みかど化工株式会社により出願された特許

1 - 8 / 8


【目的】界面活性剤の滲み出しを押さえ、長期の無滴性を持続することができ、野菜類の初期成育期間である1ヶ月の無滴を持続させることができ、地温が上がり、野菜類の初期生育が良くなる農業用マルチ資材及びこれを用いた野菜類の初期生育方法を提供すること。
【構成】ポリオレフィン系樹脂フィルムに、界面活性剤をフィルム1m当たり0.4〜1g含有し、且つ、銀、チタン、亜鉛又はアルミニウムからなる金属粉末の少なくとも1種を0.05〜0.5wt%含有することを特徴とする農業用マルチ資材及びこれを用いた野菜類の初期生育方法。 (もっと読む)


【課題】切り取られるべき不要なフィルム片が、フィルム走行中に不意にちぎれることがなく、確実に不要なフィルム片を回収することができる農業用フィルムの穴開け加工方法を提供すること。
【解決手段】走行するフィルム1にレーザービームLBを照射し、所定の穴形状となるように前記レーザービームLBを走査することにより、前記フィルム1の走行方向に沿って連続して穴開け加工を行う農業用フィルムの穴開け加工方法であって、前記レーザービームLBを、前記フィルム1に形成される加工ラインの出発点と終了点とを一致させず、該出発点と終了点との間隔を2mm以下になるように走査した後、前記加工ラインによって形成される不要なフィルム片を引きちぎって除去することを特徴とする農業用フィルムの穴開け加工方法。 (もっと読む)


【課題】夏場の畝面に被覆して野菜を栽培する際に野菜の生育促進と病虫害防止が図れる農業用マルチフィルムを提供すること。
【解決手段】本発明の農業用マルチフィルムは、一方の面が黒色層で他方の面が白色層である多層のポリオレフィン系樹脂からなる農業用マルチフィルムにおいて、前記農業用マルチフィルムの厚さが20〜75μmの範囲であり、白色層の二酸化チタン濃度(wt%)の数値と厚さ(μm)の数値の積が600以上であり、波長800nmの太陽光近赤外域反射率が70%以上であることを特徴とする。また、本発明の農業用マルチフィルムは、夏場の野菜栽培用であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】低コストで排水が可能であり、雑草を防止し、病害の発生を防止できる農業用マルチ資材を提供すること。
【解決手段】圃場1に形成された1又は2以上の畝2の上面、両側面及び該畝2の両側の圃場面を被覆する長尺状の農業用マルチ資材の少なくとも前記圃場面を被覆する領域に、水抜き孔用スリット6を有することを特徴とする農業用マルチ資材であり、前記長尺状の農業用マルチ資材が、圃場1に形成された2つの畝2の上面、両側面及び該畝2の両側の圃場面を被覆可能な広幅であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】肥料効果を持続でき、短期間で大株に生育させることができ、早期の収穫を可能とするアスパラガスの促成栽培用マルチフィルムを提供すること。
【解決手段】圃場に形成された畦10の頂部に被覆される領域に、フィルム1の長さ方向に沿って所定間隔で設けられた複数の定植穴2と、各々の定植穴2の近傍に追肥を行うための追肥用穴3とを同一列上に一条に有し、圃場面から20cm以上50cm以下の高畦に被覆して用いることを特徴とするアスパラガスの促成栽培用マルチフィルム。 (もっと読む)


【課題】特定の密度と厚みで且つ無機添加剤又は着色顔料を含有してなる低密度ポリエチレン系フィルムにレーザービームを照射することにより、マルチ展張時に裂けることがなく、栽培中に引き裂いて作業でき、更に巻きコブを発生させない農業用マルチフィルムを提供すること。
【解決手段】低密度ポリエチレン系フィルムにレーザー照射によるミシン目2加工を施してなる農業用マルチフィルムであって、該低密度ポリエチレン系フィルムが、密度0.910〜0.935g/cm3、厚さ10μm〜30μmで、且つ無機添加剤及び又は着色顔料5を含有してなることを特徴とする農業用マルチフィルム1。 (もっと読む)


【課題】長手方向に裂けない農業用マルチフィルムを提供すること。
【解決手段】長手方向に沿って所定幅の苗定植列状領域を有する長尺状のマルチフィルム1において、該苗定植列状領域10の一部又は全部にミシン目11を有し、且つ該ミシン目11は幅方向に向って延びており、且つ該フィルム1の長手方向に不連続に複数本並設されていることを特徴とする農業用マルチフィルム。 (もっと読む)


【課題】肥料効果を持続でき、短期間で大株に生育させることができ、早期の収穫を可能とし、さらには生育作物の初期成長時に雑草の成長を防ぎマルチ効果を高めるアスパラガスのマルチ促成栽培方法及びアスパラガスの促成栽培用マルチフィルムを提供すること。
【解決手段】圃場に畦を形成し、該畦にアスパラガス栽培用マルチフィルムを被覆し、各定植穴にアスパラガスの株を植え付けて大株を育成するアスパラガスのマルチ促成栽培方法であって、前記アスパラガス栽培用マルチフィルムは、フィルムの長さ方向に沿って一条に所定間隔で設けられた複数の定植穴を有し、該定植穴の近傍に追肥用穴となるミシン目加工部を有し、 前記追肥用穴となるミシン目加工部を追肥開始時にミシン目に沿って開口して追肥用穴を形成することを特徴とするアスパラガスのマルチ促成栽培方法及びアスパラガス栽培用マルチフィルム。 (もっと読む)


1 - 8 / 8