アズマ工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 33


【課題】グリップにボトルを締め付けによる方法で取り付けられるようにすることにより、該グリップの成形を容易にすると共に、ボトルの取り付けを確実して液漏れが生じないようにする。
【解決手段】片手だけで握るのに適した長さ及び太さを有する棒状の握持部2と、内部に重りを入れた合成樹脂製ボトル20を着脱自在に取り付けるため前記握持部2の軸線方向の両端に形成されたボトル取付部3とを有し、該ボトル取付部3は、前記ボトル20の口部24側の端部を嵌合させるための径が大小に変化する筒状の嵌合部10と、該嵌合部10の外周に軸線方向に進退動自在に嵌着された固定部材4とを有し、該固定部材を進退動させて前記嵌合部10の径を大小に変化させることにより、前記ボトル20の口部24側の端部外周を外側から締め付けて固定したり締め付けを解除して取り外したりするようにする。 (もっと読む)


【課題】就寝中に外れにくくかつ耳や頬等が痛くならない使用性に勝れた就寝用衛生マスクを提供する。
【解決手段】鼻及び口を覆うための覆い部2と、後頭部に回して掛止させるための帯状の掛止帯3とからなり、上記覆い部2と掛止帯3とは、柔軟で通気性のあるシートにより全体として輪状をなすように形成され、上記掛止帯3の右半部3Aと左半部3Bとにそれぞれ耳を露出させるための耳出し孔10が複数形成されている。 (もっと読む)


【課題】配水管のS字形やU字形に折れ曲がったトラップ部分の清掃に適し、しかも、該排水管の詰まりの解消だけでなく、該配水管の内面に付着した汚れも除去することが可能な排水管用清掃具を提供する。
【解決手段】ワイヤが螺旋状に巻かれて形成された弾性変形可能なコイル状のばね線2と、把持用のグリップ3と、捻られた複数本の針金8間に繊維4を挟持させることにより形成されたブラシ5とを備え、上記ばね線2は、ワイヤが密に巻かれた基端側の第1ばね線部2aと、ワイヤが粗に巻かれた先端側の第2ばね線部2bとから成り、上記第1ばね線部2aに上記グリップが連結され、上記第2ばね線部2bの内部に少なくとも一つの上記ブラシ5が繊維4を螺旋の隙間から外方に突出させた状態で配置され、上記繊維4を螺旋に沿って回転させることにより上記ブラシ5が上記第2ばね線部2bに沿って移動可能とした。 (もっと読む)


【課題】ルーバー窓の羽板ガラスを清掃するためのワイパー、特に、羽板ガラスの汚れを確実に除去できるように工夫されたワイパーを提供する。
【解決手段】ワイパーは、柄部6と清掃部7とを有する一対の挟持アーム1,2を、基端の連結部3において連結軸4を中心に回動自在に連結することにより形成され、該連結軸4を中心に両挟持アーム1,2を相互に回動させることにより、両挟持アーム1,2の清掃部材9が互いに向き合う第1の使用状態と、両挟持アーム1,2の基台8の背面同士が相互に当接して上記清掃部材9が何れも外側を向く第2使用状態とに変更可能である。 (もっと読む)


【課題】掌全体で握り易く、カーペット及び床の両方を清掃することが可能で、カーペットから除去した繊維ごみの廃棄も容易なハンディタイプの清掃具を提供する。
【解決手段】片手に握持可能な大きさのグリップ部材4と、清掃用シート3を装着した硬質スポンジ製のシートホルダー5とを、上下に重ね合わせることにより形成され、上記グリップ部材4は、平面視形状が長円形の伏せた容器状をしていて、凸楕円面状をした上面壁4aを有し、上記シートホルダー5は、平面視形状が長円形の盤状をしていて、装着されたシート3を貫通して先端が外部に突き出す多数の繊条8を備えたブラシ状の第1作業面6aと、反対側の第2作業面6bとを有し、該シートホルダー5を上下反転させることによって上記2つの作業面6a,6bを選択的に使用可能である。 (もっと読む)


【課題】スポンジ部材の乾燥を防止した状態でスポンジワイパーを収納することが可能なスポンジワイパー用収納ケースを得る。
【解決手段】柄棒8の先端にハンドル操作で屈伸するヘッドプレート5と水拭き清掃用のスポンジ部材6とを設けたスポンジワイパー1の不使用時に、上記ヘッドプレート5とスポンジ部材6とを気密に収納するための収納ケース2であって、該収納ケース2の凹状をした収納室26を、上記スポンジ部材6とヘッドプレート5とを伸長状態で収納可能な大きさに形成すると共に、収納時に該スポンジ部材6の側面外周が該収納室26の内周に密接することによって該スポンジ部材6の清掃用表面6aが該収納室26の内部に気密に封じ込められるように構成する。 (もっと読む)


【課題】衣類を吊したり取り外したりする作業が容易で乾燥効果にも勝れ、吊した衣類の落下も生じにくいハンガーを提供する。
【解決手段】衣類を吊すためのハンガー本体3と、吊掛用のフック部材4とからなり、上記ハンガー本体3がスポンジ体により形成されていて、弾力的に屈伸自在であると共に、前後方向の幅Wが高さHよりも大きく形成され、かつ中央部に横孔部分5aと縦孔部分5bとからなる十字状の取付孔5を有し、上記フック部材4が、上記取付孔5に嵌合する嵌合部9を有し、この嵌合部9を上記横孔部分5aと縦孔部分5bとに選択的に嵌合させることによってフック部材4の向きが90度変更可能である。 (もっと読む)


【課題】軽量かつ安価で耐久性にも勝れ、かつ廃棄処分も容易であるといったように、木製の柄と合成樹脂製の柄との利点を併せ持つ、新規な素材からなる柄を備えた清掃具を提供する。
【解決手段】ごみ又は汚れを除去するための清掃用ヘッド3,3Aと、この清掃用ヘッド3,3Aに取り付けた柄4,4Aとからなる清掃具において、上記柄4,4Aを、セルロース繊維を含有する植物粉末11を合成樹脂12中に均等に練り込んだ植物−樹脂複合材料によって棒状に形成する。 (もっと読む)


【課題】便器に対する密着性を高めることにより、詰まりの解消に必要な圧力を容易に発生させることができる通水カップを提供する。
【解決手段】使用者が把持するための柄棒2と、該柄棒2の先端に取り付けられたカップ部材4とからなる通水カップ1において、上記カップ部材4は、弾性変形可能な素材により形成されていて、柄棒2側に位置する部分球面状の第1部分4Aと、該第1部分4Aから前方に向かって延出し先端に開口3を有する筒状の第2部分4Bとから構成され、上記第1部分4Aと第2部分4Bとの間の位置に外周方向に張り出すフランジ状の張出縁5が設けられ、該張出縁5の前面5Aと後面5Bのうち少なくとも前面5Aは平坦に形成され、上記第2部分4Bが上記張出縁5より前方に突出して形成されている。 (もっと読む)


【課題】水拭き清掃時には、清掃部材を床面に押し付けやすい角度に傾けることができ、吸水量の調整時には、清掃部材を屈曲による圧搾に適した向きに方向転換することができる、操作性に勝れたワイパーを得る。
【解決手段】柄棒4の先端のヘッド支持枠3に、屈伸自在のヘッドプレート2を、該ヘッドプレート2の長さ方向を向くヘッド傾動軸35を中心にして回動自在なるように取り付けると共に、該ヘッドプレート2にスポンジ製の清掃部材1を取り付け、ハンドル38を清掃のための第1操作位置に変位させると、上記ヘッドプレート2がヘッド傾動軸35を中心に回動して清掃部材1が柄棒4に対して傾斜する傾斜姿勢を占め、ハンドル38を屈曲のための第2操作位置に変位させると、上記ヘッドプレート2がヘッド傾動軸35を中心に逆方向に回動して清掃部材1が柄棒4の軸線方向を向くように方向転換したあと、圧搾のために屈曲されるように構成する。 (もっと読む)


1 - 10 / 33