アイシン・エィ・ダブリュ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 3,717


【課題】環状導体の周長を短く抑えつつステータコアの変形を抑制することが可能なステータ製造方法を実現する。
【解決手段】ステータ製造方法は、環状導体のそれぞれの第二コイル辺部を第一治具スロット内に配置するとともに、環状導体のそれぞれの第一コイル辺部を第二治具スロット内に配置するコイル配置工程P10と、第一治具スロットの内の空きスロットと第一コイル辺部が配置された第二治具スロットとの位置が合うように、第一治具と第二治具とを所定角度相対回転させる治具回転工程P4と、複数の環状導体のそれぞれの第一コイル辺部を空きスロット内に挿入する第一挿入工程P5と、ステータコアを配置するステータコア配置工程P7と、複数の環状導体のそれぞれの一対のコイル辺部をコアスロット内に挿入する第二挿入工程P8と、を有する。 (もっと読む)


【課題】フェール時にあっても摩擦係合要素の係合・解放状態が遷移することなく、かつ複数の調圧バルブに対して少数のアシスト圧出力バルブでアシストすることが可能な自動変速機の油圧制御装置を提供する。
【解決手段】油圧制御装置1は、複数のリニアソレノイドバルブ(例えばSL1)と、信号圧を油路に出力し得る信号ソレノイドバルブとを備えており、各リニアソレノイドバルブのバルブ部70のそれぞれは、信号圧を入力した際にスプール72をアシスト作用させるアシスト油室75と、非作動位置にある際に信号圧を遮断し、作動位置にある際に連通して信号圧をアシスト油室75に入力するアシスト圧入力ポート(例えばSL1e)とを有している。信号圧が出力されても摩擦係合要素の係合・解放状態が遷移することなく、また、少数の信号ソレノイドバルブで複数のリニアソレノイドバルブをアシストすることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】前方画像に重畳した案内線が確実に推奨レーンの位置を示すようにする技術の提供。
【解決手段】車両の前方を撮影した前方画像を取得する前方画像取得手段と、前記前方画像からレーンの区画線の像を認識し、当該区画線の像の認識結果に基づいて、前記車両が現在走行している走行レーンからレーン変更すべき推奨レーンの像を前記前方画像内において特定するレーン特定手段と、前記推奨レーンの像内における前記推奨レーン側案内線部分の描画位置を決定し、当該決定した描画位置に前記推奨レーン側案内線部分を生成し、当該推奨レーン側案内線部分と前記車両が現在走行している位置を示す後方側端点とを接続する案内線を生成し、当該生成した前記案内線を重畳した前記前方画像を表示部に表示させる表示制御手段と、を備えるレーン案内表示システム。 (もっと読む)


【課題】リヤカバーやポンプボデーに独立した油路を形成させる必要のない車両用オイルポンプを提供する。
【解決手段】リヤカバー44とポンプボデー58との間に平板状のプレート60が介挿され、ポンプ室62は、プレート60とポンプボデー58との間に形成されている。このため、プレート60とリヤカバー44との間に油路64を形成させられるので、リヤカバー44やポンプボデー58に独立した油路を形成させる必要がなくなる。 (もっと読む)


【課題】自車両の運転をより適正に改善可能とする。
【解決手段】他車両からのクレーム発生を示すクレーム情報を取得し、取得されたクレーム情報が示すクレーム発生時の自車両の状況や、クレーム発生時の自車両と他車両との相対位置関係に基づいて自車両の運転シーンを特定し、特定された運転シーンの発生回数を積算し、積算された運転シーンの発生回数に基づいて、自車両の運転に対してアドバイスする情報である運転アドバイス情報を報知すべき情報として設定する。即ち、他車両からのクレーム発生時の自車両の状況や他車両との相対位置関係により特定される運転シーンの発生回数という統計データに基づいて、報知すべき運転アドバイス情報を設定し、設定した情報を報知する。これにより、自車両の運転をより適正に改善可能とすることができる。 (もっと読む)


【課題】GPS信号を受信できないGPS遮蔽区間を退出した付近に位置する分岐点を簡易な構成で確実に案内することができるナビゲーション装置、ナビゲーション方法及びプログラムを提供する。
【解決手段】受信したGPS信号に基づくGPS測位によって現在位置を取得する現在位置取得手段と、地図情報を取得する地図情報取得手段と、前記地図情報に基づいて、目的地までの経路上に前記GPS信号を受信できないGPS遮蔽区間が存在し、且つ、該GPS遮蔽区間を退出した後、再度、前記GPS測位が可能となるまで走行するGPS再受信走行区間内に分岐点があると判定した場合には、該GPS遮蔽区間に進入する地点よりも前記経路上の手前側に、該分岐点の案内情報を出力する案内情報出力地点を設定する案内出力地点設定手段と、前記現在位置が前記案内情報出力地点に到達した場合に、前記分岐点の案内情報を出力する案内情報出力手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】到着予測時刻の表示をより適正に更新する。
【解決手段】現在地から目的地までの残分推定所要時間TRestを算出し(S170)、出発地から現在地までの実所要時間TAactを取得し(S190)、推定所要時間TTestのうち出発地から現在地までの区間に対応する実分推定所要時間TAestを算出する(S200)。そして、実所要時間TAactと実分推定所要時間TAestとの差分時間ΔTAの残分推定所要時間TRestに対する割合である判定用割合Rtが判定用閾値Rref以上のときには(S240)、残分推定所要時間TRestと現在時刻とに基づいて到着予測時刻ETAの表示を更新し(S260)、判定用割合Rtが判定用閾値Rref未満のときには、到着予測時刻ETAの表示は更新しない。これにより、到着予測時刻ETAを予測してもその予測の精度が低いときに到着予測時刻の表示が更新されるのを抑制することができる。 (もっと読む)


【課題】材料の歩留まりを向上した回転電機のロータコアを提供する。
【解決手段】ピンを嵌挿する固定孔19の周囲に、ピンから作用する応力に基づいて強度的に必要な応力円rを算出し、コアプレート片13の周方向両端部の内径側cを、応力円rにかからないように切除する。コアプレート片13に永久磁石を埋設し、該永久磁石の磁力線を強めるために磁気回路的に必要な半径線Bを算出して、該半径線Bとコアプレート片13の端面fで交差Pする応力円rの接線sにおいて、コアプレート片13の周方向両端部の内径側cを切除する。 (もっと読む)


【課題】直近信号機が進行禁止状態であるにもかかわらず車両が誤って分岐点に進入することを防止した車両制御システム、車両制御装置、車両制御方法及びコンピュータプログラムを提供する。
【解決手段】車両が分岐点で停車している場合において、フロントカメラ19で撮像した撮像画像に基づいて、車両の進行方向前方の直近に設置された直近信号機と、車両の進行方向前方にあって車両に対して直近信号機よりも遠方に設置された奥側信号機の点灯状態をそれぞれ取得し(S3)、直近信号機の点灯状態が進行禁止状態であって、奥側信号機の点灯状態が進行禁止状態から進行許可状態に変化した場合に、奥側信号機の点灯状態が変化してから一定時間が経過するまでの間において、車両の発進を抑制する制御を行う(S8)ように構成する。 (もっと読む)


【課題】地図画像をズームインさせる際の処理負荷を低減する。
【解決手段】ズームイン指示がなされたときに、初期縮尺S0が閾値Sref以下で初期対応位置P0と目標対応位置Psetとのズレの程度である位置ズレ程度ΔPが閾値ΔPref以上のときには(S120,S150)、地図画像を初期縮尺S0から初期縮尺S0より大きな縮尺S1までズームインさせる第1ズームイン処理(S160),地図画像より簡易な簡易画像を割り込ませる割込処理(S170),地図画像を縮尺S1より大きく標準案内縮尺Ssetより小さな縮尺S2から標準案内縮尺Ssetまでズームインさせる第2ズームイン処理(S180)を順に実行する。 (もっと読む)


1 - 10 / 3,717