エム・ディ・リサーチ株式会社により出願された特許

1 - 2 / 2



【目的】 バチルス属細菌内に高発現ベクターを安定に保持させ、かつペプチド又は蛋白質を菌体外に多量に分泌生産させる。
【構成】 高発現ベクターは、ベクタープラスミドpUB110のSphI切断部位からBamHI切断部位までの塩基配列を含む。また、BamHI切断部位またはその近傍には、SphI切断部位からBamHI切断部位への方向、すなわち、従来とは逆方向であるカナマイシン耐性遺伝子の方向に、SD配列を有するペプチド又は蛋白質をコードする遺伝子を連結する。前記高発現ベクターによりバチルス属細菌を形質転換し、形質転換株を培養すると、多量のペプチド又は蛋白質が得られる。 (もっと読む)


1 - 2 / 2