エムケー精工株式会社により出願された特許

1 - 10 / 174


【課題】 本発明の課題は、ドアミラーの形状にかかわらず、側面ブラシによる破損を防止し、洗い残しを少なくする洗車方法及び洗車機を提案することを目的としたものである。
【解決手段】自動車と洗車機本体の相対移動に伴い、側面ブラシ4がドアミラー位置に到達すると、側面ブラシ4をドアミラーが畳まれる方向に回転させてブラッシング洗浄し、この洗浄中にドアミラーへの引っ掛けを検出すると側面ブラシの回転を停止しドアミラーと接触しない位置まで側面ブラシ4を開き、側面ブラシ4がドアミラー位置を過ぎると相対移動を反転して側面ブラシ4を車体に向けて閉じ、側面ブラシ4をドアミラーが畳まれる方向に回転させてブラッシング洗浄するようにした。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、自動車の種類や車体部位に関係なく車体側面の乾燥性能を向上することができる洗車機を提供することを目的とするものである。
【解決手段】 上面乾燥ノズル6を車体上面形状に沿って昇降する昇降装置16と、側面上部乾燥ノズル7を車体側面形状に応じて幅方向に揺動する左右揺動装置32と、上面形状検出装置10及び側面形状検出装置11で検出される上面形状及び側面形状に基づいて昇降装置16及び左右揺動装置32を制御する洗車制御ボード35を備えた洗車機であって、洗車制御ボード35は、自動車の上面形状から複数の車形基準点を検知し、各車形基準点で区切られた車体部位毎に自動車の上面形状及び側面形状による揺動装置の揺動角度を設定して揺動装置32を制御する。 (もっと読む)


【課題】安価な構成で適正な車体両側の側面形状を検出することができる車形センサを備えた洗車機を提供することにある。
【解決手段】門型に形成された本体フレーム1に、自動車の車体面を洗車処理する洗車処理装置と、自動車の上面形状を検出する上面形状検出手段10と、自動車の側面形状を検出する側面形状検出手段11とを備えた洗車機であって、側面形状検出手段11は、本体フレーム1の片側内面に設けた形状検出部11aと、本体フレームの他方内面に設けた車幅検出部11bと、形状検出部11aで検出した車体片側の側面形状と車幅検出部11bで検出した車幅位置に基づいて車体両側の側面形状データを作成する車形制御部35とから構成した。 (もっと読む)


【課題】監視対象領域をカメラ装置により撮像し、撮像した画像データをデータセンターに蓄積することで通信ネットワークを介して遠隔地から閲覧可能にした遠隔地監視システムにおいて、監視の動作に影響を与えることなく省電力を図ることが可能なシステムを提供する。
【解決手段】遠隔地にある監視対象領域に自然エネルギー発電手段11を電源とするローカル監視装置1を設置し、このローカル監視装置1に備える撮像手段13と、撮像手段13により撮像した画像データを外部へ送出する通信手段18とに対する電力供給を間欠的に行い、撮像手段と通信手段とを一定時間毎に所定時間だけ作動させて電力供給が行われている間に監視動作を行う。また、画像データを蓄積するデータセンター4に監視対象領域に関するリアルタイム映像の閲覧要求を受け付ける機能を備え、必要に応じてローカル監視装置を連続動作させて監視対象領域の現在状況を確認可能にする。 (もっと読む)


【課題】複数のダクトホースが装備される上面乾燥装置において、昇降動作によって各ダクトホースが干渉するのを防止する洗車機の乾燥装置を提供する。
【解決手段】自動車上面に送風する第1送風ノズル6と、自動車側面上部に送風する第2送風ノズル7とを備えた上面乾燥体と、送風機で発生した高圧風を各ノズル6・7に分岐する分岐体36と、分岐体36と第1送風ノズル6を接続する第1ダクトホース12と、分岐体36と第2送風ノズル7を接続する第2ダクトホース30とを備え、分岐体36における第1ダクトホース送風口36aと第2ダクトホース送風口36bを対角的に開口して前後上下にずれた状態に設定し、各ダクトホース12・30が導出される本体フレーム1の内面に凹陥部37を形成するとともに、凹陥部37に昇降装置による昇降で第1及び第2ダクトホース12・30の動きを規制する規制体41を備える。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、送風機からの騒音が本体から漏れ出すことを抑制し、静音効果を高める車両用掃除機の低騒音構造を提供することを目的とするものである。
【解決手段】
掃除機本体1に吸気口16及び排気口18を開口し、送風機11を囲繞するブロワカバー12に吸気口14及び排気口15を開口し、本体吸気口16及び本体排気口18とカバー吸気口14及びカバー排気口15とを吸気ホース17及び排気ホース19を介して接続した車両用掃除機において、本体吸気口16及び本体排気口18に、外気と連通する非直線的な通気路21,24を形成する吸気カバー4及び排気カバー5を取り付け、ブロワカバー12・吸気カバー4及び排気カバー5の内側に通気を阻害しない状態で吸音材12,22,25を貼付した。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、中空角材の加工技術に加えて、加工された構造体を溶接以外の方法で固定することで、固定作業を省力化・簡素化して、生産性・経済性の向上を図るとともに、組立強度・剛性の高い堅牢な洗車機のフレーム構造を実現することにある。
【解決手段】 本体フレーム1に散水を伴う洗車処理装置を搭載し、自動車との相対移動に伴い車体の洗浄を図る洗車機において、中空角材40の端部を中空角材41の表面に接合し、この接合状態を締結手段50により固定した接合構造により本体フレーム1を溶接レスで構成したものである。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、側面ブラシがヒッチメンバー等の装備品に引っ掛かって損傷させることがなく、しかも洗い残しをなくした洗車機を提供することにある。
【解決手段】 左右一対のそれぞれ独立して開閉可能な側面ブラシ4L,4Rを備え、側面ブラシ4L,4Rを車体形状に沿って開閉しつつブラッシングして、自動車車体の側面および前後面を洗浄する洗車機において、側面ブラシ4L,4Rにより車体後面をブラッシングする際に、自動車の幅方向の中心位置CPから右もしくは左に所定距離ずらした位置CP’に側面ブラシ4L,4Rを閉じ、そのずらした閉じ位置と同方向に側面ブラシ4L,4Rを閉じたまま移動させた後、洗車機本体1を後進させて側面ブラシ4L,4Rを車体後面から離間するようにしたものである。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、ブラシモータの電流値によりブラシの接離を制御する洗車機に、ブラシを当接部材に接触させる凍結防止措置を採用できるようにした洗車機を提供することを目的とするものである。
【解決手段】 ブラシモータ15,25の電流値によりブラシ5・6の接離を制御する洗車機において、洗車ブラシ5・6が車体以外に接触する可能性がある位置でブラシモータ15,25を回転させたときの電流値から第1電流閾値を設定するとともに、洗浄ブラシが車体以外に接触する可能性がない位置でブラシモータ15,25を回転させたときの電流値から第2電流閾値を設定し、洗車ブラシ5・6の移動位置に応じて車体との接触を判断する基準閾値を切り替えるようにしたものである。 (もっと読む)


【課題】完全密閉式冷却システムのリザーブタンクに接続して、冷却液の回収を行うとき、リザーブタンクのラジエータキャップ位置とタンク底部の最深部とが長手方向にずれて配置されているリザーブタンクに対しても確実に冷却液の回収が行えるホースアタッチメントを提供する。
【解決手段】冷却液処理装置1の回収管路3と密閉式リザーブタンクのアッパーホースとを接続する回収接続管路20と、冷却液処理装置1の供給管路4と密閉式リザーブタンクのインレットとを接続する供給接続管路21と、回収接続管路20と供給接続管路21とを連通する循環管路22とを備え、循環管路22に供給接続管路21から回収接続管路20への流れを止める逆止弁27を設けた。 (もっと読む)


1 - 10 / 174