材5、6とが設けられ、この検知部材5、6が曲げ加工品1の比較部位1Bの位置ずれを検知したときに警報を発する制御手段12を備えたことを特徴とし、曲げ加工装置による曲げが強すぎて割れが発生して比較部位1Bの位置が公差から外れたときには検知部材5、6でこれを検出し、制御手段12で警報を発することにより、曲げ加工品1の割れの有無が自動的に、かつ簡単に検査できるようにしている。 (もっと読む)


【課題】車両の床部に容易に取り付けることができ、しかも支持強度の高い車両用シートバックフレームを提供する。
【解決手段】パイプ材を折り曲げることにより、シートバックフレーム2の略四角形をなす枠状部21を構成する。パイプ材の右方へ延びる一端部21aと下方に延びる他端部21bとを前後に重ねて固定する。一端部21aについては、その先端部を他端部21bから右方へ突出させる。一端部21aの前面部には、軸体3の左端部3aを固定する。軸体3の右端部3bを右支持部材4の支持孔に挿脱可能に、かつ回動可能に嵌合する。 (もっと読む)


1 - 10 / 95